319件中 21 - 30件表示
  • 家族心理学

    家族心理学から見た不登校不登校

    家族心理学(かぞくしんりがく)とは、家族関係を研究対象とする心理学である。三世代・四世代同居の拡大家族から夫婦と子の核家族への変化に伴う、現代家族の直面する問題に焦点を合わせる。例えば、子供の養育と巣立ちの問題、不登校、少年非行と思春期の子供の家庭内暴力、中年夫婦の心理的な家庭内離婚、離婚と子の監護などの問題が挙げられる。地縁や社縁などによる援助システムの減退から、家族の孤立化が進んでいる。家族心理学 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷志恩

    長谷志恩から見た不登校不登校

    9歳、登校拒否になる。やがて学校と母の相談の末、千葉県の施設に強制収容させられそうになり、バスの迎えが来るが、頑なに拒否。長谷志恩 フレッシュアイペディアより)

  • 淡路プラッツ

    淡路プラッツから見た不登校不登校

    淡路プラッツ(あわじぷらっつ)は、NPO法人が運営する 不登校者、引きこもり、ニートなどの生活支援、自立支援を目的とした施設である(フリースペース)。淡路プラッツ フレッシュアイペディアより)

  • 九州国際高等学園

    九州国際高等学園から見た不登校不登校

    不登校経験者でも対応できるよう、小中学校の復習も行っている。九州国際高等学園 フレッシュアイペディアより)

  • 不登校児

    不登校児から見た不登校不登校

    不登校児 フレッシュアイペディアより)

  • 義務教育改革案

    義務教育改革案から見た不登校不登校

    中学1年の時点で不登校など生徒指導上の問題が増加している義務教育改革案 フレッシュアイペディアより)

  • 小林正幸

    小林正幸から見た不登校不登校

    第一に、不登校を始め学校不適応に関する研究がある。この関連の研究も数多くなされており、森田洋司教授が代表となる現代教育研究会で、日本最初の不登校の予後調査研究(不登校に関する実態調査ー平成5年度不登校生徒追跡調査」2001)を行った。また、2002年度前後からは、教育委員会と連携して、不登校問題の未然防止、早期発見、早期対応により不登校児童・生徒を減少させる取り組みを精力的に展開した。この関連の主著、共著としては、「不登校はなぜ起きるのか-問題解決と予防の手がかり No.1」(東京学芸大学出版会)、「教師のための不登校サポートマニュアル―不登校ゼロへの挑戦 」(明治図書)、「事例に学ぶ不登校の子への援助の実際」(金子書房)、「不登校児の理解と援助―問題解決と予防のコツ」(金剛出版)、「学校でしかできない不登校支援と未然防止―個別支援シートを用いたサポートシステムの構築」(東洋館出版社)などがある。小林正幸 フレッシュアイペディアより)

  • 金藤晃一

    金藤晃一から見た不登校不登校

    現在、カウンセラーとして不登校やうつ病、拒食症、など多くの心病む人へのカウンセリングを行う。金藤晃一 フレッシュアイペディアより)

  • 小林美恵子

    小林美恵子から見た不登校不登校

    小学校時代に不登校になり、援助してくれた先生の影響で教師を目指す小林美恵子 フレッシュアイペディアより)

  • 個人内評価

    個人内評価から見た不登校不登校

    個人内評価(こじんないひょうか)は、生徒の成績評価のやり方の一つで、個人の成績をクラスの他の生徒、学生の出来や教師によって課された学習の到達目標など、生徒の外にあるいかなる尺度によっても図らない、純粋の本人の内でのみ成績を考えるという評価の手法。つまり、その生徒の前日、先週、先月の出来に対して、どう変わったかだけを評価するもので、その性格から「進歩の評価」ともいう。特に障害児教育などでは、学習の基準や尺度は、その個人のみに焦点を当ててみるしか手段がなく、こうした評価が採られる。また、不登校、引きこもりなどから立直って、登校してくるようになったばかりの生徒、転校などにより、教科書や授業の進度に違いのある子なども、こうした評価の視点を加味して評価することがある。個人内評価 フレッシュアイペディアより)

319件中 21 - 30件表示

「不登校」のニューストピックワード

  • トランプ氏と陣営による一切の措置の背景に関しては、臆測しない

  • 台湾問題は米中関係の中で常に最も重要で、最もデリケートな問題だ

  • Edyチャージ