147件中 61 - 70件表示
  • 不登校

    不登校から見た外国人学校

    外国人の子弟で、日本語能力の不足が不登校の原因となっている場合もある。例えば、日系人労働者の多い自治体では、日系人児童の不登校が問題化している。学校による日本語や基礎学力のケア、いじめ対策などが十分に期待できない事例では、ブラジル学校など、外国人学校への入学・編入学も検討される。不登校 フレッシュアイペディアより)

  • 不登校

    不登校から見た教会学校

    学校制度がない時代は、一生就学しないままの例が大多数だった。学校はあっても、貴族や富裕層など、一部の人しか通えなかった。日本では寺子屋など、欧米では日曜学校など、類似機関はあったが、現代の学校のようなタイプの施設ではなかった。不登校 フレッシュアイペディアより)

  • 不登校

    不登校から見た出席停止

    学籍がある人が、登校しない状態のこと。欠席・長期欠席も参照。休学や停学、出席停止なども含まれる。不登校 フレッシュアイペディアより)

  • 不登校

    不登校から見た短期大学

    高等学校卒業程度認定試験(高認)は、その取得により、高等学校を卒業しないまま、大学や短期大学、専門学校の受験が可能になる。しかし高認は、「高等学校を卒業した者と同等以上の学力があるかどうかを認定するための試験」であり、「高等学校卒業の資格」を与えるものではない。このため、就職の際に不利になるケースもあり得る。不登校 フレッシュアイペディアより)

  • 不登校

    不登校から見た外国人

    一方、日本国籍を持たない子女の場合、自動的には学籍を得られないので、そのまま就学せず、学校に行かないケースが見られる。古くから定住している在日韓国・朝鮮人などの場合は、一条校や民族学校に通う場合も多いが、日本に出稼ぎに来る外国人の場合、子女を学校に入れようとしないケースも多く、また地方公共団体によっては就学に積極的でない場合もある。こちらは、学齢期の外国人の非就学問題といわれるが、あまりマスメディアで取り上げられることはない。不登校 フレッシュアイペディアより)

  • 不登校

    不登校から見た学業不振

    理由としては、病気や停学などの物理的要因以外にも、いじめ、学業不振や浮きこぼれなどの教育問題や、家庭の貧困、学校価値の絶対的・相対的な低下に伴う魅力減少、いわゆる統合教育で世話係を無理矢理命じられた結果などがある。不登校 フレッシュアイペディアより)

  • 不登校

    不登校から見た越境通学

    新しい環境を求めて転校を希望する児童生徒もいる。公立学校の場合、いじめなど転校するだけの特別な事由があれば、教育委員会の裁量により、学区外または区域外の越境通学が認められている。不登校 フレッシュアイペディアより)

  • 不登校

    不登校から見た学習参考書

    学力面での対応では、保健室登校や、教育支援センター以外には、学習塾・予備校や、家庭教師、学習参考書・問題集などを活用し、心身に無理のない範囲で、出来るだけ基礎学力の遅れを取り戻す、または遅れを生じさせないことが望ましい。不登校 フレッシュアイペディアより)

  • 不登校

    不登校から見た専門家

    不登校(ふとうこう)は、学校に登校していない状態のことである。日本における「不登校」の語については、研究者、専門家、教育関係者らの間に全国的に統一した定義がなくきわめて多義的である。不登校 フレッシュアイペディアより)

  • 不登校

    不登校から見た年齢主義と課程主義

    また、日本の初中等教育の課程では年齢主義の影響が強いため、学齢を超過すると小学校・中学校に通うことが難しくなり(特に小学校)、高等学校も「全日制の課程」の場合は、年齢によっては入学しにくくなる。不登校 フレッシュアイペディアより)

147件中 61 - 70件表示

「不登校」のニューストピックワード