前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
319件中 1 - 10件表示
  • 年齢主義と課程主義

    年齢主義と課程主義から見た不登校不登校

    課程主義の制度においては、学力を基準として学習集団を作れるため、学級内の学力の水準は同質であり、授業がすすめやすい。また、選択的不登校や身体療養などのための休学の後も、学年は自動的には進級していないため、自分の年齢に追われずにゆとりを持って教育を受けられる。また、年度末生まれなどで発達がゆっくりしている児童でも、就学猶予や低学年時の原級留置を行うことにより個人のペースにあった授業を受けられる。また、年齢主義制度で見られる、補習授業や拡充授業を行う際の、同年齢集団から同学力集団を抽出するという手間が存在しないため、学校側にとって教育課程の運営がしやすい。またこれは副次的な効果であるが、異年齢学級では学力的には等質でも社会体験の異なる集団での学校生活となるため、現実社会と同様な場を作れる。年齢主義と課程主義 フレッシュアイペディアより)

  • 三原市立第三中学校

    三原市立第三中学校から見た不登校不登校

    2005年(平成17年)4月 - 広島県の中学校不登校対策実践指定を受ける。三原市立第三中学校 フレッシュアイペディアより)

  • ブレーンヒューマニティー

    ブレーンヒューマニティーから見た不登校不登校

    1999年 - 不登校児童等への訪問学習支援活動(Home Education Prpject"HEP")開始。ブレーンヒューマニティー フレッシュアイペディアより)

  • 長谷川博一

    長谷川博一から見た不登校不登校

    長谷川 博一(はせがわ ひろかず、1959年(昭和34年)5月10日 - )は、東海学院大学および同大学院(岐阜県各務原市)の元教授で、臨床心理学全般、とくに心理療法、犯罪臨床心理学(心理鑑定)、児童虐待、ドメスティックバイオレンス、家族病理、自殺・自傷行為、不登校・ひきこもり、いじめ、発達障がい、メンタルフレンド等の専門家である。2008年まで同大学院附属の心理臨床センター長を務めた。臨床心理士。長谷川博一 フレッシュアイペディアより)

  • 山村留学

    山村留学から見た不登校不登校

    また自然体験や少人数の教育環境により不登校の解決法として活用されることもある。山村留学 フレッシュアイペディアより)

  • 中学校

    中学校から見た不登校不登校

    夜間の授業を受けるための入学資格を定めた法令等は存在しないものの、義務教育を修了していない人であり、かつ学齢を超過している人(満15歳に達した日以後に4月1日を迎えている人)である事が、実質的な夜間の授業を受ける要件とされる。すなわち、義務教育を修了した外国人が日本語を身につける事を目的として入学する事や、形式的にでも卒業証書を授与された元不登校者が入学する事や、学齢期の中学生が入学するのは難しいといわれる(ただし、例外もあるようである。詳しくは、「再入学」を参照)。中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 就学事務

    就学事務から見た不登校不登校

    義務教育制度の対象外であるが、外国人登録をしている場合に積極的に公立学校に就学をさせる自治体も存在する。しかし消極的な自治体などでは、学籍がなく不登校である児童も多く、教育の普遍化としては機能していない。ただし、望めば同年齢の義務教育対象者とほぼ同様に就学することができる。学費なども特に高くなるわけではない。その他の点は義務教育対象者と同様である。就学事務 フレッシュアイペディアより)

  • 田中信生

    田中信生から見た不登校不登校

    神経症や拒食症、不登校など数多くの心病む人へのカウンセリングを行う。田中信生 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋良臣

    高橋良臣から見た不登校不登校

    1972年より、登校拒否、不登校の子供と生活を共にする。高橋良臣 フレッシュアイペディアより)

  • 東京シューレ

    東京シューレから見た不登校不登校

    特定非営利活動法人東京シューレ(とくていひえいりかつどうほうじんとうきょう-、英語:Tokyo Shure)は、フリースクールの運営を中心に、不登校の子供とその親への支援活動を行う特定非営利活動法人である。理事長(2009年現在)は奥地圭子、会員(特定非営利活動促進法で定められた社員)は約300人(2007年現在)である。東京シューレ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
319件中 1 - 10件表示

「不登校」のニューストピックワード