147件中 71 - 80件表示
  • 不登校

    不登校から見た虐待

    子どもへの虐待など、不登校が明らかに家庭に起因する場合には、原因となっている家庭環境を改善することが、解決の前提となる。その過程で、行政により、子どもを家庭から引き離す措置が採られることもある。不登校 フレッシュアイペディアより)

  • 不登校

    不登校から見た学校基本調査

    なお、「統計法」に基づく「学校基本調査」における「不登校」、および行政用語である「不登校児童生徒」については、不登校 (理由別長期欠席者数)の項目を参照のこと。また、在学者の不登校問題については、長期欠席の項目を、非在学者の不登校問題については、「不就学」の項目を参照のこと。不登校 フレッシュアイペディアより)

  • 不登校

    不登校から見た進学

    しかし高度経済成長期以降は就学率が100%に近くなった。それ以降の日本社会では、6歳ごろに就学し、15歳から25歳ごろに学校生活を終える例が多くなっている。多くの人は、就職するまでは長い期間登校し、就職と共に非就学になる(ただし、大学進学経験者の場合、高校卒業から大学入学までに1年以上の非在学期間があることは珍しくなく、これは過年度生(浪人)と呼ばれる)。しかし1990年代に入ると、就学率は高いままであるものの欠席率が高くなった。不登校 フレッシュアイペディアより)

  • 不登校

    不登校から見た心身医学

    うつ病、統合失調症、パニック障害などの精神疾患が不登校の原因となっているか、または不登校の過程で精神疾患を併発している場合がある。攻撃的な徴候のある言動をしている場合、精神疾患の疑いで、神経科や心療内科、精神科などへ、出来る限り速やかに通院、または入院させなければならない。不登校 フレッシュアイペディアより)

  • 不登校

    不登校から見た臨床心理士

    保護者の対応としては、不登校に詳しい臨床心理士、精神科医、学校や行政の担当者などと相談しつつ、専門的に解決していくことになる。不登校 フレッシュアイペディアより)

  • 不登校

    不登校から見た退学

    また高等学校の場合、義務教育でないため不登校が問題にされにくい。たとえば、中途退学という形で、学校からドロップアウトする例があるが、その後の生活にプラスになっていない例もある。不登校 フレッシュアイペディアより)

  • 不登校

    不登校から見た任意

    「不登校」とは、登校していないという意味であるが、「欠席」という用語が1日単位で用いられるのに対し、不登校という語は、ある任意(不特定)の時期について使われることが多い。不登校 フレッシュアイペディアより)

  • 不登校

    不登校から見た統計法

    なお、「統計法」に基づく「学校基本調査」における「不登校」、および行政用語である「不登校児童生徒」については、不登校 (理由別長期欠席者数)の項目を参照のこと。また、在学者の不登校問題については、長期欠席の項目を、非在学者の不登校問題については、「不就学」の項目を参照のこと。不登校 フレッシュアイペディアより)

  • 不登校

    不登校から見た通信教育

    ただしこれらは、学校の通学課程(全日制の課程・定時制の課程など)の場合で、通信制の課程においては、一ヶ月から一週間に一日程度の面接指導日(出席日)が設定されているような例が多く、日常的に登校する課程ではないので、長期的なものであって、かつ、二者択一とした「登校・欠席」の類型には、当てはめにくい。不登校 フレッシュアイペディアより)

  • 不登校

    不登校から見たステレオタイプ

    これらの結果は、「中流以上の豊かな家庭の子どもに起こる精神的な問題」という、不登校のステレオタイプに対して、見直しを迫るものである。不登校 フレッシュアイペディアより)

147件中 71 - 80件表示

「不登校」のニューストピックワード