109件中 11 - 20件表示
  • ハッカージャパン

    ハッカージャパンから見た不正アクセス行為の禁止等に関する法律不正アクセス行為の禁止等に関する法律

    創刊当初は有名ハッカーへのインタビューや実用的なハッキング記事が中心だったが、不正アクセス禁止法施行後に「不正アクセスの助長目的ではない」という注意書きが付記されるようになり、以後セキュリティを全面に打ち出した雑誌へと変化した。ハッカージャパン フレッシュアイペディアより)

  • アルバート・ゴンザレス (ハッカー)

    アルバート・ゴンザレス (ハッカー)から見た不正アクセス不正アクセス行為の禁止等に関する法律

    アメリカの小売業者のサーバーに不正アクセスし1億7千万件近くのクレジットカード情報を入手したアメリカ史上最高のハッカー。アルバート・ゴンザレス (ハッカー) フレッシュアイペディアより)

  • 侵入防止システム

    侵入防止システムから見た不正アクセス不正アクセス行為の禁止等に関する法律

    侵入検知システム(IDS)は、コンピュータネットワークの通信において不正アクセスを検知してもあくまで通知するのみである。また、コンピュータネットワークに流れる通信内容を一旦コピーしてから解析を行うため最初の侵入は防ぐことが出来ず、新手の攻撃や亜種の攻撃に対して弱いという一面を持っている。このため、こうした受身的発想のIDSを発展させ、不正アクセスに対して、自動的に通信断やサーバのシャットダウンを行うといった能動的発想で構築されているのがIPSである。よって、IDSでは管理者は事前に不正アクセスのパターンを予測して運用する必要があったが、IPSでは、管理者はアラートやログを確認してからでも充分に対応できるようになっている。侵入防止システム フレッシュアイペディアより)

  • 萌える法律読本

    萌える法律読本から見た不正アクセス禁止法不正アクセス行為の禁止等に関する法律

    シリーズ第1作。「萌える法律読本」は本書の企画段階での仮称であるが、出版社の近刊予定でこの呼称が使われていたことから正式名称よりも通称の方で広く知られることになった。タイトル通り著作権法の解説が中心であるが、後半では不正アクセス禁止法やスパムメール問題、児童買春・児童ポルノ禁止法についても取り上げるなど一般の法律解説書に比べるとカバー範囲は極めて広範である。また、本書の発行年から日本レコード協会の主導で市場に投入されたコピーコントロールCDの問題を中心にコンテンツ産業の保護育成・強化を口実に著作権が一方的に強化され、それが著作権法第1条に掲げられた「文化の発展に寄与」する目的を損なうのではないかと言う問題提起を行っている。萌える法律読本 フレッシュアイペディアより)

  • デジタル家庭電化製品

    デジタル家庭電化製品から見た不正アクセス不正アクセス行為の禁止等に関する法律

    これらは本来、メーカーの想定した利用方法ではなかったにせよ、近年の不正アクセス増加は様々な方面で危惧されており、これら予防策の発展もコンピュータセキュリティ関係者を中心に期待する声が聞かれる。デジタル家庭電化製品 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年デジノター事件

    2011年デジノター事件から見た不正アクセス不正アクセス行為の禁止等に関する法律

    2011年8月29日、オランダの認証局デジノター(DigiNotar)が不正アクセスを受けてSSL証明書を不正に発行していた事が明らかになった。これによると、7月19日に不正アクセスを受け500以上の偽証明書を発行していたとされる。極めて憂慮すべき事態となり、一部メディアはその重要性を訴えている。この結果30万人以上がパスワードを盗まれたとされる。その後、元政府系機関であったデジノター社は巨大な負債を抱えて倒産した。2011年デジノター事件 フレッシュアイペディアより)

  • エミュレータ (コンピュータ)

    エミュレータ (コンピュータ)から見た不正アクセス禁止法不正アクセス行為の禁止等に関する法律

    しかし「誰がいつ、どこで何のソフトをコピーした」という情報を収集するのは、インターネットの接続環境を必須としていないゲーム機やデータのリッピング用の機器では不可能に等しく、パソコンに保存されているデータ等を外部から無理に解析しようものならば不正アクセス禁止法や個人情報保護法などに抵触する恐れがあり、そのソフトの著作権を持っていたとしても、一般企業が不正コピーの調査を行うのは不可能なのが現状である。エミュレータ (コンピュータ) フレッシュアイペディアより)

  • 金子大地 (ハッカー)

    金子大地 (ハッカー)から見た不正アクセス禁止法不正アクセス行為の禁止等に関する法律

    金子 大地(かねこ だいち)は不正アクセス禁止法違反容疑で逮捕された人物。元長崎県大村市の会社員。金子大地 (ハッカー) フレッシュアイペディアより)

  • 位置情報SNS

    位置情報SNSから見た不正アクセス不正アクセス行為の禁止等に関する法律

    2009年初めに、Twitterアカウントの不正アクセスが1月に45件と4月に10件発生した。1月の事例では、9アカウントから悪戯目的の投稿がなされ、いずれもメールアドレスや携帯電話番号などの非公開情報を閲覧された可能性がある。侵入発覚後数時間以内に、運営元がセキュリティホールを閉鎖し侵入されたアカウント所有者に通知した。4月の事例では、個人情報の不正アクセスがなされ少なくとも1アカウントのパスワードがリセットされた。その際は発覚後数分以内に対象アカウントを削除し、対象ユーザーに通知した。連邦取引委員会(以下、FTC)はTwitter社のセキュリティ対策の調査を開始し、Twitter社がFTCの各種対策の提案を受け入れ合意に至った。位置情報SNS フレッシュアイペディアより)

  • サイバー・ノーガード戦法

    サイバー・ノーガード戦法から見た不正アクセス不正アクセス行為の禁止等に関する法律

    この事件において、同団体サイトの状態をセキュリティカンファレンス上で発表した研究者に対して、抜き取った個人情報の一部を個人特定が可能な状態で講演資料(プレゼンテーション資料として提示した)に転載した事に対し、不正アクセスであるとして告訴した。サイバー・ノーガード戦法 フレッシュアイペディアより)

109件中 11 - 20件表示

「不正アクセス」のニューストピックワード