73件中 51 - 60件表示
  • 不倫

    不倫から見た慰謝料

    不倫は民法第770条の離婚事由に相当し、家庭崩壊の場合は配偶者に訴訟を起こされることがあり、慰謝料などの民事責任に問われることになる。実子がいる場合は、年齢に関係なく心を激しく傷付けトラウマを植えつけてしまいかねない。子供が心身を激しく傷つけられた場合には不倫をした本人の配偶者からだけでなく、子からも訴訟を起こされることがある。不倫 フレッシュアイペディアより)

  • 不倫

    不倫から見た報道の自由

    政治家、芸能人、著名人やスポーツ選手などの不倫は、これを種に、また報道の自由を大義名分に発行部数や視聴率を伸ばそうとするマスコミ(主にキー局のワイドショーやスポーツ新聞、写真週刊誌など)からは絶好の取材・報道対象とされ、カメラや取材陣が該当人物を連日連夜追いかけ回すことになる(セックス・スキャンダル)。不倫 フレッシュアイペディアより)

  • 不倫

    不倫から見たトラウマ

    不倫は民法第770条の離婚事由に相当し、家庭崩壊の場合は配偶者に訴訟を起こされることがあり、慰謝料などの民事責任に問われることになる。実子がいる場合は、年齢に関係なく心を激しく傷付けトラウマを植えつけてしまいかねない。子供が心身を激しく傷つけられた場合には不倫をした本人の配偶者からだけでなく、子からも訴訟を起こされることがある。不倫 フレッシュアイペディアより)

  • 不倫

    不倫から見た昔の男

    昔の男』(テレビドラマ)不倫 フレッシュアイペディアより)

  • 不倫

    不倫から見た訴訟

    不倫は民法第770条の離婚事由に相当し、家庭崩壊の場合は配偶者に訴訟を起こされることがあり、慰謝料などの民事責任に問われることになる。実子がいる場合は、年齢に関係なく心を激しく傷付けトラウマを植えつけてしまいかねない。子供が心身を激しく傷つけられた場合には不倫をした本人の配偶者からだけでなく、子からも訴訟を起こされることがある。不倫 フレッシュアイペディアより)

  • 不倫

    不倫から見たクロイツェル・ソナタ (小説)

    クロイツェル・ソナタ』(レフ・トルストイ)不倫 フレッシュアイペディアより)

  • 不倫

    不倫から見た友人

    単に夫や妻のいる男性や女性が男性・女性(既婚・未婚は不問)とデートするなどの浮気で、相手方の合意があれば犯罪行為とされないため、刑事罰に問うことはできないが、道義的に問題のある行為であり、その代償は非常に大きい。つまり、現在の社会としては、不倫に刑事罰を与えるほどの問題ではないと判断している。しかし犯罪でないとはいえ、家庭や友人関係を一気に崩壊させる危険をはらみ、経済的・精神的に深刻な打撃を受け、社会的信用はもとより、自身の社会的な基盤すらをも失う可能性がある(旧刑法だと姦通罪で罰せられることもあった)。不倫 フレッシュアイペディアより)

  • 不倫

    不倫から見た今週、妻が浮気します

    今週、妻が浮気します』(テレビドラマ)不倫 フレッシュアイペディアより)

  • 不倫

    不倫から見た流行語

    ビル・クリントン元大統領(アメリカ) - 「ルインスキーさんと不適切な関係を持った」 ( I did have a relationship with Ms. Lewinsky that was not appropriate. ) 。1998年に起こったモニカ・ルインスキー事件で、共和党から弾劾訴追を受けて、そう告白せざるを得ない状況に追い込まれた。この「不適切な関係」は同年の流行語となった。不倫 フレッシュアイペディアより)

  • 不倫

    不倫から見た精神

    単に夫や妻のいる男性や女性が男性・女性(既婚・未婚は不問)とデートするなどの浮気で、相手方の合意があれば犯罪行為とされないため、刑事罰に問うことはできないが、道義的に問題のある行為であり、その代償は非常に大きい。つまり、現在の社会としては、不倫に刑事罰を与えるほどの問題ではないと判断している。しかし犯罪でないとはいえ、家庭や友人関係を一気に崩壊させる危険をはらみ、経済的・精神的に深刻な打撃を受け、社会的信用はもとより、自身の社会的な基盤すらをも失う可能性がある(旧刑法だと姦通罪で罰せられることもあった)。不倫 フレッシュアイペディアより)

73件中 51 - 60件表示

「不倫・浮気」のニューストピックワード