319件中 91 - 100件表示
  • 追う男

    追う男から見た不登校不登校

    伸行の娘。伸行が失踪してから小学校でいじめられ、不登校になる。ビー玉遊びと釣りが好き。追う男 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢崎市同居女性餓死事件

    伊勢崎市同居女性餓死事件から見た不登校不登校

    主犯男性は普通学級では勉強についていくことは困難と判断され、特殊学級に入れられた。そこでクラスメイトとして出会ったのが、事件の被害者であった。両者とも単に勉強についていけない程度で、外見は普通学級の生徒と変わらなかった。しかし主犯男性は真面目に学校に通っていたわけではなく、不登校気味であった。伊勢崎市同居女性餓死事件 フレッシュアイペディアより)

  • チェイス〜国税査察官〜

    チェイス〜国税査察官〜から見た不登校不登校

    草輔の娘。高校1年生。仕事内容を家族に明かさず、まともに接する機会が少ない査察官を続けることに反発している。母の事故にきっかけに、草輔に対してさらに心を閉ざし、不登校となりその後高校を退学する。偶然出会った村雲からオンライントレードについて教わり、お金を得ることによって立ち直ったと錯覚をする中で村雲によって利用されてしまい、村雲が起こした株の大暴落によって一挙に雪恵の保険金を失くしてしまったことに大きなショックを受けるが、第5話で草輔に慰められ、家族として良好な関係を取り戻す。チェイス〜国税査察官〜 フレッシュアイペディアより)

  • 日本スクールコーチ協会

    日本スクールコーチ協会から見た不登校不登校

    現代には学習意欲の低下、いじめ、不登校等の問題のほか、核家族化、少子化、価値観の多様化、家庭においてのコミュニケーション不足など様々な事情から他人との意思の疎通がうまく取れず、将来に対しての不安がある青少年が存在する。そのような現状に対して、コーチング(人の可能性を引き出すコミュニケーション技術)を通して、青少年が自分自身の才能や可能性に気づき、自分の目指す人生に向かって生きていけるように支援するため、スクールコーチ(コーチングの専門技術を身につけて、学校等の教育現場で青少年をサポートする人)の養成やその普及のための講演会やセミナー等を開催し、教育機関との連携をより円滑にしている。日本スクールコーチ協会 フレッシュアイペディアより)

  • 白井勝美

    白井勝美から見た不登校不登校

    神奈川県横浜市出身。アルコール依存症を患い家庭内暴力を繰り返す聴覚障害者の父親と、身体障害者で仏教系の新宗教に没頭していた母親の下に生まれ育つ。貧困家庭に生まれ育ったためクラスメイトからそれを理由にいじめに遭い、中学時代には不登校となる。また、幼少期から父方の親類との間で確執があり、親類は白井と母親を激しく罵倒する一方、弟(または兄)である白井の父親を溺愛し、前述の暴力の事実を訴えても相手にしてもらえなかったという。高校には様々な要因が重なり進学できず、「中卒」というハンディキャップを負ったと語り、現在までいわゆる定職に就いたことが無いという(ただし、アルバイトなどの軽作業の経験はある)。白井勝美 フレッシュアイペディアより)

  • アレクサンドル・パナヨートフ

    アレクサンドル・パナヨートフから見た不登校不登校

    優秀な成績で中等教育と音楽学校卒業後、キエフ現代音楽演芸大学現代音楽ボーカル科に進学した。しかしこの時既にコンサートやコンクール活動に没頭していて不登校が多かった為、中途退学した。アレクサンドル・パナヨートフ フレッシュアイペディアより)

  • あおい高等学院

    あおい高等学院から見た不登校不登校

    不登校を経験した人やアスペルガー症候群で支援を必要としている人の高校卒業資格の取得を目指す。あおい高等学院 フレッシュアイペディアより)

  • 無我利道場

    無我利道場から見た不登校不登校

    1986年頃から無我利道場メンバーの子供が学生服の着用を拒否したり不登校をしたことをきっかけに、地元住民との関係が徐々に悪化し始めた。1988年には右翼団体松魂塾メンバーが来村し常駐を開始、地元住民も「無我利道場解体村民会」を結成し「無我利追い出し」を図った。そして同年10月30日に松魂塾が無我利道場を襲撃し、無我利道場メンバー1人に重傷を負わせた。その頃になると無我利道場問題が全国的に知られるようになった。無我利道場 フレッシュアイペディアより)

  • 栗原裕一郎

    栗原裕一郎から見た不登校不登校

    神奈川県川崎市生まれ。小学校と中学校で登校拒否、東京都立日比谷高等学校中退、大検から駿台予備校を経て東京大学理科一類除籍。このため卒業式は一度も経験したことがないという。『音楽誌が書かないJポップ批評』『ユリイカ』などで、文芸、音楽、美術などの多岐にわたるジャンルで執筆活動を行う。2005年、小谷野敦・斎藤貴男との共著『禁煙ファシズムと戦う』(ベスト新書)を上梓、2008年大著『〈盗作〉の文学史』を新曜社から刊行し、第62回日本推理作家協会賞評論その他部門を受賞。一躍注目を集め、2009年1月から1年間『週刊読書人』に文芸雑誌の全作品の時評を連載。1970年代歌謡曲を愛する。栗原裕一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 優駿の門

    優駿の門から見た登校拒否不登校

    地方競馬教養センターで優馬の同期生の1人。大人しく気弱な性格で、その性格が災いし中学時代にイジメにあい登校拒否をしていた。漫画を見て騎手を志すものの、気弱な性格は治らずセンターを辞めかけたこともある。優馬たちの説得により思いとどまり無事卒業した。騎手になってからは性格も多少は改善されたようである。卒業後は水沢競馬場で騎手となった。日本大賞典ではのりの計らいで高崎のセンターコートに騎乗した。優駿の門 フレッシュアイペディアより)

319件中 91 - 100件表示

「不登校」のニューストピックワード