319件中 11 - 20件表示
  • 北星学園余市高等学校

    北星学園余市高等学校から見た不登校不登校

    全国から高校中退者や不登校経験者などを含む多様な生徒を受け入れている。「北星余市高校」あるいは「北星余市」とも略称される。全日制普通科のみ。北星学園余市高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 巨椋修

    巨椋修から見た不登校不登校

    不登校・ひきこもり・ニート・ワーキングプアといった社会問題を取り上げることが多く、書籍『不登校の真実』を発表し、同タイトルの映画で自ら映画監督を務めた。また、2006年10月より、ニート問題を扱ったインターネットラジオ『オールニートニッポン』のパーソナリティを担当。2008年8月より不登校・ひきこもり・ニートについて取り上げるインターネット映像放送局『FHN放送局』を主宰している。巨椋修 フレッシュアイペディアより)

  • 義務教育

    義務教育から見た不登校不登校

    の運用によっては、保護者に対して督促が行われず、保護者は処罰されない。保護者が催促を受けない具体例としては、保護者が子供が学校に就学できるよう充分な便宜を図った上にもかかわらず、子供自身が登校しない場合などである(不登校。古くは「登校拒否」と呼ばれた)。このようなことについては、いじめ、校内暴力などの教育問題との関係もある。義務教育 フレッシュアイペディアより)

  • 母原病

    母原病から見た不登校不登校

    1979年、久徳の著書『母原病―母親が原因でふえる子どもの異常』(サンマーク出版 ISBN 4763182196)が日本でベストセラーになった。当時の日本では不登校(当時は「登校拒否」と呼ばれるのが一般的)の問題が起き始めていた。久徳は「登校拒否は母原病」(=児童の登校拒否は母親の接し方に原因がある)と主張し、多くの母親を「自分が悪いのだ」と自責の念に駆りたてた。現在ではその説はほとんど事実上の説得力を持たなくなっている。母原病 フレッシュアイペディアより)

  • 長期欠席

    長期欠席から見た不登校不登校

    長期欠席(ちょうきけっせき)とは、学校に在籍している児童・生徒等が、一定以上の日数を欠席することである。長欠(ちょうけつ)と略される。不登校の概念と関わりが深い。より長期にわたる場合や、予定の立つ欠席の場合は「休学」や「長期休学」と呼ぶこともある。長期欠席中の人が、学校に再び出席し始めることを、再登校、学校復帰、復学などと呼ぶ。長期欠席 フレッシュアイペディアより)

  • 戸塚ヨットスクール

    戸塚ヨットスクールから見た不登校不登校

    教育方針は校長の戸塚宏が提唱する「脳幹論」と称するものに基づいている。この「脳幹論」とは、「青少年の問題行動は、脳幹の機能低下により引き起こされる」という理論に基づき、「アトピーや喘息、出勤・登校拒否、引きこもり、癌なども、脳幹を鍛えることによって克服できる」と説くものである。しかし、医学や脳科学などに基づいた根拠や裏づけの存在は明らかでなく、また第三者による客観的・科学的な検証も不十分である。戸塚の支援者である石原慎太郎は、この理論はオーストリアの動物行動学者であるコンラート・ローレンツが唱えたものであるとしている。戸塚ヨットスクール フレッシュアイペディアより)

  • 少女ファイト

    少女ファイトから見た不登校不登校

    滋と違い放任されて育てられ、中学時代は(引きこもりとは反対の)出ずっぱりの不登校児だった。同級生や教師からは事あるごとに出来の良い兄と比較されるが、兄が家で強いられている苦労を知っておりその事で不満は抱いてはいない。部員の不真面目さに嫌気が差し3年生の時に中学校のバレーボール部を退部したが、地域のバレーボールサークルで引き続きバレーボールを続けており、サークルでは由良木龍馬に鍛えられる。学業が満足でなく高校の進学先が決まっていなかったが、三國智之の強い推薦もありバレー部を退部する滋に代わるセッター候補としてスポーツ特待生で黒曜谷高校へ入学する。少女ファイト フレッシュアイペディアより)

  • わたしたちの教科書

    わたしたちの教科書から見た不登校不登校

    喜里丘中学校で、生徒・藍沢明日香が校舎4階から転落、死亡した。不登校気味の明日香をかねてより気にかけていた臨時教師・加地耕平は、明日香の義母・弁護士の積木珠子とともに、明日香が執拗ないじめを受けていたことに気づく。いじめを苦にしての自殺ではないかとの疑念を抱いた二人は、明日香の無念を晴らすべく事件の真相を明らかにしようとするのだった。わたしたちの教科書 フレッシュアイペディアより)

  • 不動塾事件

    不動塾事件から見た不登校不登校

    埼玉県秩父郡吉田町(現、秩父市)の私塾「不動塾」は、不登校や障害を持つ15歳から25歳の青少年が親元を離れて集団生活しながら「自立を促す」ということを目的としていた。不動塾事件 フレッシュアイペディアより)

  • スクールカウンセラー

    スクールカウンセラーから見た不登校不登校

    児童・生徒・学生の不登校や、校内・学内での種々の問題行動などの対応に当たっては、専門的な心理学知識や心理援助知識が求められることがある。各教育機関において、そのような高度な専門的知識を有し、心理相談業務に従事する心理職専門家がスクールカウンセラー(SC)である。スクールカウンセラー フレッシュアイペディアより)

319件中 11 - 20件表示

「不登校」のニューストピックワード