84件中 71 - 80件表示
  • Information Technology Infrastructure Library

    Information Technology Infrastructure Libraryから見た不正アクセス行為の禁止等に関する法律不正アクセス行為の禁止等に関する法律

    セキュリティ管理では、企業情報の価値を損なわせるあらゆる事象を対象として、業務で求められるレベルのセキュリティをどのように提供するかについて解説している。情報セキュリティには、情報漏洩や不正アクセスなどの対策(機密性)だけでなく、可用性、完全性も含まれている。セキュリティ管理の活動は独立したものではなく、日常業務に組み込まれるべきものとしている。ITILで提唱する各プロセスに対し、どのようにセキュリティを絡めるべきか、各プロセスとの連携をどのように行うべきかについて重点的に解説している。Information Technology Infrastructure Library フレッシュアイペディアより)

  • 個人情報漏洩

    個人情報漏洩から見た不正アクセス不正アクセス行為の禁止等に関する法律

    悪意あるハッカー(クラッカー)による不正アクセス個人情報漏洩 フレッシュアイペディアより)

  • ルーター

    ルーターから見た不正アクセス不正アクセス行為の禁止等に関する法律

    ウイルス・不正アクセス等の検出・遮断機能ルーター フレッシュアイペディアより)

  • ActiveX

    ActiveXから見た不正アクセス不正アクセス行為の禁止等に関する法律

    Webページの表示に変化を与えたり、インタラクティブ性を提供することでウェブサイトを閲覧する楽しさや利便性を飛躍的に向上させる。しかし、Windows Vista以外ではActiveXコントロールの動作に制限が掛けられていないためにセキュリティ上、しばしば問題になっている。例えば、シマンテックやトレンドマイクロのオンラインウイルススキャンサービスからわかるように、ActiveXコントロール を用いれば現在ログオンしているユーザーがアクセスできるコンピュータ内のファイル全てに自由にアクセスできる。したがって、マルウェアとして動作するActiveXコントロールがユーザーのファイルに不正アクセスし、情報を盗み取ることも可能である。ActiveXコントロールのインストールには充分気をつけなくてはならない。ActiveX フレッシュアイペディアより)

  • 情報倫理

    情報倫理から見た不正アクセス禁止法不正アクセス行為の禁止等に関する法律

    情報倫理自体に成文法は存在しないが、情報社会の秩序の維持を遵守するために、法律が制定される。情報倫理の考えから派生した法律は、不正アクセス禁止法、著作権、個人情報保護法、行政個人情報、情報公開、刑法の電子計算機損壊等業務妨害罪及び電子計算機使用詐欺罪、知的財産権の保護といった、多岐の分野に反映されている。情報倫理 フレッシュアイペディアより)

  • バックドア

    バックドアから見た不正アクセス不正アクセス行為の禁止等に関する法律

    稼動中のコンピュータなどにおいて、その中にある情報を見るには、正規の手続きを踏んで閲覧するのが普通である。しかし、その手続きに依らずに情報を呼び出したり、場合によってはそれら情報の作成・変更・消去を、その正規ではない手続きで行う事を可能にするプログラムを外部から送り込み、コンピュータ内で動作させることもある。この行為は、不正なアクセスであるため、往々にして違法である。バックドア フレッシュアイペディアより)

  • 侵入検知システム

    侵入検知システムから見た不正アクセス不正アクセス行為の禁止等に関する法律

    NIDSは、 コンピュータネットワークの通信内容を積極的に検査し、ネットワークの攻撃などといった、不正アクセスの疑いがあると思われるものについては、ただちにネットワークの管理者へ攻撃の事実を通知する。侵入検知システム フレッシュアイペディアより)

  • iPod touch

    iPod touchから見た不正アクセス不正アクセス行為の禁止等に関する法律

    無料Wi-FiスポットではFREESPOT、FONなどが利用できる。また、個人で使用している無線LANに接続しWi-Fiを利用する事ができる。ただし無断で他人の暗号化されている無線LANを利用すると不正アクセスに抵触する恐れがある。iPod touch フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の日本

    2007年の日本から見た不正アクセス不正アクセス行為の禁止等に関する法律

    化粧品メーカー再春館製薬所のホームページに25時間で約14万件の不正アクセスがあり、個人情報が流出した恐れがあるため、同社は本社のある熊本県警に被害届けを提出、ホームページを一時閉鎖。2007年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 尖閣諸島中国漁船衝突事件

    尖閣諸島中国漁船衝突事件から見た不正アクセス禁止法不正アクセス行為の禁止等に関する法律

    11月8日には、海上保安庁は被疑者を特定しないまま国家公務員法守秘義務違反、不正アクセス禁止法違反、窃盗、横領の疑いで警視庁と東京地方検察庁に告発した。10日には、第五管区海上保安本部所属の海上保安官・一色正春が「自分が映像を流出させた」と名乗り出た。警視庁の取調べにより、海上保安官は「衝突映像が闇から闇へ葬られてはいけないと思った」事を流出させた理由に挙げており、映像は神戸市のネットカフェから投稿したもので、映像は海上保安庁内で研修用に作成されたもので、政府が保秘を命じるまでは比較的自由に閲覧できるようになっていたことも判明した。15日に、映像は本来秘密性が低いとして逮捕は見送られ、東京地検への書類送検と任意の事情聴取のみは続けられた。尖閣諸島中国漁船衝突事件 フレッシュアイペディアより)

84件中 71 - 80件表示

「不正アクセス」のニューストピックワード