1 2 3 4 5 6 7 次へ
63件中 61 - 63件表示
  • 賀茂御祖神社

    賀茂御祖神社から見た幣帛

    上賀茂神社とともに奈良時代以前から朝廷の崇敬を受けた。平安遷都の後はより一層の崇敬を受けるようになり、大同2年(807年)には最高位の正一位の神階を受け、賀茂祭は勅祭とされた。『延喜式神名帳』では「山城国愛宕郡 賀茂御祖神社二座」として名神大社に列し、名神・月次・相嘗・新嘗の各祭の幣帛に預ると記載される。弘仁元年(810年)以降約400年にわたり、斎院が置かれ、皇女が斎王として賀茂社に奉仕した。賀茂御祖神社 フレッシュアイペディアより)

  • 賀茂御祖神社

    賀茂御祖神社から見た式年遷宮

    平安時代中期以降、21年毎に御神体を除く全ての建物を新しくする式年遷宮を行っていたが、本殿2棟が国宝に指定されたため、現在は一部を修復するのみである。賀茂御祖神社 フレッシュアイペディアより)

  • 賀茂御祖神社

    賀茂御祖神社から見た八咫烏

    本殿には、右に賀茂別雷命(上賀茂神社祭神)の母の玉依姫命、左に玉依姫命の父の賀茂建角身命を祀るため「賀茂御祖神社」と呼ばれる。金鵄および八咫烏は賀茂建角身命の化身である。賀茂御祖神社 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 次へ
63件中 61 - 63件表示

「下鴨神社」のニューストピックワード