397件中 91 - 100件表示
  • 退却神経症

    退却神経症から見た登校拒否不登校

    退却神経症は1960年代、笠原が大学の長期留年者の中に特有の無気力状態を呈する青年が数多くいることに気がついた事から研究が始まった。大学生の無気力状態は、その後児童の登校拒否症、サラリーマンの欠勤症などと同根の病理であるという認識に至り、それらを包括するノイローゼとして、「退却神経症」という診断カテゴリーが提唱された。退却神経症の原型は時間的に言えば、中学生の登校拒否、学校恐怖にあるという。なお、大学生に特有の無気力状態をあらわす「スチューデント・アパシー」という言葉は、アメリカの精神科医であるウォルターズ(Walters. P)がこの語を用いて類似の報告していたため、敬意を表して症状名に採用したという。退却神経症 フレッシュアイペディアより)

  • 中園直樹

    中園直樹から見た不登校不登校

    著書のあとがきにも、作家、詩人ではなく元自殺未遂者の1人とある通り、1人でもいじめによって自殺する子供達を減らすためにと、自身の受けたいじめを題材に描いた代表作『オルゴール』、脱出マニュアル小説『星空マウス』、リハビリ小説『チョコレイトの夜』などのパイロット版を、現在でも自身の公式HP内で無料公開し続けている。また、自身が長年いじめられていた経験から、現場の人間がいじめの文字が表題に付いている作品は手に取り辛いという理由で、いじめと自殺、その周辺がテーマの作品しか出版していないにも関わらず、著書の題名、帯、あとがきなど目立つところにいじめと自殺の文字を使うことを避けている。ただし、メッセージ本のみ副題にいじめの文字を使っている。また、絵も描けるため1作目の表紙は本人のイラストを使っているが、2作目3作目のカバーイラストには、いじめで不登校となった中学生のイラストを採用している。中園直樹 フレッシュアイペディアより)

  • 幻覚ピカソ

    幻覚ピカソから見た不登校不登校

    杉浦の1年次のクラスメイト。成績優秀で真面目であったが、現在は不登校となり引きこもりの生活を送っていた。文化祭に母子で訪れるが、将来を悲観しており、文化祭で行われていた討論会に参加し、周囲を唖然とさせた。幻覚ピカソ フレッシュアイペディアより)

  • エンブリヲ

    エンブリヲから見た不登校不登校

    本作の主人公。将門高校3年A組の生徒。明るい性格。虫が大好きな少女で生物部に所属。ある時、学校の裏の森で「虫」に刺され、子供を産み付けられる。その後、学校で人々が「虫」に襲われる事件が発生した時、事件の元凶としてクラスメイトから目の敵にされ、不登校となってしまう(後に復帰)。「虫」に子供を産み付けられたことを知ってなお愛情を感じ、それを産むことを決意する。その後、学校の地下で「虫」の「女王」に会って「虫」たちの真の目的を知り、それを止めることを決意する。エンブリヲ フレッシュアイペディアより)

  • 地域児童精神保健

    地域児童精神保健から見た不登校不登校

    地域児童精神保健(ちいきじどうせいしんほけん)は、地域看護の分野の中に比較的最近新しく入ってきた分野で、引きこもり、不登校、児童虐待などの児童の精神看護の立場からのケアと支援をいうものである。直接的な援助は、市町村の教育委員会が適応指導教室などで表立って支援をするので、保健師は、精神科の医師や臨床心理士を紹介したり、仲介の労をとったり、フリースペースやフリースクールを紹介したり、統計的な調査などをするに留まることも多い。大規模な地震や火災、津波などで家族を失った子どもたちの精神衛生のケアなどもこの活動分野に含まれる。地域児童精神保健 フレッシュアイペディアより)

  • 職場体験

    職場体験から見た不登校不登校

    不登校の生徒でも、本人が希望すれば参加できる場合もある。また、学校での日常に不足を感じている生徒の中にも職場体験に期待している者が少なくない。職場体験を経て登校率が上がったという兵庫県が調査したデータもある。職場体験 フレッシュアイペディアより)

  • 神奈川県立青少年センター

    神奈川県立青少年センターから見た不登校不登校

    「青少年の支援や指導」、「ひきこもり・不登校・非行等の対策」、「科学体験活動」、「舞台芸術活動の振興」の、4つの事業を柱とした活動を行っている。施設の運営・管理は神奈川県(県民局次世代育成部青少年課所管)。神奈川県立青少年センター フレッシュアイペディアより)

  • 蹴りたい背中

    蹴りたい背中から見た不登校不登校

    その後、にな川が学校を4日間休む。不登校ではないかと言われるも、ハツはにな川の家にお見舞いに行く。実はにな川は徹夜でオリチャンのライブのチケットを取ったため、風邪を引いたのだった。にな川はチケットを4枚買っており、ハツは誰か呼んで一緒に行こうと誘われる。友人は絹代しかいないので、仕方なく絹代を誘って3人でライブに行く。絹代がハツに「にな川はいい彼氏なんじゃないか」「ハツはにな川のことが本当に好きなんだね」と言うが、ハツは「自分の気持ちはそうじゃない」と思っていた。蹴りたい背中 フレッシュアイペディアより)

  • 山口修 (ギタリスト)

    山口修 (ギタリスト)から見た不登校不登校

    長崎県長崎市出身。小学生の頃に不登校の時期があったが、10歳のときにギターと出会い、ギターと会話をするように練習する中で人と話すことも好きになり、学校に戻ることができたという。中学生のときに九州ギター音楽コンクールで優勝、長崎東高校在学中に第14回日本ギターコンクールで第2位に入賞した。ギターを中心とするグループ・サウンズやビートルズが音楽シーンを席巻する中で、自らもギタリストとして活動したいと思うようになり、スペイン給費留学生として渡欧し、数多くのコンクールに参加。アルル国際音楽祭(フランス)で最優秀賞を受賞したほか、ラミレス国際ギターコンクール(スペイン)とアレッサンドリア国際ギターコンクール(イタリア)でいずれも日本人として初めて第1位を獲得した。山口修 (ギタリスト) フレッシュアイペディアより)

  • アレクサンドル・パナヨートフ

    アレクサンドル・パナヨートフから見た不登校不登校

    優秀な成績で中等教育と音楽学校卒業後、キエフ現代音楽演芸大学現代音楽ボーカル科に進学した。しかしこの時既にコンサートやコンクール活動に没頭していて不登校が多かった為、中途退学した。アレクサンドル・パナヨートフ フレッシュアイペディアより)

397件中 91 - 100件表示

「不登校」のニューストピックワード