161件中 61 - 70件表示
  • 京都市立下鴨小学校

    京都市立下鴨小学校から見た下鴨神社賀茂御祖神社

    当時は下鴨神社公文所に置かれていた。京都市立下鴨小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 康和地震

    康和地震から見た賀茂御祖神社賀茂御祖神社

    神田(1968)は、土佐の記録は『広橋本兼仲卿記』の紙背文書に見られ、これは賀茂御祖神社に伝わった文書で土佐から提出されたものと推定した。「土佐国潮江庄康和二年〔ママ〕正月□□四日地震之刻国内作田千余町皆以成海底」の記録は白鳳地震の『日本書紀』による記述「土左国田苑五十余万頃 没為海」と類似し、宝永地震、安政南海地震および昭和南海地震でも見られた南上りの地殻変動による高知平野付近の沈降と考えられた。また康和二年正月X四日に相当する地震の記録が見当たらない事から、これは康和元年(承徳3年)の誤記の可能性が高いとされた。康和地震 フレッシュアイペディアより)

  • 下鴨村

    下鴨村から見た賀茂御祖神社賀茂御祖神社

    下鴨神社(現・下鴨泉川町) - 22社の一つで旧・山城国一宮。下鴨村 フレッシュアイペディアより)

  • 孤立林

    孤立林から見た下鴨神社賀茂御祖神社

    近年、自然再生やビオトープなど、身近な自然環境の保全や再生が注目されており、造園学や生態工学の分野でも、孤立林に関する研究が取り扱われることがある。新たに造成される緑地は孤立林的な特性を持つことが多いため、地域にある保存のよい孤立林が自然再生や自然回復の目標として注目されることが主な理由である。京都市の事例では、下鴨神社が自然再生の目標として設定されており、京都大学を中心とする研究グループの研究では、目標とされた下鴨神社の詳細な研究、市内に点在する小規模孤立林の総合的な研究、造成されたビオトープにおける詳細な研究が平行して進められている。孤立林 フレッシュアイペディアより)

  • 菅大臣神社

    菅大臣神社から見た賀茂御祖神社賀茂御祖神社

    と詠んだ「飛梅の地」と伝えられる。神社は道真公の薨去の後、間もなく創建されたが、度々、兵火にさらされ、鎌倉期には南北両社に分かれ、当社を天神御所、北社を紅梅殿社と呼んでいた。応仁の乱後、慶長19年に菅家ゆかりの曼殊院宮良恕法親王(まんしゅいんのみや りょうじょほうしんのう)により再興され、今日に至っている。この間、天明の大火、元治の兵乱で再度焼失するが、現本殿は、天保6年(1835年)造立の三間社流造という下鴨神社の旧殿を、明治2年に移築し、その後幣殿を建立して、いわゆる八棟造をなしている。菅大臣神社 フレッシュアイペディアより)

  • 角宮神社

    角宮神社から見た賀茂御祖神社賀茂御祖神社

    「乙訓坐火雷神」については『山城国風土記』の賀茂神社縁起で、賀茂建角身命の子の玉依姫命が、火雷神が化身した丹塗矢によって懐妊し、賀茂別雷命が生まれたと記されている。賀茂建角身命と玉依姫命は下鴨神社の、賀茂別雷命は上賀茂神社の祭神である。角宮神社 フレッシュアイペディアより)

  • 注連縄

    注連縄から見た賀茂御祖神社賀茂御祖神社

    ファイル:Shimogamo-Sazareishi-M1641.jpg|注連縄が巻かれたさざれ石:賀茂御祖神社注連縄 フレッシュアイペディアより)

  • 流造

    流造から見た賀茂御祖神社賀茂御祖神社

    賀茂別雷神社(上賀茂神社)、賀茂御祖神社(下鴨神社)に代表される流造は、伊勢神宮に代表される神明造から発展し、屋根が反り、屋根が前に曲線形に長く伸びて向拝(こうはい、庇)となったもの。全国で最も多い神社本殿形式である。流造 フレッシュアイペディアより)

  • 賀茂神社

    賀茂神社から見た賀茂御祖神社賀茂御祖神社

    賀茂神社(かもじんじゃ)とは、京都府京都市にある賀茂別雷神社(上賀茂神社)と賀茂御祖神社(下鴨神社)の2つの神社の総称である。賀茂神社 フレッシュアイペディアより)

  • 加茂神社

    加茂神社から見た賀茂御祖神社賀茂御祖神社

    その大半は京都の賀茂神社と呼ばれる賀茂別雷神社(上賀茂神社)と賀茂御祖神社(下鴨神社)から勧請されたもので、古代氏族・賀茂氏に関係するものもある。加茂神社 フレッシュアイペディアより)

161件中 61 - 70件表示

「下鴨神社」のニューストピックワード