51件中 41 - 50件表示
  • 不祥事

    不祥事から見た団体

    不祥事(ふしょうじ)とは、一定の社会的な地位を持つ個人または団体などが起こした、社会的な信頼を失なわせるような出来事である。主に今日のマスメディアにおいて用いられる単語である。醜聞(しゅうぶん)、スキャンダル(英: Scandal)などとも言う。不祥事 フレッシュアイペディアより)

  • 不祥事

    不祥事から見た独裁政治

    同族経営(創業者などによる独裁的な体質。創業家にものが言えない大王製紙事件などの事例)不祥事 フレッシュアイペディアより)

  • 不祥事

    不祥事から見た電子掲示板

    インターネットの各掲示板で不祥事を起こした企業・団体・人物に対して利用者たちから厳しく批判される事が多い。過去に大きな不祥事を起こした企業・団体・人物が再び不祥事を起こした場合、たとえそれが小さな不祥事でも強い批判を受ける傾向がある。また不祥事の起きた特定の企業を糾弾するためのホームページを開設する者もいる。不祥事 フレッシュアイペディアより)

  • 不祥事

    不祥事から見たマスメディア

    不祥事(ふしょうじ)とは、一定の社会的な地位を持つ個人または団体などが起こした、社会的な信頼を失なわせるような出来事である。主に今日のマスメディアにおいて用いられる単語である。醜聞(しゅうぶん)、スキャンダル(英: Scandal)などとも言う。不祥事 フレッシュアイペディアより)

  • 不祥事

    不祥事から見た建築

    建築業界の多重下請け構造 - 2015年10月、旭化成建材などによる建設時の「くい打ち」データの偽装を受け、東京商工リサーチによるくい打ち業者の動向に関する調査結果が発表された。その中で、建築作業における業者の大半は元請ではなく、日本の業界特有の多重下請構造の中で2次や3次、4次の会社であり、資本力や発言力の強い売主や元請の意向に業況は大きな影響を受けやすいことが指摘された。不祥事 フレッシュアイペディアより)

  • 不祥事

    不祥事から見た信頼

    どちらの場合も、一度失った信頼は中々取り戻せず、回復には相当の努力と時間を要し、今後の活動への大きな足枷となる。不祥事 フレッシュアイペディアより)

  • 不祥事

    不祥事から見た事故

    企業など社会的な団体がコンプライアンス違反とされる行為を行い、それが犯罪行為や不正行為(何処かしらに金銭が関わるものが主流)、重大事故、手抜き作業によって発生した商品の欠陥(およびそれにより発生した事故)として明るみになった際に不祥事として認識される。例えば食品品種や賞味期限などの不正表示、テレビ番組やラジオ番組の捏造などが挙げられる。不祥事 フレッシュアイペディアより)

  • 不祥事

    不祥事から見た個人

    不祥事(ふしょうじ)とは、一定の社会的な地位を持つ個人または団体などが起こした、社会的な信頼を失なわせるような出来事である。主に今日のマスメディアにおいて用いられる単語である。醜聞(しゅうぶん)、スキャンダル(英: Scandal)などとも言う。不祥事 フレッシュアイペディアより)

  • 不祥事

    不祥事から見た欠陥

    企業など社会的な団体がコンプライアンス違反とされる行為を行い、それが犯罪行為や不正行為(何処かしらに金銭が関わるものが主流)、重大事故、手抜き作業によって発生した商品の欠陥(およびそれにより発生した事故)として明るみになった際に不祥事として認識される。例えば食品品種や賞味期限などの不正表示、テレビ番組やラジオ番組の捏造などが挙げられる。不祥事 フレッシュアイペディアより)

  • 不祥事

    不祥事から見たガバナンス

    原因として適切なガバナンスや教育の欠如などが挙げられる。なお、無名の個人による犯罪・事故・不正行為などは、通例、「不祥事」とは言われない。ただし、その個人が職務中に起こした犯罪・事故・不正行為の場合、その人の所属する企業・団体などの不祥事となることがある。不祥事 フレッシュアイペディアより)

51件中 41 - 50件表示

「不祥事」のニューストピックワード