155件中 61 - 70件表示
  • 不動産会社

    不動産会社から見た栄泉不動産

    平和不動産・野村不動産・オリックス不動産・ヒューリック(旧日本橋興業、みずほ銀行・みずほコーポレート銀行、旧富士銀系、芙蓉総合開発と合併)・興和不動産(みずほコーポレート銀行、旧興銀系)・日本土地建物(みずほ銀行、旧第一勧銀(勧銀)系)・中央不動産(みずほ銀行、旧第一勧銀(第一銀)系)・日新建物(みずほ銀行、旧第一勧銀(勧銀)系)・清和綜合建物(みずほ銀行、旧第一勧銀(第一銀)系)・銀泉(三井住友銀行、旧住銀系)・京阪神不動産(三井住友銀行、旧住銀・住友系)・京阪神興業(三井住友銀行、旧神戸銀系)・神戸土地建物(三井住友銀行、旧神戸銀系)・陽栄(三井住友銀行、旧太陽銀系)・室町殖産(三井住友銀行、旧三井銀・三井系)・ホウライ(三井住友銀行、旧三井銀(十五銀)系)・栄泉不動産(ゴールドマンサックスグループ・住友生命、元住友系)・丸の内よろず(三菱東京UFJ銀行、旧三菱銀・三菱系)・千歳興産(三菱東京UFJ銀行、旧三菱銀系)・綜通(三菱東京UFJ銀行、旧東銀系)・新東昭不動産(三菱東京UFJ銀行、旧東海銀系)・東洋不動産(三菱東京UFJ銀行、旧三和銀系)・オークラヤ住宅(三菱東京UFJ銀行、旧三和銀系)・安田不動産(損保ジャパン・明治安田生命ほか旧安田財閥系各社)・新星和不動産(大林組・日本生命・みずほコーポレート銀行ほか、設立母体が旧日本生命系(旧星和住宅・星和地所・新星開発))・第一ビルディング(第一生命保険)・相互住宅(第一生命保険)・大星ビル管理(日本生命・大林組・旧UFJグループ(旧三和グループ))・星光ビル管理(日本生命・大林組・旧UFJグループ(旧三和グループ)・大栄不動産(埼玉りそな銀行、旧埼玉銀行系))不動産会社 フレッシュアイペディアより)

  • 不動産会社

    不動産会社から見た総務省

    ※資料 : 総務省「事業所・企業統計調査報告」(平成18年)より。国・地方公共団体を除く。不動産会社 フレッシュアイペディアより)

  • 不動産会社

    不動産会社から見た破産

    レイコフ(大証ヘラクレス、破産) 2008年3月不動産会社 フレッシュアイペディアより)

  • 不動産会社

    不動産会社から見た住宅ローン

    2002年からの好景気(いざなみ景気)の長期化により、大都市圏のオフィスビルの空室率や失業者率が低下し、個人では団塊の世代の大量退職・住宅ローンの貸出金利が低く推移したこと、不動産(オフィス・商業施設・住宅・リゾート)に対する需要が増加した事に加え、J-REIT(証券化)や特定目的会社という新たな資金調達手段が登場したことにより不動産投資マネーが飛び交うようになり、大型物件の開発や既存不動産の売買が相次ぐなど不動産関連企業の収益や新規参入が増加するといった活況を呈し、「不動産バブル」と言える状態となっていった。不動産会社 フレッシュアイペディアより)

  • 不動産会社

    不動産会社から見たサブプライム問題

    しかし、2007年8月にサブプライム問題が発生。2008年9月の世界金融危機が追い打ちをかけ、金融機関や投資家がデベロッパー向け投融資を急激に縮小させたことから上場会社・地域の有力会社を問わず倒産する企業が相次ぎ、不動産会社に連鎖して中小ゼネコンの倒産も発生している。2010年に入っても不動産不況は終わりを見せず、上場企業や地域の有力デベロッパーの経営破綻が相次いだ。不動産会社 フレッシュアイペディアより)

  • 不動産会社

    不動産会社から見たJ-REIT

    2002年からの好景気(いざなみ景気)の長期化により、大都市圏のオフィスビルの空室率や失業者率が低下し、個人では団塊の世代の大量退職・住宅ローンの貸出金利が低く推移したこと、不動産(オフィス・商業施設・住宅・リゾート)に対する需要が増加した事に加え、J-REIT(証券化)や特定目的会社という新たな資金調達手段が登場したことにより不動産投資マネーが飛び交うようになり、大型物件の開発や既存不動産の売買が相次ぐなど不動産関連企業の収益や新規参入が増加するといった活況を呈し、「不動産バブル」と言える状態となっていった。不動産会社 フレッシュアイペディアより)

  • 不動産会社

    不動産会社から見た倒産

    しかし、2007年8月にサブプライム問題が発生。2008年9月の世界金融危機が追い打ちをかけ、金融機関や投資家がデベロッパー向け投融資を急激に縮小させたことから上場会社・地域の有力会社を問わず倒産する企業が相次ぎ、不動産会社に連鎖して中小ゼネコンの倒産も発生している。2010年に入っても不動産不況は終わりを見せず、上場企業や地域の有力デベロッパーの経営破綻が相次いだ。不動産会社 フレッシュアイペディアより)

  • 不動産会社

    不動産会社から見た財務省 (日本)

    ※資料 : 財務省「法人企業統計調査」(平成19年)より不動産会社 フレッシュアイペディアより)

  • 不動産会社

    不動産会社から見た東京銀行

    平和不動産・野村不動産・オリックス不動産・ヒューリック(旧日本橋興業、みずほ銀行・みずほコーポレート銀行、旧富士銀系、芙蓉総合開発と合併)・興和不動産(みずほコーポレート銀行、旧興銀系)・日本土地建物(みずほ銀行、旧第一勧銀(勧銀)系)・中央不動産(みずほ銀行、旧第一勧銀(第一銀)系)・日新建物(みずほ銀行、旧第一勧銀(勧銀)系)・清和綜合建物(みずほ銀行、旧第一勧銀(第一銀)系)・銀泉(三井住友銀行、旧住銀系)・京阪神不動産(三井住友銀行、旧住銀・住友系)・京阪神興業(三井住友銀行、旧神戸銀系)・神戸土地建物(三井住友銀行、旧神戸銀系)・陽栄(三井住友銀行、旧太陽銀系)・室町殖産(三井住友銀行、旧三井銀・三井系)・ホウライ(三井住友銀行、旧三井銀(十五銀)系)・栄泉不動産(ゴールドマンサックスグループ・住友生命、元住友系)・丸の内よろず(三菱東京UFJ銀行、旧三菱銀・三菱系)・千歳興産(三菱東京UFJ銀行、旧三菱銀系)・綜通(三菱東京UFJ銀行、旧東銀系)・新東昭不動産(三菱東京UFJ銀行、旧東海銀系)・東洋不動産(三菱東京UFJ銀行、旧三和銀系)・オークラヤ住宅(三菱東京UFJ銀行、旧三和銀系)・安田不動産(損保ジャパン・明治安田生命ほか旧安田財閥系各社)・新星和不動産(大林組・日本生命・みずほコーポレート銀行ほか、設立母体が旧日本生命系(旧星和住宅・星和地所・新星開発))・第一ビルディング(第一生命保険)・相互住宅(第一生命保険)・大星ビル管理(日本生命・大林組・旧UFJグループ(旧三和グループ))・星光ビル管理(日本生命・大林組・旧UFJグループ(旧三和グループ)・大栄不動産(埼玉りそな銀行、旧埼玉銀行系))不動産会社 フレッシュアイペディアより)

  • 不動産会社

    不動産会社から見たトヨタホーム

    東和不動産/トヨタホーム(トヨタグループ)・新日鉄都市開発(新日本製鐵)・神鋼不動産(旧神鋼興産不動産部門+神戸製鋼不動産部門、神戸製鋼)・旭化成ホームズ(旭化成)・住金興産(住友金属)不動産会社 フレッシュアイペディアより)

155件中 61 - 70件表示

「不動産業」のニューストピックワード