前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
173件中 1 - 10件表示
  • サンデージャポン

    サンデージャポンから見た不祥事不祥事

    その週に報じられた芸能スキャンダルや不祥事、または、発生した事件や騒動に関わるとされる人物をスタジオに招く企画が挙げられる。サンデージャポン フレッシュアイペディアより)

  • 外郭団体

    外郭団体から見た不祥事不祥事

    なお、時代及び特定の業種並びに業態に限らず、「公務員退職」という口実を最大の武器にした、遍く官公庁(特に中央省庁)における不祥事の当事者に対するいわゆる隠れ蓑としても外郭団体が利用されている事実もある。社会保険庁が、その不祥事を行った当事者の多くは、その外郭団体に既に天下りしているか、完全に退職しているので、今更処罰の課しようがないことを認めている。後述の「主な外郭団体の例と関連する省庁・自治体」に列挙したほとんどの団体がこれに該当する。一部の者が(「経営者」ではなくあくまでも「理事」として)安定していながら高給を受け取り、役員でありながら賞与並びに労働基準法上での使用者ならぬ労働者扱いという待遇を受け続け、場合によってはそのまた更に、「職員の身分と待遇」にある再天下りによる退職金で、税金を随伴する非営利団体の財源から利益を得ている。外郭団体 フレッシュアイペディアより)

  • 内部告発

    内部告発から見た不祥事不祥事

    組織の不祥事やその隠ぺいは、この内部告発によって明らかになるケースが多い。内部告発 フレッシュアイペディアより)

  • 芸能人

    芸能人から見た不祥事不祥事

    お笑い芸人は性犯罪、傷害事件のスキャンダル芸能人 フレッシュアイペディアより)

  • 引退

    引退から見た不祥事不祥事

    政治家が引退する理由には高齢により後進に道を譲るものが多いが、自らの不祥事を認めた場合(例:堀江メール問題における永田寿康)や自分が所属する党や派閥に対して不満があったり、意見が食い違ったりした場合に責任を取って引退する議員もいる(例:「郵政解散」での中村正三郎)。また、極稀なケースとして、近藤剛のように政治家以外の重要な役職に就任し、政治家との兼任が難しい場合(近藤の場合は日本道路公団総裁に就任するため、参議院議員を辞職)もある。竹中平蔵のように自分を政界に勧誘した人間(竹中の場合は小泉純一郎)の退陣に伴って議員を引退する例もあるが、この場合は「投票した選挙民への背信ではないか?」と批判されることもある。引退 フレッシュアイペディアより)

  • 信用失墜

    信用失墜から見た不祥事不祥事

    信用失墜 フレッシュアイペディアより)

  • 保険料過徴収問題

    保険料過徴収問題から見た不祥事不祥事

    保険料過徴収問題(ほけんりょうかちょうしゅうもんだい)、保険料取りすぎ問題(ほけんりょうとりすぎもんだい)とは、数多くの損害保険会社において保険料を本来の額面よりも過剰に徴収していた事例が多数発覚した問題(不祥事)のことである。保険料過徴収問題 フレッシュアイペディアより)

  • 充て職

    充て職から見た不祥事不祥事

    首長の充て職は名誉職に近いものもあるが、本来の職務以外の充て職の行事ため時間を割かれたり、また法的・外見的に当該組織の代表者であるために、自発的に就任した職ではないにもかかわらず充て職先の不祥事により思わぬ損害賠償の責任がふりかかってくるといった弊害も指摘される。充て職 フレッシュアイペディアより)

  • ダカーポ (雑誌)

    ダカーポ (雑誌)から見た不祥事不祥事

    1981年11月創刊。創刊時のキャッチコピーは、「現代そのものが圧縮されているリトルマガジン」。誌面で取り上げるジャンルは、政治・経済・宗教・文学・サブカルチャーなどと幅広く、記事の内容は「〜研究」や「〜の噂検証」といったものが多い。スキャンダルを扱うこともあるため、『噂の眞相』や『サイゾー』などと比較されることもある。ダカーポ (雑誌) フレッシュアイペディアより)

  • YOUNG&FINE (漫画)

    YOUNG&FINE (漫画)から見た不祥事不祥事

    不祥事により甲子園に出場できなくなることを恐れ、ラグビー部員たちが酒盛りを行っている現場に乱入する。山本直樹の作品には、彼らのようなキャラクターがよく登場する。YOUNG&FINE (漫画) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
173件中 1 - 10件表示

「不祥事」のニューストピックワード