41件中 21 - 30件表示
  • 不祥事

    不祥事から見た努力

    どちらの場合も、一度失った信頼は中々取り戻せず、回復には相当の努力と時間を要し、今後の活動への大きな足枷となる。不祥事 フレッシュアイペディアより)

  • 不祥事

    不祥事から見た商品

    例として、犯罪行為や不正行為(何処かしらに金銭が関わるものが主流)、重大事故、手抜き作業によって発生した商品の欠陥(およびそれにより発生した事故)、食品品種や賞味期限などの不正表示、テレビ番組やラジオ番組の捏造などが挙げられる。不祥事 フレッシュアイペディアより)

  • 不祥事

    不祥事から見た家宅捜索

    企業・団体が重大な不祥事を起こした場合、その責任者が責任を取って辞職することが多く、また、証拠品押収などの目的で警察による家宅捜索が行われることもある。CMなどの宣伝活動やイベントなども一定の期間自粛される。日本の場合、不祥事を起こした企業のCMが流れるはずであった時間帯はACジャパンのCMなどに差し替えられる。そのような企業や団体は、イメージチェンジや今後の方針などを人々に対して示し、信頼を回復することが生き残りのための課題となる。不祥事 フレッシュアイペディアより)

  • 不祥事

    不祥事から見たスーパーインポーズ (映像編集)

    著名人などが不祥事を起こした場合、その人は一定期間、活動の自粛を余儀なくされる。また、テレビやラジオの番組の顔となる司会者が不祥事を起こした場合や、番組収録中に重大事故が起きた場合などは、番組そのものが打ち切られる場合もある。なお、テレビ番組において、著名人の不祥事が起きた後、未放送分の収録で既にその著名人が出演してしまっている番組では、その収録分が放送される際、事件前の収録である旨を伝えるテロップが表示される(ただし、山本モナの2度目の不祥事に関してはテロップ表示がされなかった。)。不祥事 フレッシュアイペディアより)

  • 不祥事

    不祥事から見た金銭

    例として、犯罪行為や不正行為(何処かしらに金銭が関わるものが主流)、重大事故、手抜き作業によって発生した商品の欠陥(およびそれにより発生した事故)、食品品種や賞味期限などの不正表示、テレビ番組やラジオ番組の捏造などが挙げられる。不祥事 フレッシュアイペディアより)

  • 不祥事

    不祥事から見た責任

    企業・団体が重大な不祥事を起こした場合、その責任者が責任を取って辞職することが多く、また、証拠品押収などの目的で警察による家宅捜索が行われることもある。CMなどの宣伝活動やイベントなども一定の期間自粛される。日本の場合、不祥事を起こした企業のCMが流れるはずであった時間帯はACジャパンのCMなどに差し替えられる。そのような企業や団体は、イメージチェンジや今後の方針などを人々に対して示し、信頼を回復することが生き残りのための課題となる。不祥事 フレッシュアイペディアより)

  • 不祥事

    不祥事から見た炎上 (ネット用語)

    これらの事から、ネット社会(情報化社会)の現代では信頼回復は昔に比べて容易なものではないという意見もある。(炎上 \(ネット用語\)も参照)不祥事 フレッシュアイペディアより)

  • 不祥事

    不祥事から見たモラル

    このように、「不祥事」という言葉は、大きな社会責務を負わなければならない(社会的な影響力がある程度以上に存在する)対象に対して使われるものであり、その中でもモラルの欠損など社会的に問題がある事由によって事件・事故に繋がった場合に用いられるものである。不祥事 フレッシュアイペディアより)

  • 不祥事

    不祥事から見た

    著名人について巷で伝聞される興味本位の噂話は、本来「ゴシップ(gossip)」と呼ばれるものだが、こちらも「スキャンダル」と一まとめにされることが多い。不祥事 フレッシュアイペディアより)

  • 不祥事

    不祥事から見た警察

    企業・団体が重大な不祥事を起こした場合、その責任者が責任を取って辞職することが多く、また、証拠品押収などの目的で警察による家宅捜索が行われることもある。CMなどの宣伝活動やイベントなども一定の期間自粛される。日本の場合、不祥事を起こした企業のCMが流れるはずであった時間帯はACジャパンのCMなどに差し替えられる。そのような企業や団体は、イメージチェンジや今後の方針などを人々に対して示し、信頼を回復することが生き残りのための課題となる。不祥事 フレッシュアイペディアより)

41件中 21 - 30件表示

「不祥事」のニューストピックワード