109件中 41 - 50件表示
  • アカウント

    アカウントから見た不正アクセス行為の禁止等に関する法律不正アクセス行為の禁止等に関する法律

    現在は、不正アクセス禁止法により、アカウントの不正利用は禁止されているが、アカウント所有者の盗難に対する予防が求められる。紛失についても、紛失に気づいたらただちにシステム管理者やサイト運営者などのアカウント発行元に報告し、当該アカウント利用の凍結を行ってもらうのが良い。盗難や紛失に対する予防策としては、次のようなものがある。アカウント フレッシュアイペディアより)

  • バッファオーバーラン

    バッファオーバーランから見た不正アクセス不正アクセス行為の禁止等に関する法律

    通常は、不正アクセスの手段として不正なデータをコンピュータに対して送信すると言うことがあるが、バッファオーバーラン攻撃を行う場合には、送信データに不正なプログラムのコード(シェルコード)を挿入し、さらに前述のスタック領域上のリターンアドレス等を、この不正コードが存在するアドレスに書き換える事等により、任意の不正なコードを相手のコンピュータにおいて実行させ、OS上の管理者権限を不正に奪取するなどさまざまな攻撃を行う。バッファオーバーラン フレッシュアイペディアより)

  • 尖閣諸島中国漁船衝突事件

    尖閣諸島中国漁船衝突事件から見た不正アクセス禁止法不正アクセス行為の禁止等に関する法律

    11月8日には、海上保安庁は被疑者を特定しないまま国家公務員法守秘義務違反、不正アクセス禁止法違反、窃盗、横領の疑いで警視庁と東京地方検察庁に告発した。10日には、第五管区海上保安本部所属の海上保安官・一色正春が「自分が映像を流出させた」と名乗り出た。警視庁の取調べにより、海上保安官は「衝突映像が闇から闇へ葬られてはいけないと思った」事を流出させた理由に挙げており、映像は神戸市のネットカフェから投稿したもので、映像は海上保安庁内で研修用に作成されたもので、政府が保秘を命じるまでは比較的自由に閲覧できるようになっていたことも判明した。15日に、映像は本来秘密性が低いとして逮捕は見送られ、東京地検への書類送検と任意の事情聴取のみは続けられた。尖閣諸島中国漁船衝突事件 フレッシュアイペディアより)

  • 攻性防壁

    攻性防壁から見た不正アクセス不正アクセス行為の禁止等に関する法律

    攻性防壁は、特定重要人物の電脳や機密保持の必要なデータベースを守るために使われる。作中では情報が社会基盤の全てともなっているため、不正アクセスは正当防衛すら成立する凶悪犯罪という価値観が成り立っていると考えられる。攻性防壁 フレッシュアイペディアより)

  • 魔法のiらんど

    魔法のiらんどから見た不正アクセス不正アクセス行為の禁止等に関する法律

    2007年7月5日ごろ、「魔法のiらんど」データサーバーへの不正アクセスに遭い、閲覧者がトロイの木馬に感染するよう改竄された。このため、7月8日午前10時より緊急メンテナンスが行われ、7月17日午後2時頃、約196時間ぶりにサービスを再開し、不正アプリケーションの配布が行われていたことを認める声明文を各ページに掲載した。魔法のiらんど フレッシュアイペディアより)

  • 相棒シリーズ X DAY

    相棒シリーズ X DAYから見た不正アクセス不正アクセス行為の禁止等に関する法律

    東京明和銀行本店システム部員・中山の遺体が発見された。側には燃え残った数十枚の一万円の札束が落ちていた。現場に急行した伊丹らがそれに首をかしげていると、サイバー犯罪対策課の岩月が現れた。数日前、謎のデータがネット上にアップされ、その後削除されるという事件が発生、そのデータの発信元が中山のパソコンであることを突き止めたサイバー犯罪対策課は、不正アクセス容疑で中山をマークしていたという。畑違いの2人はお互いに対立しながら捜査を進める。相棒シリーズ X DAY フレッシュアイペディアより)

  • ニフティサーブ

    ニフティサーブから見た不正アクセス禁止法不正アクセス行為の禁止等に関する法律

    1994年8月14日、掲示板「教えてください/教えます」である掲示がされた。内容は、卑猥な単語を並べ男性からのメールを募るというもので、IDのパスワードを不正に得た他人が掲載したものであった。IDの名義が女性名であったため、これを真に受け呼応しメールを送ってしまった会員がいた。メールはその日の内に同じIDによって掲示され、本名とともに晒し者になってしまった。翌日には晒された会員の一部がそれに気づいてダミーの発言を大量に掲示し問題の発言を押し流す形で消去したが、ログは既に他のネットにまで広まった後であった。不正アクセス禁止法の施行前であり、犯人は明らかになっていない。このことは新聞で報道されるなど注目を集めた。後には模倣事件も何度か起きた。ニフティサーブ フレッシュアイペディアより)

  • 萌え本

    萌え本から見た不正アクセス禁止法不正アクセス行為の禁止等に関する法律

    出版市場において最初に「萌え本」と認識されたタイトルは2002年9月に毎日コミュニケーションズより出版された『コンピュータユーザのための著作権&法律ガイド』であるとされている。本書は発売前から著者(プロジェクトタイムマシン)によって「萌える法律読本」の別名を与えられており、インターネット上では避けて通れない話題である著作権を始め不正アクセス禁止法や児童買春・児童ポルノ禁止法に関する話題を取り上げたテーマチョイスの絶妙さも手伝ってAmazon.co.jpを中心にかなり好調なセールスを記録した。本書に登場する櫟流依(いちい るい)・流水(るみ)姉妹は翌2003年3月刊行の『萌え萌えうにっくす! UNIXネットワーク管理ガイド』にも登場。この、法律書の次に技術書と言う意表を突いた展開により「萌え本」のスタンダードがほぼ確立されるに至った。萌え本 フレッシュアイペディアより)

  • 怪文書

    怪文書から見た不正アクセス行為の禁止等に関する法律不正アクセス行為の禁止等に関する法律

    怪文書の体裁をとって流布される情報は、組織の内部における秘密情報であるが、内部の者による内部情報の漏出は背任罪に該当することがある。また、行為者が内部の者であるか外部の者であるかを問わず、それが真実であってもなくても侮辱罪や名誉毀損罪になりうる。さらにはデータの入手方法のいかんによっては不正アクセス禁止法違反や不法侵入罪に問われることもあり、データの取得の際にあわせてたとえばその媒体として有形物をも取得すれば窃盗罪にも問われうる。これらの犯罪の発覚を恐れてか、怪文書の制作者は多くの場合において不明であり匿名であるか、或いは個人を特定させない自称をとる。怪文書が単なる告発と異なる点は、発信者自身は匿名を強く望んでいることで、そのため内容の真意や真偽が不明な傾向が強い。ただ、事前に「そのような可能性がありうる」という心証を読者側が持っていた場合に、それなりの行動を誘発させる要因になりうる。怪文書 フレッシュアイペディアより)

  • ニューディール (企業)

    ニューディール (企業)から見た不正アクセス禁止法不正アクセス行為の禁止等に関する法律

    銃撃事件により警察の捜査が入り、社長の大神田正文らがデジキューブ関連会社会長を拉致・監禁したとして警視庁捜査4課(組織犯罪対策部)から逮捕監禁容疑で逮捕された。一方、デジキューブ関連会社会長はリキッド・オーディオ・ジャパンのメールサーバーに外部から不正にアクセスしたとして、不正アクセス禁止法違反で逮捕され罰金の略式命令を受けた。ニューディール (企業) フレッシュアイペディアより)

109件中 41 - 50件表示

「不正アクセス」のニューストピックワード