31件中 21 - 30件表示
  • 不正アクセス行為の禁止等に関する法律

    不正アクセス行為の禁止等に関する法律から見た電子掲示板

    他人の識別符号(パスワード等)を、それが利用可能な電子計算機を分かっていて、その者以外の者(アクセス管理者等を除く)に提供すること(4条)。アクセス管理とは無関係な第三者に特定電子計算機のアカウント情報を提供する行為や、特定の電子計算機にアクセスするためのユーザー名やパスワードを匿名電子掲示板に書き込む行為がこれに当たる。不正アクセス行為の禁止等に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • 不正アクセス行為の禁止等に関する法律

    不正アクセス行為の禁止等に関する法律から見た未遂罪

    ポートスキャンは、それにより通常想定されている認証機能を破ることがなければ、不正アクセス行為とはならない。仮に不正アクセスの準備段階の行為だとしても、本法には予備罪や未遂罪が規定されていないため、抵触しない。ただしポートスキャンにより故意にサービスの低下を招く行為を行うと、電子計算機損壊等業務妨害罪に該当する可能性がある。不正アクセス行為の禁止等に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • 不正アクセス行為の禁止等に関する法律

    不正アクセス行為の禁止等に関する法律から見たコンピュータウィルス

    1号は、他人のユーザーIDとパスワード等を使用した入力方法が想定されている。2号は、セキュリティーホール等の脆弱性やコンピュータウィルス等を利用した入力方法が想定されている。3号は、第2号と入力方法は同じだが、不正アクセスの対象となる電子計算機のバックエンドに認証サーバーがある場合が想定されている。不正アクセス行為の禁止等に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • 不正アクセス行為の禁止等に関する法律

    不正アクセス行為の禁止等に関する法律から見たFile Transfer Protocol

    ACCS裁判の判決によると、Webサーバーへのファイルアクセスに通常は認証機能のあるFTPを用いている場合、認証機能の備わっていないHTTP(CGIの脆弱性を利用)経由でアクセスした場合は、通常想定されている認証機能を迂回したとして不正アクセス行為に当たる、としている。プロトコルごとに認証機能の有無を判断するのではなく、管理者の想定している通常のアクセス行為により考えるべきとしている。不正アクセス行為の禁止等に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • 不正アクセス行為の禁止等に関する法律

    不正アクセス行為の禁止等に関する法律から見たログイン

    対象となる電子計算機へのアクセスには「電気通信回線」を経由する必要があるため、直接電子計算機の前で認証を突破する行為は不正アクセス行為とならない。本来なら制限されている機能を利用可能な状態にすればよく、データを盗み出したり改ざんしたりする必要はない。アクセス制御機能がない場合 (例えばリンクしてない単なる隠しディレクトリ)や識別符号が不要な場合(匿名ログイン等)は、管理者が想定しているアクセス行為であるならば、不正アクセス行為とはならない。電子計算機の利用を管理する管理者(アクセス管理者)や、その管理者からアクセスを許諾されている人は、不正アクセス行為の主体とはならない。不正アクセス行為の禁止等に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • 不正アクセス行為の禁止等に関する法律

    不正アクセス行為の禁止等に関する法律から見た日本

    不正アクセス行為の禁止等に関する法律(ふせいアクセスこういのきんしとうにかんするほうりつ、平成11年8月13日法律128号)は、インターネット等のコンピュータネットワーク等での通信において、不正アクセス行為とその助長行為を規制する日本の法律。略称は不正アクセス禁止法など。不正アクセス行為の禁止等に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • 不正アクセス行為の禁止等に関する法律

    不正アクセス行為の禁止等に関する法律から見たパスワード

    1号は、他人のユーザーIDとパスワード等を使用した入力方法が想定されている。2号は、セキュリティーホール等の脆弱性やコンピュータウィルス等を利用した入力方法が想定されている。3号は、第2号と入力方法は同じだが、不正アクセスの対象となる電子計算機のバックエンドに認証サーバーがある場合が想定されている。不正アクセス行為の禁止等に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • 不正アクセス行為の禁止等に関する法律

    不正アクセス行為の禁止等に関する法律から見たポートスキャン

    ポートスキャンは、それにより通常想定されている認証機能を破ることがなければ、不正アクセス行為とはならない。仮に不正アクセスの準備段階の行為だとしても、本法には予備罪や未遂罪が規定されていないため、抵触しない。ただしポートスキャンにより故意にサービスの低下を招く行為を行うと、電子計算機損壊等業務妨害罪に該当する可能性がある。不正アクセス行為の禁止等に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • 不正アクセス行為の禁止等に関する法律

    不正アクセス行為の禁止等に関する法律から見たブラウザ

    インターネットを通じて、ブラウザで認証用のページから他人のユーザー名とパスワードを勝手に使ってログインする行為不正アクセス行為の禁止等に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • 不正アクセス行為の禁止等に関する法律

    不正アクセス行為の禁止等に関する法律から見たHypertext Transfer Protocol

    ACCS裁判の判決によると、Webサーバーへのファイルアクセスに通常は認証機能のあるFTPを用いている場合、認証機能の備わっていないHTTP(CGIの脆弱性を利用)経由でアクセスした場合は、通常想定されている認証機能を迂回したとして不正アクセス行為に当たる、としている。プロトコルごとに認証機能の有無を判断するのではなく、管理者の想定している通常のアクセス行為により考えるべきとしている。不正アクセス行為の禁止等に関する法律 フレッシュアイペディアより)

31件中 21 - 30件表示