前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
156件中 1 - 10件表示
  • 麻生内閣

    麻生内閣から見た与謝野馨与謝野馨

    2008年(平成20年)9月25日の閣議では内閣法第9条にもとづき、首相に事故があった場合の臨時代理就任順位を内閣官房長官河村建夫、内閣府特命担当大臣与謝野馨、総務大臣鳩山邦夫、財務大臣中川昭一、内閣府特命担当大臣甘利明、とすることを決定した。また、同日の閣僚懇談会では行財政改革の一環として、歴代内閣と同様に閣僚給与の1割を国庫に返納することを申し合わせた。麻生内閣 フレッシュアイペディアより)

  • 上げ潮派

    上げ潮派から見た与謝野馨与謝野馨

    2006年、小泉政権の下、内閣府特命担当大臣(金融・経済財政政策担当)与謝野馨を中心とする経済財政諮問会議は、『「歳出・歳入一体改革」中間とりまとめ』と『経済財政運営と構造改革に関する基本方針2006』を発表した。これらの文書では、2011年度までの基礎的財政収支(プライマリーバランス)の黒字化を目標として掲げており、歳出・歳入の一体改革が提唱された。上げ潮派 フレッシュアイペディアより)

  • 麻生おろし

    麻生おろしから見た与謝野馨与謝野馨

    7月16日、反麻生勢力は署名128人を上回る133人を集めたと発表。署名した人物には与謝野馨財務大臣や石破茂農林水産大臣といった衆議院解散の閣議決定に必要な国務大臣2人も含まれていた。麻生おろし フレッシュアイペディアより)

  • 石破茂

    石破茂から見た与謝野馨与謝野馨

    2008年、麻生内閣で農林水産大臣に任命される。農林水産大臣は松岡利勝(自殺)、赤城徳彦(辞任)、遠藤武彦(辞任)、太田誠一(辞任)ら前任者の多くが不祥事に見舞われていたが、石破は特に目立った不祥事を起こさず、約1年間、農林水産大臣を務めた。しかし総選挙が近づくと、閣内にありながら与謝野馨財務大臣らとともに麻生おろしに加担し、退陣要求を行った。石破茂 フレッシュアイペディアより)

  • 美しい国

    美しい国から見た与謝野馨与謝野馨

    第1次安倍内閣 (改造)にて内閣官房長官を務めた与謝野馨によれば、第43回衆議院議員総選挙にて与謝野が掲げたマニフェストのタイトルに「美しい国」の概念が含まれていることから、「『美しい国』というのを最初に使った」のは与謝野であると自ら指摘している。美しい国 フレッシュアイペディアより)

  • 与謝野論文

    与謝野論文から見た与謝野馨与謝野馨

    与謝野論文(よさのろんぶん)とは、衆議院議員である与謝野馨が執筆した論文。下記2つの内、いずれかを指すことが多い。与謝野論文 フレッシュアイペディアより)

  • 正しいことを考え実行する会

    正しいことを考え実行する会から見た与謝野馨与謝野馨

    自由民主党に所属する国会議員らが参加しており、派閥横断型の勉強会である。園田博之や小坂憲次らを中心に2007年8月に結成された。いったん活動を停止していたが、2008年2月より与謝野馨らも加わり活動を再開した。正しいことを考え実行する会 フレッシュアイペディアより)

  • 第22回参議院議員通常選挙

    第22回参議院議員通常選挙から見た与謝野馨与謝野馨

    たちあがれ日本は「郵政民営化」に反対した事で自民党を離党した平沼赳夫が代表となり、これに元財務大臣の与謝野馨らが自民党を離党して加わり、5人の国会議員を確保して「政党」となった。また、東京都知事の石原慎太郎がこれとは別に発起人・応援団長として加わっている。10議席以上の確保を目標にしている。しかし郵政民営化については、「100%民営化」を前提としつつ、全国どこでも公平に利用できる制度設計をすると公約に掲げた。第22回参議院議員通常選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の経済

    2011年の経済から見た与謝野馨与謝野馨

    経済財政・社会保障・税一体改革担当相には、前たちあがれ日本共同代表の与謝野馨を登用。一方、前任の海江田万里は経済産業相に横滑りで就任。また、野田佳彦財務相、自見庄三郎郵政改革・金融担当相は留任。2011年の経済 フレッシュアイペディアより)

  • 東京都第1区 (中選挙区)

    東京都第1区 (中選挙区)から見た与謝野馨与謝野馨

    この中、都心のドーナツ化現象によって選挙区内の人口、特に労働者の有権者が減少し、全体の年齢が高齢化した事は、同区での投票行動を保守化し、自民党に有利、社会党に不利に働くと分析された。自民党は第34回総選挙で新人の与謝野馨と大塚雄司が当選し、分区後初めて2議席を得た。続く1979年の第35回総選挙では与謝野が落選したが、1980年の第36回総選挙では再び2人当選に成功し、以後は共に当選を重ねた。一方、伝統の東京1区の議席を守りたい社会党は第35回総選挙で飛鳥田一雄委員長を同区から立候補させトップ当選に成功したが、次の第36回総選挙では第24回総選挙の片山哲以来、史上2人目の同党委員長落選の危機が迫り、107人が当選した同党の候補で最後に当選確実が伝えられるほどの辛勝だった。1983年に飛鳥田が委員長を辞任して議員引退も表明すると、同年の第37回総選挙で社会党は佐々木秀典を擁立したが落選し、議席を再び失った。1990年の第39回総選挙で「マドンナ旋風」に乗る社会党は鈴木喜久子をトップ当選させ、7年ぶりに議席を得たが、同党が惨敗した1993年の第40回総選挙では落選した。東京都第1区 (中選挙区) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
156件中 1 - 10件表示

「与謝野馨」のニューストピックワード