51件中 11 - 20件表示
  • 不祥事

    不祥事から見た賞味期限

    企業など社会的な団体がコンプライアンス違反とされる行為を行い、それが犯罪行為や不正行為(何処かしらに金銭が関わるものが主流)、重大事故、手抜き作業によって発生した商品の欠陥(およびそれにより発生した事故)として明るみになった際に不祥事として認識される。例えば食品品種や賞味期限などの不正表示、テレビ番組やラジオ番組の捏造などが挙げられる。不祥事 フレッシュアイペディアより)

  • 不祥事

    不祥事から見た道徳

    このように、「不祥事」という言葉は、官公庁や企業など大きな社会責務を負うべき(社会的な影響力がある程度以上に存在する)対象に対して使われるものであり、その中でもモラルの欠損など社会的に問題がある事由によって事件・事故に繋がった場合に用いられるものである。こうした組織が不祥事を防ぎ、法令遵守を前提に社会的責任を果たすことはステークホルダーや地域社会の持続可能性を向上させ、さらに世界の国・地域間の均衡ある発展を促進し、地球社会全体の持続的な繁栄につながるとの認識が広まり、CSRの概念が求められる背景となった。不祥事 フレッシュアイペディアより)

  • 不祥事

    不祥事から見たブランド

    自社のブランドに驕っている、または過去の成功体験、栄光にしがみついている。不祥事 フレッシュアイペディアより)

  • 不祥事

    不祥事から見た天下り

    上層部が親会社や筆頭株主、省庁からの天下り(下層部への丸投げ、責任転嫁)。不祥事 フレッシュアイペディアより)

  • 不祥事

    不祥事から見た東京商工リサーチ

    建築業界の多重下請け構造 - 2015年10月、旭化成建材などによる建設時の「くい打ち」データの偽装を受け、東京商工リサーチによるくい打ち業者の動向に関する調査結果が発表された。その中で、建築作業における業者の大半は元請ではなく、日本の業界特有の多重下請構造の中で2次や3次、4次の会社であり、資本力や発言力の強い売主や元請の意向に業況は大きな影響を受けやすいことが指摘された。不祥事 フレッシュアイペディアより)

  • 不祥事

    不祥事から見た日本郵政

    会社のOBや相談役などの発言力が強いままである(東芝、日本郵政などの事例)不祥事 フレッシュアイペディアより)

  • 不祥事

    不祥事から見た旭化成建材

    建築業界の多重下請け構造 - 2015年10月、旭化成建材などによる建設時の「くい打ち」データの偽装を受け、東京商工リサーチによるくい打ち業者の動向に関する調査結果が発表された。その中で、建築作業における業者の大半は元請ではなく、日本の業界特有の多重下請構造の中で2次や3次、4次の会社であり、資本力や発言力の強い売主や元請の意向に業況は大きな影響を受けやすいことが指摘された。不祥事 フレッシュアイペディアより)

  • 不祥事

    不祥事から見た大王製紙事件

    同族経営(創業者などによる独裁的な体質。創業家にものが言えない大王製紙事件などの事例)不祥事 フレッシュアイペディアより)

  • 不祥事

    不祥事から見た打ち切り

    著名人などが不祥事を起こした場合、その人は一定期間、活動の自粛を余儀なくされる。また、テレビやラジオの番組の顔となる司会者が不祥事を起こした場合や、番組収録中に重大事故が起きた場合などは、番組そのものが打ち切られる場合もある。なお、テレビ番組において、著名人の不祥事が起きた後、未放送分の収録で既にその著名人が出演してしまっている番組では、その収録分が放送される際、事件前の収録である旨を伝えるテロップが表示される(ただし、山本モナの2度目の不祥事に関してはテロップ表示がされなかった)。不祥事 フレッシュアイペディアより)

  • 不祥事

    不祥事から見たコマーシャルメッセージ

    企業・団体が重大な不祥事を起こした場合、その責任者が責任を取って辞職することが多く、また、証拠品押収などの目的で警察による家宅捜索が行われることもある。CMなどの宣伝活動やイベントなども一定の期間自粛される。日本の場合、不祥事を起こした企業のCMが流れるはずであった時間帯はACジャパンのCMなどに差し替えられる。不祥事を起こした企業や団体は、イメージチェンジや今後の方針などを人々に対して示し、信頼を回復することが生き残りのための課題となる。不祥事 フレッシュアイペディアより)

51件中 11 - 20件表示

「不祥事」のニューストピックワード