355件中 41 - 50件表示
  • 妻みぐい

    妻みぐいから見た不倫不倫

    本作は『妻みぐい』の続編で、「妻シリーズ」と呼ばれるシリーズの第2弾に当たる。ジャンルは「新感寝取り系人妻アドベンチャー」と呼称が変わり、ヒロインは共に良き夫がいる人妻で彼女らと不倫関係になることが目的の前作よりもインモラルな内容となった。前作の好評を受け、女性キャラクターの台詞の一部には声優による音声が付いている。妻みぐい フレッシュアイペディアより)

  • ザクセン戦争 (ハインリヒ4世)

    ザクセン戦争 (ハインリヒ4世)から見た不倫不倫

    しかし、ザクセンの降伏は終わりではなく、始まりであった。両者の戦いのあいだ、ザクセン貴族と南ドイツ諸侯は連絡をとりあっており、さらに南ドイツ諸侯とローマ教皇庁は気脈を通じていた。ザクセン降伏の同年、ローマ教皇グレゴリウス7世はローマの司教会議で皇帝顧問を務める5人の司教を聖職売買の罪状によって破門に伏し、翌1076年1月8日、ハインリヒ4世にむけて今後は教皇に従うよう書簡を送った。同1月24日、ハインリヒ4世はヴォルムスで国会・宗教会議を開き、トスカーナ女伯マティルデとの不倫の醜聞をもとにグレゴリウス7世の廃位を決議させる。それに対し、教皇は2月22日ハインリヒ4世を破門に処した。こうして1076年の叙任権闘争は、その年のハインリヒ4世当人に世の耳目を集めさせることとなった。ザクセン戦争 (ハインリヒ4世) フレッシュアイペディアより)

  • モニカ・ルインスキー

    モニカ・ルインスキーから見た不倫不倫

    モニカ・ルインスキー(Monica Lewinsky、本名:Monica Samille Lewinsky、1973年7月23日 - )は、アメリカ合衆国の実業家、女優。ホワイトハウス実習生時代のビル・クリントン元大統領との不倫スキャンダルで世界中のマスコミの注目を浴びた。モニカ・ルインスキー フレッシュアイペディアより)

  • 海辺の叙景

    海辺の叙景から見た不倫不倫

    当時、実生活では、つげは女性との付き合いはなく、ストーリーは完全な創作である。しかし、それ以前の1960年に知り合い同棲していた女性が不倫をし、その後離別をした経験から恋愛に関しては屈折した思いを抱いていた。昭和40年頃には母と千葉へ行き、親戚の家に宿泊しところてんを食べているが、その際の印象が下地になっている。また1966年4月には友人の立石慎太郎と房総方面への旅行も行っているほか、立石とは何度か房総方面へ旅行をしている。当時のつげは、旅をさかんに繰り返し強い印象を抱き、その後多くの「旅もの」に結実させたが、この作品はその萌芽を予感させる作品のひとつ。海辺の叙景 フレッシュアイペディアより)

  • 岡本一平

    岡本一平から見た不倫不倫

    私生活では前述・大貫(岡本かの子)と初婚、長男の太郎ら3人(次男・長女は夭折)の子をもうけたが、かの子が不倫を繰り返し、果ては不倫相手の医師を家族と同居させる”奇妙な夫婦生活”を送り、歌人・仏教研究家から小説家に転じたかの子を支え、画家を志望していた太郎を応援。1939年(昭和14年)2月のかの子急病死まで変わらぬ夫婦生活をまっとうした。岡本一平 フレッシュアイペディアより)

  • 用稲 千春

    用稲千春から見た不倫不倫

    2005年(平成17年)12月18日、当時プロ野球読売ジャイアンツに所属していた野球選手・二岡智宏選手と結婚した。2007年(平成19年)6月10日には男児を出産したが、翌年7月には夫・二岡と女性タレント・山本モナとの不倫交際が報じられた。用稲千春 フレッシュアイペディアより)

  • 田原節子

    田原節子から見た不倫不倫

    1989年、田原総一朗とダブル不倫の末に田原の妻がガンで死去したあとの1989年に結婚。不倫当時はお互いの家庭を壊さないように関係を続けた。田原事務所代表を務める。1998年10月に炎症性乳がんを発症。余命6ヵ月の宣告を受ける。再発転移を繰り返し、抗がん剤治療を行いながら6年近く生存。その間、乳がんを中心に医療、女性問題などに関する執筆講演活動を活発に行う。この間のことは田原総一朗との共著『私たちの愛』に詳しい。田原節子 フレッシュアイペディアより)

  • 股人タクシー

    股人タクシーから見た不倫不倫

    一流商社に勤めるOL。昼はOLとして働く傍ら、夜はキャバクラでホステスをしている。妻子のいる上司と不倫関係にある。室井仁美の姉。股人タクシー フレッシュアイペディアより)

  • 引き回し

    引き回しから見た不倫不倫

    例えば不倫中のマゾヒストの人妻が、家族の留守中、自宅でサディストの恋人と本プレイを実践する場合など、丸裸を緊縛された不自由な姿で居間、台所、夫の書斎、子供部屋などといった通常は性行為とまったく無縁の場に順々に引き回される例がある。この場合は、日常空間との対照を意識した非日常的な緊張感、また被虐者の家族たちへの罪悪感や家庭への冒涜の念などが、責め手と被虐者双方にとっての背徳的な性的興奮へと転化されていく。また上記のような条件の中で、被虐側が、きわめてプライベートな場である夫婦の寝室や、トイレ、バスルームなどへ連れ込まれる場合には、さらに違った種類の背徳感が生じる。引き回し フレッシュアイペディアより)

  • コンスタンティン・クザコフ

    コンスタンティン・クザコフから見た不倫不倫

    コンスタンティン・ステパノヴィチ・クザコフ(ロシア語:, ラテン文字表記の例:'' 1911年 - 1996年)は、ソビエト連邦の政治家ヨシフ・スターリンの2番目の非嫡出子(隠し子)。母親は、1911年にソリヴィチェゴドスクに流刑の身となったスターリンの女主人マリア・クザーコヴァで、スターリンとは不倫関係にあった。スターリンが流刑から解放されたとき、マリアはまだ妊娠中の身であった。コンスタンティンは父の密かな援助でレニングラード大学(現在のサンクトペテルブルク大学)に入学したと見られる。コンスタンティン・クザコフ フレッシュアイペディアより)

355件中 41 - 50件表示

「不倫・浮気」のニューストピックワード