147件中 41 - 50件表示
  • 不登校

    不登校から見た注意欠陥・多動性障害

    注意欠陥・多動性障害(AD/HD)やアスペルガー症候群などの発達障害、さらには軽度の精神遅滞(知的障害)もまた、不登校に関係している場合がある。これらの疑われる場合もまた、医療機関、専門機関と相談することが望ましい。不登校 フレッシュアイペディアより)

  • 不登校

    不登校から見た自治体

    他の自治体の小・中学校へ転校する区域外就学は、居住する自治体と受け入れ先自治体の、それぞれの教育委員会の協議と合意が必要であるが、実際には、受け入れ先の教育委員会が承諾すれば可能である。不登校 フレッシュアイペディアより)

  • 不登校

    不登校から見たサポート校

    ただし、検定教科書は、教師による授業での使用を前提としているため、独学に用いる場合、教科書ガイドなどで解説を補う必要がある。また、サポート校が中等部などを設けていることもあるが、これは、同じサポート校の高等部への進学を前提としている場合もある。不登校 フレッシュアイペディアより)

  • 不登校

    不登校から見た学齢

    日本では明治初期に学制が施行され、学齢児童の就学が望ましいこととされた。この時期から徐々に、まったく学校に通わないのこどもの方が少数派となってくる。ただし、就学率は少しずつ上昇したものの、やはり貧困などにより就学できなかったり、途中で学校に通わなくなったりすることが多かった。終戦直後も、混乱により就学できない場合があり、学籍があっても登校できない場合が多かった。これに前後して、A.M.ジョンソンが1941年に論文にて「学校恐怖症」という言い方をした。不登校 フレッシュアイペディアより)

  • 不登校

    不登校から見た高等学校通信教育

    さらに、調査書(内申書)を必要としないか、調査書を重視しない高校も存在する。単位制高等学校、通信制高等学校、その他支援教育を行う普通学校などが、それである。これらは一般的に、無学年、無学級であり、登校日時も柔軟なため、不登校児童にとって比較的、登校しやすい。また、編入学や高認(後述)の単位認定も容易である。不登校 フレッシュアイペディアより)

  • 不登校

    不登校から見たホームスクーリング

    欧米においては、19世紀ごろになると義務教育制度が作られ、就学率が上昇していった。しかし日本と違って、家庭教育(ホームスクーリング)のみで育つ例もそれなりにあった(代表的な例ではトーマス・エジソンなど)。そのため、就学義務ではなく、教育義務を履行するという選択肢がある程度市民権を得ていた。現在は欧米でも、学校制度の発達により、日本ほどではないが、大多数の人が学齢期に学校に通っている。不登校 フレッシュアイペディアより)

  • 不登校

    不登校から見た義務教育

    欧米においては、19世紀ごろになると義務教育制度が作られ、就学率が上昇していった。しかし日本と違って、家庭教育(ホームスクーリング)のみで育つ例もそれなりにあった(代表的な例ではトーマス・エジソンなど)。そのため、就学義務ではなく、教育義務を履行するという選択肢がある程度市民権を得ていた。現在は欧米でも、学校制度の発達により、日本ほどではないが、大多数の人が学齢期に学校に通っている。不登校 フレッシュアイペディアより)

  • 不登校

    不登校から見た調査書 (進学と就職)

    加えて、文部科学省の通知により、現在では、調査書(内申書)の代わりに、自己申告書を用いることが可能となっている。また、教育支援センター(適応指導教室)やフリースクールなど学校外の施設への通所・入所や、自宅においてIT等を活用した学習活動を、要件付きで「出席」扱いとすることが、やはり文科省の通知で認められている。このような措置により、不登校児の入学できる高校の選択肢は、それ以前より広がっている。不登校 フレッシュアイペディアより)

  • 不登校

    不登校から見た保健室登校

    また教室に入れない児童生徒は保健室登校や、教育支援センター(適応指導教室)など学校以外(一部は学校内に設置されるものもある)の教育環境が提供され学習指導などが行われる。不登校 フレッシュアイペディアより)

  • 不登校

    不登校から見た過年度生

    学籍がなく、登校しない状態のこと。非就学者も参照。過年度生(受験浪人)や就学義務猶予免除対象者なども含まれる。不登校 フレッシュアイペディアより)

147件中 41 - 50件表示

「不登校」のニューストピックワード