161件中 81 - 90件表示
  • 神社建築

    神社建築から見た賀茂御祖神社賀茂御祖神社

    流造 - 賀茂別雷神社・賀茂御祖神社(ともに京都府京都市)など神社建築 フレッシュアイペディアより)

  • 竹原

    竹原から見た賀茂御祖神社賀茂御祖神社

    古代、この地の中心は賀茂川中流域の新庄地区であり、飛鳥時代に(古代)山陽道が整備されると駅家「都宇駅」が置かれ、大化の改新の頃に湯坂温泉郷が宿場町として出来上がった。寛治4年(1090年)、中央政府が賀茂社(賀茂御祖神社いわゆる下鴨神社)に寄贈した荘園の中に「安芸国竹原荘40町」があった。これが竹原の名の初見である。これ以降、この地は下鴨神社の荘園として発達、「賀茂」の名はこの頃から定着した。竹原 フレッシュアイペディアより)

  • 宝永の大火

    宝永の大火から見た下鴨神社賀茂御祖神社

    午の下刻に油小路通三条上ルの銭屋市兵衛宅より出火、南西の風に煽られて被害が拡大し、禁裏御所・仙洞御所・女院御所・東宮御所が悉く炎上、九条家・鷹司家をはじめとする公家の邸宅、寺院・町屋など、西は油小路通・北は今出川通・東は河原町通・南は錦小路通に囲まれた上京を中心とした417ヶ町、10351軒、佛光寺や下鴨神社などの諸寺社などを焼いた。宝永の大火 フレッシュアイペディアより)

  • 四畳半王国見聞録

    四畳半王国見聞録から見た下鴨神社賀茂御祖神社

    下鴨神社の東に位置する、築年数も定かではないほどの古アパート。『四畳半神話大系』にも登場する。四畳半王国見聞録 フレッシュアイペディアより)

  • おしろツアーズ

    おしろツアーズから見た下鴨神社賀茂御祖神社

    第4弾は2017年12月3日に『正しくお参り!バッチリ開運!やしろツアーズ4』として放送される。この回では春日大社、上賀茂神社、下鴨神社、明治神宮を巡る予定。おしろツアーズ フレッシュアイペディアより)

  • 寺社連続油被害事件

    寺社連続油被害事件から見た下鴨神社賀茂御祖神社

    京都市の下鴨神社で、重要文化財の舞殿などの26か所に液体がかけられ、染みになっているのが発見された。寺社連続油被害事件 フレッシュアイペディアより)

  • 京都市営バス西賀茂営業所

    京都市営バス西賀茂営業所から見た下鴨神社賀茂御祖神社

    沿線には、下鴨神社や上賀茂神社などの観光施設、及び京都府立文化芸術会館や京都コンサートホールなどの文化施設が所在するが、どちらかというと地元客の利用が主体である。また、京都府立医科大学、京都工芸繊維大学、ノートルダム女子大学などの大学も存在するが、後者2つの大学の学生は地下鉄烏丸線の利用がほとんどなので、本系統の利用はごくわずかである。京都市営バス西賀茂営業所 フレッシュアイペディアより)

  • 貫名菘翁

    貫名菘翁から見た下賀茂神社賀茂御祖神社

    菘翁は晩年になるにつれて書家としての名声が高まったが、「自分は儒家を以って自ら居るので書や画を以って称せられることは好まない」(江湖会心録)と述べており、事実、儒者として生計を立てていた。馮李華、陸浩が編纂した『左繍』、清の趙翼『二十二史箚記』などを翻刻している。晩年は聖護院付近に移り住み、名産の野菜・菘(スズナ、蕪の古名)に因んで菘翁と号した。最晩年になって下賀茂に隠居した。下賀茂神社に自らの蔵書を奉納したときの目録である「蓼倉文庫蔵書目録」には経学・史学を中心に3,386部(11,252巻)が記され、菘翁が学問を重視していた姿勢が窺われる。貫名菘翁 フレッシュアイペディアより)

  • 幕末期の文化

    幕末期の文化から見た賀茂御祖神社賀茂御祖神社

    寺社建築では、国学思想の高まりを反映して由緒ある神社の保存修復の意識が高まり、宇佐神宮本殿(大分県宇佐市、国宝)、春日大社本殿(奈良県奈良市、国宝)、賀茂別雷神社本殿・権殿(京都市北区 (京都市)北区、国宝)、賀茂御祖神社の東本殿・西本殿(京都市左京区、国宝)、笠間稲荷神社本殿(茨城県笠間市、重要文化財)などが建造された。また、文久2年(1862年)パリ外国宣教会の日本教区長ジラール神父の命により、横浜にいたフランス人司祭フューレが長崎に赴任して司祭館と教会堂の建築準備に着手し、元治元年(1864年)に完成した。これが、現存する日本最古のキリスト教建築、大浦天主堂(長崎県長崎市、国宝)である。幕末期の文化 フレッシュアイペディアより)

  • 佐竹本三十六歌仙絵巻

    佐竹本三十六歌仙絵巻から見た賀茂御祖神社賀茂御祖神社

    藤原公任(966 ? 1041)は11世紀初め頃に私撰集「三十六人撰」を撰した。これは、『万葉集』の時代から、平安時代中期までの歌人36名の秀歌を集めて歌合形式としたもので、これら36名を後に「三十六歌仙」と称するようになった。本絵巻はこの三十六歌仙の肖像画にその代表歌と略歴を添え、巻物形式としたものである。上巻・下巻ともに18名の歌人を収録する。下巻巻頭には和歌の神とされる住吉明神(住吉大社)の景観が描かれた図があり、上巻巻頭にも、現在は失われているが、玉津姫明神または下鴨神社の景観図があったものと推定されている。佐竹本三十六歌仙絵巻 フレッシュアイペディアより)

161件中 81 - 90件表示

「下鴨神社」のニューストピックワード