84件中 51 - 60件表示
  • リアルマネートレーディング

    リアルマネートレーディングから見た不正アクセス行為の禁止等に関する法律不正アクセス行為の禁止等に関する法律

    具体的な検挙例としては、ガンホー・オンライン・エンターテイメントが運営するラグナロクオンラインにおけるものがある。2006年7月ゲームマスター(GM)の立場にあった元社員が、上司のアカウントを不正利用し、ゲーム内通貨を量産後、RMT業者に転売、数千万円もの不正な売却益を得ていたとして、警視庁に不正アクセス禁止法違反容疑で逮捕、実刑判決が出る事態が発生している。詳細は日本のラグナロク (jRO) 関連問題を参照のこと。この事件の影響により、ラグナロクオンラインの利用者数は低迷の一途を辿っている。ほぼ同様に、『リネージュ』シリーズのなどの運営を行うエヌ・シー・ジャパンが自社サイト上においてRMT行為を行う者に対し、電子計算機損壊等業務妨害罪の他、不正アクセス禁止法・著作権法・電気通信事業法違反容疑で刑事告発した事実がある。リアルマネートレーディング フレッシュアイペディアより)

  • ヤフー (企業)

    ヤフー (企業)から見た不正アクセス禁止法不正アクセス行為の禁止等に関する法律

    2005年(平成17年)6月、Yahoo! JAPANを装った偽の検索サイトを作成し、利用者のパスワードなどを盗み取るフィッシング詐欺行為を行ったとして、警視庁などは著作権法違反と不正アクセス禁止法の疑いで大阪市平野区在住の当時42歳の会社員の男を逮捕した。このフィッシング行為での摘発は日本初の事だった。男は「Yahoo!」のスペルを「Yafoo!」に変えたサイトを「Yahoo! JAPAN」に無断で作成した著作権侵害行為に加え、利用者の本家・Yahoo!のパスワードを不正に入手し個人情報を盗み取った上で利用者の電子メールを覗き見した。ヤフー (企業) フレッシュアイペディアより)

  • 怪文書

    怪文書から見た不正アクセス行為の禁止等に関する法律不正アクセス行為の禁止等に関する法律

    怪文書の体裁をとって流布される情報は、組織の内部における秘密情報であるが、内部の者による内部情報の漏出は背任罪に該当することがある。また、行為者が内部の者であるか外部の者であるかを問わず、それが真実であってもなくても侮辱罪や名誉毀損罪になりうる。さらにはデータの入手方法のいかんによっては不正アクセス禁止法違反や不法侵入罪に問われることもあり、データの取得の際にあわせてたとえばその媒体として有形物をも取得すれば窃盗罪にも問われうる。これらの犯罪の発覚を恐れてか、怪文書の制作者は多くの場合において不明であり匿名であるか、或いは個人を特定させない自称をとる。怪文書が単なる告発と異なる点は、発信者自身は匿名を強く望んでいることで、そのため内容の真意や真偽が不明な傾向が強い。ただ、事前に「そのような可能性がありうる」という心証を読者側が持っていた場合に、それなりの行動を誘発させる要因になりうる。怪文書 フレッシュアイペディアより)

  • フレッツ

    フレッツから見た不正アクセス不正アクセス行為の禁止等に関する法律

    対応ルータ機器上において、コンピュータウイルスや不正アクセス等の検出・除去をする。2008年(平成20年)3月31日をもってサービス提供を終了。フレッツ フレッシュアイペディアより)

  • なりすまし

    なりすましから見た不正アクセス禁止法不正アクセス行為の禁止等に関する法律

    ネット社会において、正規ユーザーと偽ってシステムにアクセスし活動する。この場合には、他人のユーザIDとパスワードを盗むか、あるいは、匿名性が取り入れられている文化(ブログやSNS、掲示板など)においては、他人のニックネームやハンドルなどの仮名を使用し、その人のふりをして活動する。他人のIDやパスワードを無断で使用してログインを試みる行為は、不正アクセス行為と呼ばれ、不正アクセス禁止法で禁じられている。これに違反すると、1年以下の懲役又は50万円以下の罰金が科せられる。なりすまし フレッシュアイペディアより)

  • ディザスタリカバリ

    ディザスタリカバリから見た不正アクセス不正アクセス行為の禁止等に関する法律

    ディザスタリカバリでいう災害の範囲は厳密なものではなく、建物単体での火災などの小規模なものから風水害、地震などの自然災害や不正侵入、テロなどの人為的なものなど比較的大きなものまで原因、規模にかかわらず広範囲である。ディザスタリカバリ フレッシュアイペディアより)

  • ガンホー・オンライン・エンターテイメント

    ガンホー・オンライン・エンターテイメントから見た不正アクセス禁止法不正アクセス行為の禁止等に関する法律

    2006年(平成18年)7月19日、いわゆるゲームマスターと呼ばれるゲーム内の不正の取り締まりを担当していた当時の職員が、2005年(平成17年)10月から2006年(平成18年)3月までの期間、直属上司のアカウントを盗み取りラグナロクオンラインの管理サーバーに侵入し、不正に作り出した仮想通貨(ゲーム内通貨・ゼニー)をRMTで現金に換え約1400万円の利益を得ていたとして、不正アクセス禁止法違反の疑いで警視庁に逮捕され、職員は同日付けで懲戒解雇された。同年9月末に当該事件の初公判が行われ、同年10月24日に結審。懲役1年、執行猶予4年の有罪判決となった。これを受け同年11月6日、元職員を相手取り損害賠償請求を目的とした民事訴訟の提起を発表。即日東京地方裁判所に提訴しこれを受理。2007年(平成19年)10月23日、元職員はガンホー社に対し330万円の支払いを命じる判決がされた。しかし、ガンホー社はこの判決結果を不服として控訴。2008年(平成20年)3月13日に東京高等裁判所にて控訴審判決がされ、元職員はガンホー社に対し550万円の支払いを命じられた。しかしながらガンホー社はこの判決結果も不服として最高裁判所に上告したが、同年7月17日に不受理決定がされ、一連の民事訴訟の判決が確定した。ガンホー・オンライン・エンターテイメント フレッシュアイペディアより)

  • バッファオーバーラン

    バッファオーバーランから見た不正アクセス不正アクセス行為の禁止等に関する法律

    通常は、不正アクセスの手段として不正なデータをコンピュータに対して送信すると言うことがあるが、バッファオーバーラン攻撃を行う場合には、送信データに不正なプログラムのコード(シェルコード)を挿入し、さらに前述のスタック領域上のリターンアドレス等を、この不正コードが存在するアドレスに書き換える事等により、任意の不正なコードを相手のコンピュータにおいて実行させ、OS上の管理者権限を不正に奪取するなどさまざまな攻撃を行う。バッファオーバーラン フレッシュアイペディアより)

  • メイプルストーリー

    メイプルストーリーから見た不正アクセス禁止法不正アクセス行為の禁止等に関する法律

    これらの風潮を利用し、ゲーム内アイテムや通貨、アバターなどの課金アイテムなどを騙し取る行為までが後を絶たない。2006年9月には、ゲーム内の課金アイテム(狩り等で得るアイテムではなく、後述のネクソンポイントを消費して得るサービスをアイテム化したもの)を、ゲーム内通貨(メル)で買い取ると偽った詐欺容疑で容疑者が逮捕され、同年11月には地方裁判所で詐欺および不正アクセス禁止法違反の有罪判決が下されている。ニュースサイトの4Gamer.netによると、ゲーム内のアイテム詐取に詐欺罪を適用したことがもっとも注目すべき点であるとしている。メイプルストーリー フレッシュアイペディアより)

  • インターネットスラング

    インターネットスラングから見た不正アクセス不正アクセス行為の禁止等に関する法律

    キー入力のミス(タイポ)や、日本語など入力変換の際の見落とし(誤変換)などから発生したものでは、本来は偶発的に発生したものが、意図したかのように興味深い文字列となっている場合に好んで用いられるようになった物がある一方、禁止ワードとして入力が制限される言葉の代替として意図的に誤変換したものなどがある。例えば攻撃的な文言をシステム上で差し止めてしまう電子掲示板などでは、様々な代替語が発生した。この他にも不正アクセスや著作権法違反などといった実質的に犯罪や、あるいはコミュニティ上で嫌われる行為を行う上での隠語や符丁として、やはり意図的に誤変換しているケースも少なくない。特にWarezやブートレグに関する語では、犯罪行為の露見を恐れた側が、検索エンジンによる発見を妨害しようとした意図も見られる。またギャル文字の応用で一部の文字を外見の似た文字に置換したり、ひとつの漢字を複数の漢字に分解する(あるいはその逆)物もよく見られる。インターネットスラング フレッシュアイペディアより)

84件中 51 - 60件表示

「不正アクセス」のニューストピックワード