397件中 21 - 30件表示
  • 母原病

    母原病から見た不登校不登校

    1979年、久徳の著書『母原病―母親が原因でふえる子どもの異常』(サンマーク出版 ISBN 4763182196)が日本でベストセラーになった。当時の日本では不登校(当時は「登校拒否」と呼ばれるのが一般的)の問題が起き始めていた。久徳は「登校拒否は母原病」(=児童の登校拒否は母親の接し方に原因がある)と主張し、多くの母親を「自分が悪いのだ」と自責の念に駆りたてた。現在ではその説はほとんど事実上の説得力を持たなくなっている。母原病 フレッシュアイペディアより)

  • こどものじかん

    こどものじかんから見た不登校不登校

    前クラス担任の教師・中村から事あるごとに自分の欠点を中傷されたことが元で、長らく登校拒否をしていたが、家まで訪れて熱心に呼び掛けた青木のことを信頼出来る教師として認め、彼に対し心を開くようになった。その翌日からは学校にも来るようになり、りん達を安心させた。登校拒否期間中もりん達が携帯電話のメールを通じて学校の様子を知らせていたため、その間学校で何があったのかはある程度把握していた。父・母・兄の4人家族で、かなりのお父さん子。母親は長男である兄の事ばかり優先しており、美々とは意思の齟齬がある。父親は単身赴任しているが、美々が小学5年生のころのクリスマスには家族の元へ姿を表している(ただし、この帰郷が本格的か一時的かは不明)。こどものじかん フレッシュアイペディアより)

  • 中学校

    中学校から見た不登校不登校

    そのあと一時期は、「夜間の授業はあくまで臨時の措置であり、学校教育法そのものが想定しているものではない」「学齢超過者は学校教育ではなく社会教育で学ぶべきである」という趣旨で、教育行政において縮小・廃止の検討がされ、1968年には校数21校・生徒数416人に減少した。これに対し夜間中学卒業生の高野雅夫などの教育活動家が、廃止反対・設置要求の運動や、証言映画の上映をするなどの熱心な支援をしたため、夜間中学校は息を吹き返し、現在までも存続している。近年は、日本国籍を有していない生徒や、元不登校の生徒も増えてきている。第二次世界大戦降伏後しばらく、特に1955年から10年間ほどは、学齢期の生徒も多く通学していたが、学齢期のこどもの不正な労働の防止を目的として、現在では、学齢超過者のみに通学が制限されている。中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 少女ファイト

    少女ファイトから見た不登校不登校

    滋と違い放任されて育てられ、中学時代は(引きこもりとは反対の)「出ずっぱり」の不登校児だった。同級生や教師からはことあるごとに出来の良い兄と比較されるが、兄が家で強いられている苦労を知っており、そのことで不満は抱いてはいない。部員の不真面目さに嫌気が差し、3年生のときに中学校のバレーボール部を退部したが、地域のバレーボールサークルで引き続きバレーボールを続けており、サークルでは由良木龍馬に鍛えられる。学業が満足でなく高校の進学先が決まっていなかったが、三國智之の強い推薦もありバレー部を退部する滋に代わるセッター候補としてスポーツ特待生で黒曜谷高校へ入学する。少女ファイト フレッシュアイペディアより)

  • 不動塾事件

    不動塾事件から見た不登校不登校

    埼玉県秩父郡吉田町(現、秩父市)の私塾「不動塾」は、不登校や障害を持つ15歳から25歳の青少年が親元を離れて集団生活しながら「自立を促す」ということを目的としていた。不動塾事件 フレッシュアイペディアより)

  • 児童相談所

    児童相談所から見た不登校不登校

    日本の占領下において、米国のChild Guidance Centerに範をとり、戦争孤児や浮浪児の救済など、児童の人権を護るために設立された行政組織であったが、日本経済の高度成長と共にこれらの児童の数は減少した。1960年代以降は不登校の問題などを主に扱っていたものの、1980年代以降の臨調行革路線の中で、行政ニーズが乏しいとして見直しの危機にさらされた。ここで、当時の厚生省が、日本ではほとんど問題にされていなかった児童虐待に着目、当時の厚生大臣が「児童虐待は殺人罪との境界領域」と国会で訴えて児童虐待防止法を立法化し、これを扱う行政機関としてこれを復活させ、厚労省は、政府機関リストラの動きの中で、児童相談所を年々予算が増大する成長分野とすることに成功した。児童相談所 フレッシュアイペディアより)

  • 3年B組金八先生

    3年B組金八先生から見た不登校不登校

    生徒の無気力、教師の権力、いじめ、不登校、保健室登校3年B組金八先生 フレッシュアイペディアより)

  • ホームスクーリング

    ホームスクーリングから見た不登校不登校

    文部科学省のホームページには学校教育法の規定により「義務教育を家庭で行うことを認めていない」と記載されており、従って、日本国内でこれを行う保護者は学校教育法に抵触する恐れがある。なお、ドイツなどとは違って義務教育期間の年齢である子供自身には就学義務はないため、保護者が就学可能であるよう環境等を十分に整えて準備したにもかかわらず子供の自由意思で不登校である場合は、法律上の義務に違反した扱いにはならない。ホームスクーリング フレッシュアイペディアより)

  • 戸塚ヨットスクール

    戸塚ヨットスクールから見た不登校不登校

    教育方針は校長の戸塚宏が提唱する「脳幹論」と称するものに基づいている。この「脳幹論」とは、「青少年の問題行動は、脳幹の機能低下により引き起こされる」という理論に基づき、「アトピーや喘息、出勤・登校拒否、引きこもり、癌なども、脳幹を鍛えることによって克服できる」と説くものである。しかし、それらの主張を裏付ける医学的根拠はなんら存在せず、また第三者による客観的・科学的な検証も不十分である。戸塚は、ヨットやウィンドサーフィンを通じて大自然の中で原始的な状況に直面せざるを得ない状況を作りだし、彼らに直面させることで脳幹に刺激を与え、戸塚が衰えたと考えるその機能を回復させるというもので、薬物やカウンセリング、周囲の思いやりというようなものだけでは治らない者もあり、教育荒廃は決して解決しないとの考えに基づく。戸塚の支援者である石原慎太郎は、この理論はオーストリアの動物行動学者であるコンラート・ローレンツが唱えたものであるとしている。戸塚ヨットスクール フレッシュアイペディアより)

  • 九州国際高等学園

    九州国際高等学園から見た不登校不登校

    不登校経験者でも対応できるよう、小中学校の復習も行っている。九州国際高等学園 フレッシュアイペディアより)

397件中 21 - 30件表示

「不登校」のニューストピックワード