239件中 91 - 100件表示
  • 食の安全

    食の安全から見た不祥事不祥事

    このように定義されると、自然科学系の人間などは、つい《安心》を軽視してしまう傾向があるが、そのような態度・判断は間違っている。《安心》の問題が重要視されるのは、個々の人々は社会サービスに依存して暮らさざるをえない状態にあり、状態を自分でコントロールすることができず、全体状況を知ることも困難なためである。一連の不祥事によって不安が発生している。人々の安心を得るためには、システムが安全でなければならないことは言うまでもないが、それだけでは十分ではなく、関係者からシステムが安全である、との信頼が得られていなければならない。《安心》とは安全についての信頼感である。食の安全 フレッシュアイペディアより)

  • スクールカウンセラー

    スクールカウンセラーから見た不祥事不祥事

    他方、指導力不足教員の存在や、モラルの欠如した教職員による体罰、わいせつ行為、児童買春など、本来は児童・生徒・学生を守る立場の教職員が、逆に加害者となる事件・不祥事も断続的に報道されており、それにより児童・生徒・学生や保護者が教職員に対して不信感を抱いたり、心理的に不安定になったりする事例が散見されている。また、神戸連続児童殺傷事件、附属池田小事件、佐世保小6女児同級生殺害事件、中央大学教授刺殺事件、取手駅通り魔事件を始め、学校現場や通学路が巻き込まれたり、意図的に狙われたりする犯罪も発生しており、そのような緊急時には、児童・生徒・学生、保護者や教職員はもちろん、周辺地域住民も含めた事案関係者らが急性ストレス障害、PTSD、心身症などを発症することがあり、特に即応的で丁寧な心のケアが必要と指摘されている。スクールカウンセラー フレッシュアイペディアより)

  • いすゞのトラック

    いすゞのトラックから見た不祥事不祥事

    2005年?09年まで放送された中部日本放送制作の全国ネット番組「いすゞ お父さん・お母さんへの手紙(朝の歳時記の後枠)」ではCMだけでなく、作文の朗読のBGMにこの曲が流れていた。ただし番組開始当初の05年春にいすゞ自動車が不祥事を起こしたため、「いすゞ」の冠をはずして「お父さんお母さんへの手紙」として放送され、その期間は公共広告機構(現:ACジャパン)のCMに差し替えられた。いすゞのトラック フレッシュアイペディアより)

  • 代替番組

    代替番組から見た不祥事不祥事

    出演者やスポンサーの降板・不祥事代替番組 フレッシュアイペディアより)

  • 不謹慎ゲーム

    不謹慎ゲームから見た不祥事不祥事

    その後も、食品細菌混入事件や潜水艦衝突事故・ストーカー殺人・通り魔殺傷・小学校児童殺傷事件など、社会を騒然とさせる事件・事故・自然災害・芸能スキャンダルなどの発生に乗じて、これを面白半分に題材とした不謹慎ゲームは散発的に作成され、現在に至るまで繰り返し各種マスコミが報道・批判するところとなっている。だが、そのマスコミもまた不謹慎ゲームの題材とされており、不祥事・事件・災害の現場に踏み込み関係者の周囲に群がって取材し、時として倫理観の欠落したセンセーショナリズムに根ざした集団的過熱報道を繰り広げ、刺激的な映像を求めるワイドショーをはじめとするテレビ報道や写真週刊誌などのゴシップマスコミの報道姿勢を揶揄した、「事件をより過激に取材して、多くの被害者・目撃者の心情を踏みにじりPTSDを発症させるほど高得点」という内容の不謹慎ゲームが製作されたことがある。不謹慎ゲーム フレッシュアイペディアより)

  • 二木啓孝

    二木啓孝から見た不祥事不祥事

    「ああ言えばこう言う」を捩った「ああいえば上祐」という言葉の発案者とされている。保守系政党に対しては罵詈雑言の限りを尽くすが、ロス疑惑報道の際には、ワイドショーの過熱報道に釘を刺したこともある。他紙のように、三浦和義の事実無根の不祥事を書かなかった事から、三浦から一目置かれ、著書で名指しで「特筆すべきこと」とまで書かれたという逸話もある。二木啓孝 フレッシュアイペディアより)

  • みすず監査法人

    みすず監査法人から見た不祥事不祥事

    これらの相次ぐ不祥事に伴う信頼失墜により、多くの公認会計士や職員が退職するなど法人内で動揺が広がった。みすず監査法人 フレッシュアイペディアより)

  • 大倉ダム

    大倉ダムから見た不祥事不祥事

    この間、建設予定地の大沢村は、合併して宮城町になっていた。定義ダムの場合では水没戸数は10戸程度に限られ地元の犠牲も小規模であったが、大倉ダムの場合では大倉地区の中心が水没対象となり、58戸63世帯が水没することとなった。水没者はダム建設反対運動を起こしたが徹底せず、徐々に住民は立ち退きに応じた。ところが、補償交渉の当事者となった建設省大倉ダム建設事務所所長と住民側の右岸ダム建設反対期成同盟の会長が結託して、支払い額と実際に住民に渡される額とを違え、差額を着服するという事件が1958年(昭和33年)に発覚した。こうした不祥事もあり補償交渉は混乱したが、最終的には補償交渉は妥結した。大倉ダム フレッシュアイペディアより)

  • ガバナンス

    ガバナンスから見た不祥事不祥事

    近年では、企業統治のうえで不祥事の予防・対策との関係で問題とされる事例が増えており、この場合はコーポレート・ガバナンスと呼ばれる。ガバナンス フレッシュアイペディアより)

  • 味千ラーメン

    味千ラーメンから見た不祥事不祥事

    味千ラーメンは、自社のスープは店舗で豚骨と煮干しを煮込んで仕込んでおり、「軟骨素」という骨を強くする栄養が溶け出し「ラーメン一杯に牛乳5杯分のカルシウムが含まれている」と宣伝していた。また栄養成分は中国農業大学の分析結果としていた。2011年、メディアの調査報道により、スープは工場で生産した濃縮液であることが発覚、同時に栄養成分表示も虚偽であったことが暴露された。中国農業大学は、同社製品の分析を行った事実はなく、虚偽宣伝の停止と公開謝罪を要求した。中国メディアはこの事件を「骨湯門」(豚骨スキャンダル)として大々的に報道。「骨」は豚骨、「湯」はスープ、「門」はスキャンダルを意味する。8月、上海市政府当局は味千ラーメンを虚偽宣伝の容疑で調査し、11月、味千ラーメンに対し20万元の罰金の支払いを命じた。さらに、上海市品質技術管理局は、味千ラーメンが食品添加物を違法に使用していたとし、78万6600元の罰金を科していたことを明らかにした。味千ラーメン フレッシュアイペディアより)

239件中 91 - 100件表示

「不祥事」のニューストピックワード