397件中 51 - 60件表示
  • イマジン秘蹟

    イマジン秘蹟から見た不登校不登校

    車椅子の少女。不登校で、保健室登校ならぬ図書館登校をしていた2巻のメインキャラクター。読書家で、ハンス・ベルメールの球体関節人形に夢中である。かなりヤンデレの傾向が見られる。智弘とは恋人になる一歩手前の関係までになるが、2人の関係は客観的には問題があるように見えたためイマジンの光紗には「人でなしの恋」と言われたり、他の人間にも奇異の目で見られたり引いた態度をとられたりした。イマジン秘蹟 フレッシュアイペディアより)

  • 森田洋司

    森田洋司から見た不登校不登校

    名古屋市生まれ。1966年大阪市立大学文学部社会学科卒、70年同大学院博士課程満期退学。1993年「「不登校」現象の社会学」で大阪市大文学博士。愛知県立大学助教授、大阪市立大学助教授、教授、2004年定年退官、名誉教授、大阪樟蔭女子大学教授、2006-2010年学長。2010年学校法人樟蔭学園常任理事。森田洋司 フレッシュアイペディアより)

  • 小林美恵子

    小林美恵子から見た不登校不登校

    小学校時代に不登校になり、援助してくれた先生の影響で教師を目指す小林美恵子 フレッシュアイペディアより)

  • 山下英三郎

    山下英三郎から見た不登校不登校

    『虹を見るために―不登校児たちの伴走者として』(黎明書房、1989年)山下英三郎 フレッシュアイペディアより)

  • 琴葉とこ

    琴葉とこから見た不登校不登校

    不登校をテーマとした著者の自伝である『学校に行かなくなった日』によると、小学校1年から3年の終わりまでは京都の小学校に通っていた。小学校では男子のグループから「ブス」や「泣き虫」という罵声を浴びせられるなどのいじめを受け、小学校1年生から既に学校に登校することが苦痛であった。「この頃 私は学校が嫌いだった、この頃 私は私が嫌いだった」と本書で述懐している。いじめを行う男子のグループに対して定規で反撃し、負傷させたこともあったという。琴葉とこ フレッシュアイペディアより)

  • 愛と死の境界線

    愛と死の境界線から見た不登校不登校

    江木義彦の小5の娘・原田淳志の孫。父の義彦が愛人の古川みずると一緒にいたのを見たショックで不登校になる。愛と死の境界線 フレッシュアイペディアより)

  • ホームサイン

    ホームサインから見た不登校不登校

    ホームサインは手話と違い、文法が無い。単語数は50程度しかないと言われている。また、使用者固有のホームサインを知らなかったら、同じ聴覚障害者でも全く通じない。20?30年以上前の日本では、聾学校に行けずに孤立している聴覚障害者がいた。そのような人は農村部に多かった。さらに、戦前では全国各地にもっといた。そのため、現在日本の聴覚障害老人の中には、ホームサインのみの使用者がいる。なお、現在の若い世代で、学校にも行かずに孤立している聴覚障害者はいないとされる(不登校、引きこもりは除く)。ホームサイン フレッシュアイペディアより)

  • 大阪自由学院

    大阪自由学院から見た不登校不登校

    また不登校の生徒や、高校中退者など、様々な諸問題を抱える生徒のサポートも、音楽を通じ積極的に行う。大阪自由学院 フレッシュアイペディアより)

  • 長森修三

    長森修三から見た不登校不登校

    1995年、不登校・高校中退生を支援するサポート校・渋谷高等学院を開校し、10年で800人の卒業生を送り出す。長森修三 フレッシュアイペディアより)

  • 松浦善満

    松浦善満から見た不登校不登校

    いじめ国際調査、不登校、教師のメンタルヘルス、学級崩壊調査に取り組む。また、NHK教育トゥデイ出演、関西テレビ教育レポーター、特定非営利活動法人関西こども文化協会理事長、『季論21』編集委員等を務める。松浦善満 フレッシュアイペディアより)

397件中 51 - 60件表示

「不登校」のニューストピックワード