不登校 ニュース&Wiki etc.

不登校(ふとうこう)は、学校に登校していない状態のことである。登校拒否(とうこうきょひ)とも称される。日本における「不登校」の語については、研究者、専門家、教育関係者らの間に全国的に統一した定義がなくきわめて多義的である。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「不登校」のつながり調べ

  • 学習材

    学習材から見た不登校

    また、コンピュータで作成した自習用の学習材をインターネット上に公開する例も増えている。これらには不登校の児童・生徒を対象に開発されている学習材も多く、なかには解答を送信すると添削して返してくれるというサービスもある。この種のものの発展したもの、あるいは総称としてeラーニングという言葉が使われることもある。(学習材 フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤忠治

    伊藤忠治から見た不登校

    三重短大入学の頃(20歳頃)日本社会党に入党した。若者として社会主義思想を持ったのは、中学生の頃家業の家具製造が傾き、昼間の学校に行きたかった、もっと勉強がしたかった、進学がしたい人間や勉強がしたい人間がなぜできないのか、両親も昼夜働いているのに、一向に貧乏である、なぜなのか。貧困問題を政治の力で解決するのは日本社会党と労組である。自身が貧困家庭で働きながら学費を稼ぎ、夜間(定時制)高校と公立短期大学の夜間部で学んだ苦学生である事から、真面目に勉強せずに働かなかったり、非行行為をする現在の定時制の高校生を否定している。母校の津実業高校が総合学科のみえ夢学園高等学校に新しく変わるのは認めるが、本来は不登校児やカルチャースクール(文化学校・趣味学校)ではなくて労働者の学校であると文集で述べている。学費が日本一安い公立の津市立三重短期大学夜間部の出身であることから、現在の高い学費を払いながら勉強しない私立大学の学生を批判している。平和憲法や人権や北朝鮮問題や国旗国歌法などの左翼政策は形式的には賛成したが左翼思想より社会主義を第一とする、強い社会主義思想の持ち主である。野党であった民主党で郵政問題に詳しい族議員であった。郵政族として野党の民主党内で、日本郵政公社労働組合の組織内候補である衆議院議員・参議院議員を中心に「公社を発展させる民主党議員の会」2004年(平成16年)9月6日設立の会長に伊藤忠治が就任して議員数91名)が結成されて、小泉内閣が提出した郵政民営化法案潰しに呼応した。(伊藤忠治 フレッシュアイペディアより)

「不登校」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「不登校」のニューストピックワード