239件中 51 - 60件表示
  • 街宣右翼

    街宣右翼から見た不祥事不祥事

    右翼本来の政治活動以外にも、社会活動として、不祥事を起こしたりテロ支援国家に対して何らかの支援をしている企業に対して抗議活動を行なう団体・個人もある。企業側が解決策として彼らに利益供与をおこなうことがあり、これが企業に対する恐喝事件として摘発されることがある。これをもって、街宣活動をする右翼とは、暴力団や総会屋の隠れ蓑に過ぎないという見方をされることもある。警察は、暴力団系の右翼団体を否定的ニュアンスで「右翼標榜暴力団」「似非(えせ)右翼」と表現している。その他に、偽装右翼とも営業右翼とも言う。なお、否定的ニュアンスを込めずに、単に暴力団系の右翼団体を指す場合、任侠系右翼という呼称が使われることが多い。任侠系右翼には稲川会系の大行社や日本皇民党・憂国清心同友会、 住吉会系の大日本朱光会、山口組系の司政会議、住吉会系の日本青年社があり、行動右翼と呼ばれる一方、国政選挙への出馬を行なったことがある。街宣右翼 フレッシュアイペディアより)

  • 薄熙来事件

    薄熙来事件から見た不祥事不祥事

    しかし、2012年2月に発生した側近のアメリカ領事館亡命未遂事件を端に発し、薄熙来に絡み、妻による英国人実業家殺害、一家の不正蓄財、マフィア撲滅運動における拷問問題、女性との不適切な交際などの薄熙来について数々のスキャンダルが報じられた。これによって、薄熙来は政治的に失脚した。薄熙来事件 フレッシュアイペディアより)

  • 会社ゴロ

    会社ゴロから見た不祥事不祥事

    会社ゴロ(かいしゃゴロ)とは、企業やその従業員の醜聞(スキャンダル)を口外しない代償(口止め料)などと称して、当該企業に対して金品の交付を要求する行為、あるいは、こうした行為を繰り返す者(ゴロツキ)を指す。企業ゴロとも言われている。会社ゴロ フレッシュアイペディアより)

  • ニューズ・インターナショナル電話盗聴スキャンダル

    ニューズ・インターナショナル電話盗聴スキャンダルから見た不祥事不祥事

    ニューズ・インターナショナル電話ハッキングスキャンダル(ニューズ・インターナショナルでんわハッキングスキャンダル、News International phone hacking scandal)は、ニューズ・コーポレーションの子会社であるイギリスの新聞社、ニューズ・インターナショナルによるハッキング行為、またそれに関連する一連の不祥事である。ニューズ・インターナショナルの複数の従業員はニュースの話題を求めて電話盗聴、警察の買収、不適切な影響力を行使した。ニューズ・インターナショナル電話盗聴スキャンダル フレッシュアイペディアより)

  • 週刊文春喫煙事件

    週刊文春喫煙事件から見た不祥事不祥事

    週刊文春喫煙事件(しゅうかんぶんしゅん きつえんじけん)とは、1985年(昭和60年)に日本の芸能界で発生した不祥事を指す。週刊文春喫煙事件 フレッシュアイペディアより)

  • ライズ・オブ・ザ・ドラゴン

    ライズ・オブ・ザ・ドラゴンから見た不祥事不祥事

    ロサンゼルス市長。ブレイドを警察から追放した張本人で、何かと因縁がある。娘の不祥事が明るみになることを恐れ、ブレイドに連続怪死事件の調査を内密に依頼する。ライズ・オブ・ザ・ドラゴン フレッシュアイペディアより)

  • カネボウ化粧品

    カネボウ化粧品から見た不祥事不祥事

    本件が不祥事として取り上げられる要因は、カネボウ化粧品側の最初の被害情報の認知時期が2011年10月頃であり、化粧品利用者の症状と化粧品との因果関係について医師から指摘された時期が2012年10月頃であったことなどから、企業内の情報共有やリスク対応の体制に不備があり、結果的に症状を訴える化粧品利用者への対応も大幅に遅れた点にあると指摘された。カネボウ化粧品 フレッシュアイペディアより)

  • 桜宮サーガ

    桜宮サーガから見た不祥事不祥事

    通称・マルショウ。キャリア官僚による不祥事をメディアの注目から外すために行われる会議。あらかじめ警察庁に一括して不祥事をストックし、ある省庁が不祥事を起こした際には、それ以外の省庁の不祥事をルーレットで決定し発表することで世間の注目から外すように仕向ける。ノーパンしゃぶしゃぶ事件にも開催された。桜宮サーガ フレッシュアイペディアより)

  • 末永直海

    末永直海から見た不祥事不祥事

    1987年に「桃の木舞」をペンネームとして『少年チャンピオン』で漫画を描いていた事がある。連載打ち切り後、ふとした会話がきっかけで小林よしのりの家に行くと、その日の内に「メシスタント」(飯を作るアシスタント)をやっており、よしりん企画初代秘書の座につく。「お前(末永)ほどのアホは初めて見たが、お前のアホはわし(小林)が観察する為にあるのだから、むやみに人前でアホを披露してはいけない」(『ゴーマニズム宣言』より)が採用理由の一つだと言う。主に『おぼっちゃまくん』と『ゴーマニズム宣言』初期を担当、『ゴーマニズム宣言』の単行本化や『異常天才図鑑』などを企画する(ゴーマニズム宣言の1,2巻では構成も担当していたが、3巻から当時の第二秘書の金森由利子が構成を担当した)。小林の作品内にもキャラクターとして登場し、これが名前と存在、愛称ピャーポを広く知られるきっかけになった。1994年、『噂の真相』(作中では、「噂の貧相」と表記)に悪意的なスキャンダルが書かれると知り、その事が小林の足を引っ張ってしまう事になるかもしれないと、睡眠薬がないと眠れないほどに気に病み、ついには退社に至った(小林はその後、『噂の真相』を徹底的に攻撃するが「相手の売り上げを伸ばすだけだった」と語る)。末永直海 フレッシュアイペディアより)

  • ホレイショ・アルジャー

    ホレイショ・アルジャーから見た不祥事不祥事

    アルジャーは晩年、マサチューセッツ州ネイティックに住む姉妹オーガスタと共に暮らしていた。彼女はヴィクトリア朝の厳格な雰囲気下でのスキャンダルを避けるため、アルジャーの個人的な資料を全て破棄している。ホレイショ・アルジャー フレッシュアイペディアより)

239件中 51 - 60件表示

「不祥事」のニューストピックワード