不正アクセス ニュース&Wiki etc.

不正アクセス行為の禁止等に関する法律(ふせいアクセスこういのきんしとうにかんするほうりつ、平成11年8月13日法律128号)は、インターネット等のコンピュータネットワーク等での通信において、不正アクセス行為とその助長行為を規制する日本の法律。略称は不正アクセス禁止法など。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「不正アクセス行為の禁止等に関する法律」のつながり調べ

  • ワサラー団

    ワサラー団から見た不正アクセス

    殺人予告、不正アクセス、脅迫、騙り、割れ、コピーサイト作成、集団イジメ、動物虐待、ありとあらゆる犯罪に手を染め、ワサラー団がやったように見せつける。彼らが見せたい形態としては教団というよりは珍走団なのではなかろうか。犯罪者のワサラー団が出現する度に「あれは勝手にワサラー団を名乗っているだけ」、「ワサラー団はそもそも遊び」などとわさらーは真実を語るも言い訳としか見なされていないのも現状である。また、事実を知らず根拠がなくワサラー団を宗教として誹謗的に取り上げた2ちゃんねらーにも原因の一端がある。TwitterをはじめとするSNSで発せられる暴言は2ちゃんねる文化に原因がある。だが現在もわさらーを妬んだものにより荒らし行為、潰し行為をしている者が確認されている。(ワサラー団 フレッシュアイペディアより)

  • ActiveX

    ActiveXから見た不正アクセス

    例えば、シマンテックやトレンドマイクロのオンラインウイルススキャンサービスからわかるように、ActiveXコントロールを用いれば、現在ログオンしているユーザーがアクセスできるコンピュータ内のファイル全てに自由にアクセスできる。したがって、マルウェアとして動作するような、悪意のあるActiveXコントロールがユーザーのファイルに不正アクセスし、情報を盗み取ることも可能である。ActiveXコントロールのインストールは、セキュリティーホールにもなるので、充分気をつけなくてはならない。(ActiveX フレッシュアイペディアより)

「不正アクセス行為の禁止等に関する法律」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「不正アクセス」のニューストピックワード