84件中 61 - 70件表示
  • ハッカージャパン

    ハッカージャパンから見た不正アクセス不正アクセス行為の禁止等に関する法律

    創刊当初は有名ハッカーへのインタビューや実用的なハッキング記事が中心だったが、不正アクセス禁止法施行後に「不正アクセスの助長目的ではない」という注意書きが付記されるようになり、以後セキュリティを全面に打ち出した雑誌へと変化した。ハッカージャパン フレッシュアイペディアより)

  • ハッカージャパン

    ハッカージャパンから見た不正アクセス行為の禁止等に関する法律不正アクセス行為の禁止等に関する法律

    創刊当初は有名ハッカーへのインタビューや実用的なハッキング記事が中心だったが、不正アクセス禁止法施行後に「不正アクセスの助長目的ではない」という注意書きが付記されるようになり、以後セキュリティを全面に打ち出した雑誌へと変化した。ハッカージャパン フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Windows XP

    Microsoft Windows XPから見た不正アクセス不正アクセス行為の禁止等に関する法律

    2004年9月2日に公開された。当初従来通りの Service Pack の予定であったが、計画の段階で相次いで MSBlaster 等のセキュリティホールを狙った悪意のあるソフトウェアの出現や不正アクセス事件が多発したことを受け、セキュリティの強化が最重点項目となっている。名称も従来では単に Service Pack 2 となるところが「Service Pack 2 セキュリティ強化機能搭載」と“副題”が付けられている。入手方法は従来通りマイクロソフトのサイトからのダウンロードと Windows Update で行われた他、PC 販売店や郵便局にて小冊子付 CD-ROM 配布も行われた、2004年以降のXPはSP2が標準で適用されている。2010年7月13日にサポートが終了した。Microsoft Windows XP フレッシュアイペディアより)

  • 電子マネー

    電子マネーから見た不正アクセス不正アクセス行為の禁止等に関する法律

    その一方、インターネット上にある電子商店街やオンラインゲームの支払いなど、インターネット上でのみのサービスを目的とした仮想マネーと呼ばれるものでは、認証手段の導入・運用などセキュリティ技術的な課題はあるものの、実体のあるインターフェイスの普及などは必要なく、要は決済データを管理し利用者の財布となる出納用のサーバ運営や認証手段があればサービスの提供が可能であるため、貨幣との置き換えを目指す電子マネーほど普及のハードルは高くなく、金銭の徴収手段といった点での仕組み作りが普及の鍵となる。このためコンビニエンスストアで使い捨ての形となるパスワードの記載された(印刷媒体に過ぎない)カードを販売するサービスも登場している。ただ、こちらは2006年6月に、ネットキャッシュでこのパスワードを辞書攻撃的に類推され、残額データが一部店舗からの販売前にも盗まれるなどの事件もおきており、それら不正アクセスなどトラブルの防止が課題となっている。こちらはフィッシング詐欺やファーミングといった事件でも狙われやすい傾向も見られる。電子マネー フレッシュアイペディアより)

  • アンダーグラウンド (文化)

    アンダーグラウンド (文化)から見た不正アクセス行為の禁止等に関する法律不正アクセス行為の禁止等に関する法律

    ハッカー文化と似通った面があるが、攻撃的面に特化したクラッカーやスクリプトキディのサイトが殆どで、特にH/C/P/V/A(Hack,Crack,Phreak,Virus,Attackの略)をメインに掲げているサイトはその傾向が顕著であった。しかし世間一般的にはハッカー文化そのものが違法性と共にアングラなものであるため、境界は曖昧である。歴史的な特徴として、不正アクセス禁止法の施行を境として閉鎖するサイトが急増したこと、現在では到底アンダーグラウンドとは見なされないこと(UNIX系OSの基本オペレーションまたはシステム管理や通信プロトコルの解説など)が、アンダーグラウンドな情報とされた時期が存在したことが挙げられる。アンダーグラウンド (文化) フレッシュアイペディアより)

  • 無線LAN

    無線LANから見た不正アクセス行為の禁止等に関する法律不正アクセス行為の禁止等に関する法律

    なお日本では、クラッキングなどの手法により、パスワードで保護されたネットワークに不正に侵入した場合、もしくは試みた場合は、不正アクセス行為の禁止等に関する法律に抵触する可能性がある。無線LAN フレッシュアイペディアより)

  • 改竄

    改竄から見た不正アクセス行為の禁止等に関する法律不正アクセス行為の禁止等に関する法律

    日本においては、これらは通常不正アクセス行為の禁止等に関する法律(不正アクセス禁止法)違反や電子計算機損壊等業務妨害罪などに該当する行為である。改竄 フレッシュアイペディアより)

  • 関西電力

    関西電力から見た不正アクセス不正アクセス行為の禁止等に関する法律

    2012年5月から8月にかけ、同社の子会社・かんでんCSフォーラムの女性の契約社員が、同社の顧客情報管理システムに不正アクセスして契約者情報を抜き取り、大阪府茨木市内の探偵業の男性に5000-10,000円で売却していたとして、不正競争防止法違反の容疑で愛知県警に逮捕された。関西電力 フレッシュアイペディアより)

  • めちゃ×2イケてるッ!のコーナー

    めちゃ×2イケてるッ!のコーナーから見た不正アクセス禁止法不正アクセス行為の禁止等に関する法律

    容疑者:どくだみじろう(38歳・男)変装:ボサボサ頭(地毛)、丸い黒縁眼鏡、泥棒ヒゲ職業:サイバーテロリスト容疑:不正アクセス禁止法違反(日本IBM社の重要データを盗んだことをブログにアップしたところ、大炎上してしまい観念して出頭)供述:「(東北なまりで)ブログは恐ろすぃ〜な〜! そげなもん、泣くでい゛ぇ!」犯行に使用した道具:マッギントッスビンタ役:岡村(1回目)めちゃ×2イケてるッ!のコーナー フレッシュアイペディアより)

  • ユニー

    ユニーから見た不正アクセス行為の禁止等に関する法律不正アクセス行為の禁止等に関する法律

    2010年8月、ネットスーパーサイトであるアピタネットスーパーの運営委託をし、ネットスーパー事業のシステム構築を営むネオビート(大阪市、2010年に破産)のサーバーに海外から不正アクセスがあり、クレジットカード情報が流出したことが判明、ただちにサイトを閉鎖した。その後、ネオビート社への委託を解き、新たに東芝テックが開発したシステムに移行したことにより、2011年2月より順次該当店舗からネットスーパー事業が再開されることになった。ユニー フレッシュアイペディアより)

84件中 61 - 70件表示

「不正アクセス」のニューストピックワード