355件中 81 - 90件表示
  • 乙女のホゾシタ

    乙女のホゾシタから見た不倫不倫

    校庭でサッカー練習中にボールが熊太郎のもとに転がり、それを熊太郎が蹴り返そうとした所、失敗して熊太郎の履いていたサンダルが菊地の股間に直撃し、心配した熊太郎が真央達女生徒の面前でサッカーパンツを降ろして陰部を診察しかけ、恥をかかされたと母親に告げ口。モンスターペアレントの母親は教頭に性教育の公開授業を提案(結果によっては熊太郎を解雇)する。すると隙を見て性教育用のDVDをアダルトDVDにすり替え、当日それがそのまま生徒や他の母親に流されるが、熊太郎は怯まずそれを逆手に取って授業を続ける。我が息子の仕業だと分かった母親は菊地に対し激昂するが、その場に倒れる。原因は夫(菊地の父)が不倫でどこかから貰ってきたB型急性肝炎で、このことにより家庭不和を招いて夏休み恒例のハワイ旅行が流れ、熊太郎に深い怨念を抱く。そこで熊太郎に懐いている真央を偽メールで体育館裏倉庫におびき出し、次いで熊太郎も呼び、倉庫内に2人を閉じ込めて男女の関係になった現場を押さえて彼を追い出す、という企みを思いつくが、その結果真央が熱中症に陥り、危険な状態で搬送される事態になった(真央と熊太郎が脱出出来たのは、菊地の母親が提供した火災報知器を作動させたから)。熊太郎に殴りかかられるが、「人の気持ちを分からない奴が医者なんかやってていいのか?」と熊太郎を逆に罵倒し、熊太郎が校医を辞任する遠因となる。乙女のホゾシタ フレッシュアイペディアより)

  • 榎美沙子

    榎美沙子から見た不倫不倫

    徳島県出身。京都大学薬学部卒業。在学中に薬学部の同級生と学生結婚。1967年、日本テレビアナウンサー村上節子(のち田原総一朗夫人)・朝日新聞記者松井やよりらマスコミ関係者によるウーマン・リブ団体「ウルフの会」の結成に参加し活動。1972年6月14日、中絶禁止法に反対しピル解禁を要求する女性解放連合(略称中ピ連)を結成し代表となる。高田馬場に本部事務所を構え、ピンク色のヘルメットをかぶっての街頭宣伝・デモ活動を行う。不倫している男性のもとに集団で押しかけて吊るし上げる戦闘的な運動スタイルや、マスコミへの積極的な露出で注目を集める。榎美沙子 フレッシュアイペディアより)

  • 齋藤宏

    齋藤宏から見た不倫不倫

    2008年7月発売のフライデー(講談社)にて、齋藤がテレビ東京所属の経済担当の女性記者と東京・麻布の寿司屋で食事をした後、近くの路上で熱いキスを交わしたと報じられた。7月22日、全国銀行協会会長・杉山清次(みずほ銀行頭取)は定例記者会見で齋藤と女性記者が不倫関係にあったと齋藤より説明を受けたとし、この件について「誠に遺憾である」とコメントした。また、同日の閣議終了後の記者会見で金融担当大臣・渡辺喜美も、「取材対象になっているわけだから、メディアとの付き合いは間合いの取り方が重要だ」と語った。齋藤宏 フレッシュアイペディアより)

  • ひとりぼっちの君に

    ひとりぼっちの君にから見た不倫不倫

    里美の通う写真の専門学校の講師で、里美の不倫相手。里美を自分のアシスタントに誘うが、里美と別れたあと、すぐに他の女性をアシスタントに雇っている。ひとりぼっちの君に フレッシュアイペディアより)

  • 貰い子殺人

    貰い子殺人から見た不倫不倫

    第二次世界大戦前の日本では、刑法で堕胎は違法とされ、人工中絶も合法化されていなかった。そのため、不倫の子や父親不明の私生児が少なくなかった。特に、不倫の子の誕生は母親にとってはそれだけで離婚理由になるばかりでなく姦通罪で収監される危険があった。また、社会自体が貧しかったため、既に多くの子供のいる家庭では養うことはできない場合も多かった。貰い子殺人 フレッシュアイペディアより)

  • きらきら研修医

    きらきら研修医から見た不倫不倫

    小都羽総合病院小児科医師。うさこの最初の指導医。うさこを「小っちゃい顔しやがって」の意味で「CK(Chicchai Kaoshiyagatte)」と呼ぶ。元警察官の妻がいるが、ひょんなことからうさことの不倫の疑いをかけられてしまう。本人は「俺はこう見えても妻一筋だ」と言う。きらきら研修医 フレッシュアイペディアより)

  • サンフランシスコ禅センター

    サンフランシスコ禅センターから見た不倫不倫

    1983年5月、ベーカーはセンター幹部の妻との不倫を告発された。彼は否定したが、数人の会員の女性とも恋愛関係にあったと告発され、これらの意外な新事実により、彼は1984年に住職を辞任した。サンフランシスコ禅センター フレッシュアイペディアより)

  • Mother Ninja

    Mother Ninjaから見た不倫不倫

    人が人生の節目節目で遭遇する出会いや別れ、家族など大きく"愛"が詞のテーマになっているが、"おめでた婚"や"合コン"、"秘密の関係"など独特の切り口が特徴。Mother Ninja フレッシュアイペディアより)

  • きっといつかは幸福寺

    きっといつかは幸福寺から見た不倫不倫

    春野家の家長で幸福寺の当代住職。女癖が悪く、それが長男である英道の後継ぎ拒否・勘当されて家を出るという要因となった。英道が家を出た後も相変わらず女好きであり、不倫もよくするが、困っている人の為に住職として尽くす心は本物で、英道と同じく檀家や他の寺の住職からの評価は良い。実質的に興福寺を切り盛りしている実母だけには頭が上がらないが、英道の復縁の際には初めて歯向かい、父親・住職としての威厳を見せつけた。英道とは違い、競馬などのギャンブルは一切しない。また、小心者の気があり、坊主としての服装などに拘る所がある。成金寺の住職である光玉とは兄弟弟子の関係であり、光玉は兄弟子に当たる。嘗ては特に可愛がって貰っていたが、餡麺麭の一件で袂を分かち、現在まで犬猿の仲である。鷺の宮警察署に荒木という幼馴染の刑事が居り、そのおかげで英道を釈放させることが出来た。年齢は不詳だが、荒木が現役の警察官であることから、同い年であるとすれば60歳前だと思われる。きっといつかは幸福寺 フレッシュアイペディアより)

  • パープル・レイン (漫画)

    パープル・レイン (漫画)から見た不倫不倫

    ある雨の日、手芸教室の帰りに喫茶店で煙草(夫や息子、不倫相手の前では吸わない)を吸いながら物思いにふける香織をやたらと見る男に恐怖感を覚え、家路へ急ぐ中とある店から店員に「人の女の手を出しやがって…」と罵られ殴られていた青年に出会い、その青年にかつて別れた彼氏の面影を思い出し、不倫の関係を持ってしまい逢瀬を重ねてしまうことになる。パープル・レイン (漫画) フレッシュアイペディアより)

355件中 81 - 90件表示

「不倫・浮気」のニューストピックワード