161件中 71 - 80件表示
  • 神人

    神人から見た下賀茂神社賀茂御祖神社

    上賀茂神社・下賀茂神社の御厨に属した神人は供祭人(ぐさいにん)と呼ばれ、近江国や摂津国などの畿内隣国の御厨では漁撈に従事して魚類の貢進を行い、琵琶湖沿岸などにおける独占的な漁業権を有していた。神人 フレッシュアイペディアより)

  • 八月の狂詩曲

    八月の狂詩曲から見た下鴨神社賀茂御祖神社

    蟻の行列を撮影するための待ち時間が余りにも長かったことから、撮影終了後にリチャード・ギアは「もうアリとは共演しない」と言い残して帰国した。ちなみに、この場面は黒澤の書いた当初の脚本では、蟻の行列を見ているのは信次郎だけであった。それをクラークと信次郎の2人にしたのは、脚本を読んだギアの提案を黒澤が取り入れたものである。なお、ギアが出演した群馬ロケでは、クラークが視線を下げて蟻が地面に行列を作る部分までしか撮影できず、蟻がバラの木を上っていく場面は、京都の下鴨神社で演出補佐の本多猪四郎率いるB班でロケ撮影したものである。また、蟻の行列を作るために、京都工芸繊維大学繊維学部教授の山岡亮平が「蟻指導」として参加している。八月の狂詩曲 フレッシュアイペディアより)

  • 水無月祓 (能)

    水無月祓 (能)から見た賀茂御祖神社賀茂御祖神社

    『水無月祓』(みなづきばらい)は、能の演目である。作者は世阿弥とされることが多い。お互いに恋慕しながら別離した男女が、下鴨神社の夏越の祓で再会するというハッピーエンドの作品である。水無月祓 (能) フレッシュアイペディアより)

  • 神饌

    神饌から見た賀茂御祖神社賀茂御祖神社

    賀茂御祖神社 賀茂祭 御蔭神事 - 京都府京都市神饌 フレッシュアイペディアより)

  • 賀茂建角身命

    賀茂建角身命から見た賀茂御祖神社賀茂御祖神社

    山城の賀茂氏(賀茂県主)の始祖であり、賀茂御祖神社(下鴨神社)の祭神として知られる。賀茂建角身命 フレッシュアイペディアより)

  • 木下氏

    木下氏から見た賀茂御祖神社賀茂御祖神社

    下賀茂社祠官膳部に、大江姓の木下氏がいる。木下氏 フレッシュアイペディアより)

  • 高鴨神社

    高鴨神社から見た賀茂御祖神社賀茂御祖神社

    高鴨神社(たかかもじんじゃ)は、奈良県御所市鴨神の金剛山東山麓にある神社。式内社(名神大社)。社格は県社。京都の賀茂神社(上賀茂神社・下鴨神社)を始めとする全国のカモ(鴨・賀茂・加茂)神社の総本社と称する。4月中旬から5月初旬にかけて500種2,200鉢以上の日本サクラソウが咲く。高鴨神社 フレッシュアイペディアより)

  • 犬追物

    犬追物から見た下鴨神社賀茂御祖神社

    文献上では1207年(『明月記』承元元年)に最初に見られる。以後室町時代にかけて武芸の鍛錬として盛んに行われ、諏訪大社や下鴨神社・上賀茂神社などでは神事として開催され見物客で賑わった。下鴨神社のものは「洛中洛外図屏風(歴博甲本)」に、上賀茂神社のものは「賀茂競馬犬追物図屏風」に描かれている。当時は獣類を馬で追い騎射をする競技を総称して「追物射」(おうものい)といい、牛を追う「牛追物」などもあったが、犬を追う「犬追物」だけが残った。日本各地の犬馬場・犬射馬場・乾馬場・弓馬場という地名は、そこで犬追物が行なわれていた名残である。犬追物 フレッシュアイペディアより)

  • 下村

    下村から見た下鴨神社賀茂御祖神社

    かつては京都下鴨神社の荘園として「倉垣荘」などが存在しており、そのゆかりのある下村加茂神社ではやんさんまの愛称で親しまれる流鏑馬をはじめとし四季折々の祭りが行われ、全国からの観光客も多い。下村 フレッシュアイペディアより)

  • 下鴨

    下鴨から見た賀茂御祖神社賀茂御祖神社

    日本の首都が平安京に移る前から賀茂氏一族が住んでいた地域であり、賀茂氏の氏神であった賀茂別雷神社(上賀茂神社)と賀茂御祖神社(下鴨神社)のうち、下鴨神社の周辺を指して下鴨と呼ばれるようになった。中世には下賀茂とも呼ばれていた。上賀茂・下鴨神社の社領であったため近代に入るまで仏教寺院が建てられたことはなく、のどかな農村地帯であった。下鴨 フレッシュアイペディアより)

161件中 71 - 80件表示

「下鴨神社」のニューストピックワード