397件中 81 - 90件表示
  • 出欠

    出欠から見た不登校不登校

    長期欠席については、「不登校」を参照。出欠 フレッシュアイペディアより)

  • 旭川市立常盤中学校

    旭川市立常盤中学校から見た登校拒否不登校

    1978年6月に開設された病虚弱者学級『ときわ学級』と1985年4月に開設された情緒障害(登校拒否)学級が存在する。旭川市立常盤中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 田嶌誠一

    田嶌誠一から見た不登校不登校

    大学のゼミのスローガンは「こころはアマチュア、腕はプロ.補おう、腕の不足は体力で」。この目標に合致するため、ゼミ生は筋力トレーニングも欠かさない(同大教育学部パンフレットより)。また、不登校生徒などを対象としたボランティアの「居場所活動」をゼミ生の部屋で行っている。そのためゼミ生の部屋は漫画やテレビゲームソフトなどがかなり多く、ボランティア活動そのものは決まった時間枠で行われているものの、それ以外の時間には他ゼミの学生が多く居つくこととなっている。田嶌誠一 フレッシュアイペディアより)

  • 菰田幸宏

    菰田幸宏から見た不登校不登校

    物心ついた頃から原因不明・病名も不明の「歩行困難障害」を抱えており、障害者手帳2級の交付を受けている。DV、いじめ、不登校、パワハラ、自殺願望、自身の歩行困難障害を克服。特に歩行障害に関しては様々な心理療法を学び、現在も歩行距離をのばしている。「自分の足で歩くのをアキラメナイ!!」という思いを、伝える「アキラメナイカンパニー」代表。身体や心にハンディを持つ人、心の折れた人に向けて、勇気づける講演活動を実施する。33歳の時、車いすと杖を併用しながら渡米、NLP共同創始者、リチャード・バンドラー博士のトレーナーズトレーニングに参加、米国NLP協会認定トレーナー資格を取得。NLPのモデルにもなった天才催眠療法家であるミルトン・エリクソンは若い時期に自身のポリオによる麻痺を克服したことでも知られており、菰田幸宏は「21世紀のミルトン・エリクソン」と言える。2014年8月、名古屋駅前の遊歩道を杖なしで数十メートル歩いた動画が話題となり脚光を浴びる。菰田幸宏 フレッシュアイペディアより)

  • 教育相談

    教育相談から見た不登校不登校

    実際には、学業不振、非行、いじめや不登校などから受験まで、子どもや親の悩みや相談に応じることで、担任面談や三者面談などの機会を利用して行われる。教育的カウンセリングの訳語といわれることもあるが、カール・ロジャーズの来談者中心面談法でいうようなカウンセリングを念頭に置くと、教師は聞き役で、自分からああしたら、こうしたらといった提案はしないものであるが、学校現場での教育相談は、ケースによっては積極的に提案をせざるを得ないことも多く、「教育相談」という表現の方がより適切だろう。教育相談 フレッシュアイペディアより)

  • 小林正幸

    小林正幸から見た不登校不登校

    第一に、不登校を始め学校不適応に関する研究がある。、森田洋司教授が代表となる現代教育研究会で、(不登校に関する実態調査ー平成5年度不登校生徒追跡調査」2001)を行った。また、2002年度前後からは、教育委員会と連携して、不登校問題の未然防止、早期発見、早期対応により不登校児童・生徒を減少させる取り組みを精力的に展開した。この関連の主著、共著としては、「不登校はなぜ起きるのか-問題解決と予防の手がかり No.1」(東京学芸大学出版会)、「教師のための不登校サポートマニュアル―不登校ゼロへの挑戦 」(明治図書)、「事例に学ぶ不登校の子への援助の実際」(金子書房)、「不登校児の理解と援助―問題解決と予防のコツ」(金剛出版)、「学校でしかできない不登校支援と未然防止―個別支援シートを用いたサポートシステムの構築」(東洋館出版社)などがある。小林正幸 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺位

    渡辺位から見た不登校不登校

    日本医科大学卒。登校拒否問題の黎明期から、様々な子どもたちと接する中で、当初は「学校に行かれるようにしなければ」と考えていたが、「子どもが学校に行かないのはそれなりの理由がある」ということに気付き、登校拒否を「悪いこと」と考えるのではなく、子どもが様々な可能性を発展させていく契機となると主張するようになった、と語る。渡辺位 フレッシュアイペディアより)

  • 春の一族

    春の一族から見た登校拒否不登校

    東京本郷にある古い木造アパートに中井が引っ越して来た。一階には登校拒否の高校生が住み、二階には政治家の夫と離婚協議中の泰代、四国から出て来た幼なじみの二人の女子大生が住んでいた。それぞれ他人には干渉せずに暮らしていたが、中井は住人たちにしつこく関わろうとする。実は中井は女性問題で会社の金を使い込み、会社を懲戒免職になり妻子ともうまくいかずに岩手で再就職し、そこの仕事もなくなって東京へ戻ってきたのである。今までの自分の人生を後悔し、新しい自分の生活を始めようと考えていたのである。こうして、擬似的な夫と妻と娘と息子の生活が始まった。春の一族 フレッシュアイペディアより)

  • 恒心

    恒心から見た不登校不登校

    不登校問題やフリースクールの試みが行われた。学校を卒業しても社会に参加しないニート、引きこもりに陥る者が多く現れ、メディアで盛んに報道され、問題視されるようになった。これは、学校と実社会の間にギャップがあるという日本独特の問題が潜んでいるとされる。余りに学校社会に慣れた子供は、卒業しても社会に適応することが困難になると言われる。恒心 フレッシュアイペディアより)

  • 退却神経症

    退却神経症から見た不登校不登校

    退却神経症概念は日本においてその後の研究へ受け継がれており、樽味は内因性うつ病の対極に位置する概念として、退却神経症に類似したディスチミア親和型うつ病を提唱している。市橋は、これらの患者は内因性うつ病ではないが、症候学的には大うつ病性障害の操作的診断基準を満たすため、非うつ病性うつ病として、パーソナリティ障害の精神療法が有効であることを指摘している。牛島は、対人恐怖症、不登校、退却神経症、非精神病性のひきこもりは疾病論的にはDSMにおける社交不安障害から回避性パーソナリティ障害までの線上に位置するが、これらは精神力動的には自己愛性の障害であるという点で共通しており、空想的な理想と現実の自分との間の葛藤を共感的に取り扱うことが必要であると報告している。退却神経症 フレッシュアイペディアより)

397件中 81 - 90件表示

「不登校」のニューストピックワード