156件中 111 - 120件表示
  • 田中眞紀子

    田中眞紀子から見た与謝野馨与謝野馨

    「ヅラ被ったおっさん」:与謝野馨を指して。田中眞紀子 フレッシュアイペディアより)

  • 尾辻秀久

    尾辻秀久から見た与謝野馨与謝野馨

    2010年3月11日、与謝野馨が会長を務める自民党の「安心社会研究会」の初会合で、「いい加減にしろ!バカ者!いやいやいや、言わにゃいかん!いやいや、絶対に言わにゃいかんよ、こいつには!いい加減にしろ!こんなやつ、絶対に許さんからな!」などと、講師の吉川洋東京大学教授や止めに入った与謝野らを怒鳴りつけた。尾辻秀久 フレッシュアイペディアより)

  • 林芳正

    林芳正から見た与謝野馨与謝野馨

    2008年8月、福田康夫改造内閣で防衛大臣に就任し初入閣を果たしたが、福田康夫首相の突然の辞任に伴い、1ヶ月あまりで退任した。2009年7月には、麻生内閣で内閣府特命担当大臣(経済財政政策)に就任。これは、中川昭一の辞任により財務大臣、内閣府特命担当大臣(金融)、内閣府特命担当大臣(経済財政政策)を兼務していた与謝野馨の兼任を解くために行われた補充人事(同時に、鳩山邦夫の辞任により総務大臣、国家公安委員会委員長を兼務していた佐藤勉の兼任を解くために、林幹雄が入閣した)。2009年8月、第45回衆議院議員総選挙での自民党惨敗、野党転落に伴う麻生内閣総辞職により、内閣府特命担当大臣(経済財政政策)を退任した。林芳正 フレッシュアイペディアより)

  • 自社さ連立政権

    自社さ連立政権から見た与謝野馨与謝野馨

    自民党は、社会党の8党派連立政権離脱直後から、前幹事長の梶山静六を中心とした「参謀本部」のもとで、佐藤孝行、野中広務、亀井静香、与謝野馨、白川勝彦らが水面下で社会党工作を開始。また自民党は自社連立政権樹立後の政権運営を想定して、村山首相を誕生させるための自社有志による勉強会を開き、「リベラル政権を創る会」と「憲法問題研究会」というふたつのグループを作った。ここでの政策研究が自社さ連立の政権政策の基礎となるとともに、首班指名選挙における村山首班側の基礎票となった。自社さ連立政権 フレッシュアイペディアより)

  • コンピュータ囲碁

    コンピュータ囲碁から見た与謝野馨与謝野馨

    2014年2月11日に、コンピュータ将棋と人間が対局する棋戦「将棋電王戦」を主催するドワンゴが、囲碁版となる「囲碁電王戦」を電気通信大学の後援で開催した。同時期に開催されていた将棋電王戦が人間とAIの真剣勝負としての性格を持っていたのに対し、この時期におけるプロ棋士と囲碁AIには歴然とした実力差があり、イベントはエキシビジョン的な要素が強かった。張豊猷八段と平田智也三段がZenを相手に9路盤でそれぞれ黒と白を1局ずつ持ち、合計4局が互先先番コミ6目半、持ち時間20分・秒読み30秒で打たれ、人間側の4戦4勝となった。Zenの開発者である加藤英樹は「プロ棋士にもミスがあったが、チャンスを生かすことができなかった。これまではコンピューターが打つ手の意外性で人間と戦ってきたが、研究を重ねられて通用しなくなってきたようだ。ソフトに改良を加え、来年こそは勝ちたい」と語り、張は「コンピューターの打ち方を学んでいたからこそ勝てたが、小さい碁盤ではプロとコンピューターは、ほとんど互角だと思う」と感想を話した。また、第1回電王戦では世界アマチュア囲碁選手権戦 日本代表決定戦連覇の実績を持つ江村棋弘とZenの13路盤対決、政界きっての打ち手とされる小沢一郎アマ6段とZenの19路盤対決も行われており、13路盤対決は白黒を入れ替えて2局行われたがいずれも江村の勝利、1局のみ行われた19路盤対決ではZenの勝利となっている。Zen開発チームの代表・加藤英樹は「小沢さんとの一戦では、厳しい手を選ぶことが多いZenが(人間のように)囲い合っていたのは新たな発見。19路でプロと互角に戦うのは大変だが、9路では10年程度で追いつきたい」と話した。同年7月26日、ニコニコ囲碁サークルにおいて、小沢一郎同様政界の強豪である与謝野馨アマ7段とZenの対局が行われ、Zenが勝利している。コンピュータ囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 日本原子力発電

    日本原子力発電から見た与謝野馨与謝野馨

    与謝野馨(政治家) - 中曽根康弘の紹介で日本原電に勤務日本原子力発電 フレッシュアイペディアより)

  • 村山内閣

    村山内閣から見た与謝野馨与謝野馨

    与謝野馨(衆、自由民主党 渡辺派)村山内閣 フレッシュアイペディアより)

  • 与謝野晶子

    与謝野晶子から見た与謝野馨与謝野馨

    財務大臣、金融担当大臣、経済財政政策担当大臣などを歴任した与謝野馨は晶子の孫にあたる。馨が3歳の時、祖母・晶子が死去している。初めて衆議院議員選挙で落選し、浪人生活を送っているときに、祖母の詩集『みだれ髪』を復刻した。与謝野晶子 フレッシュアイペディアより)

  • 鹿野道彦

    鹿野道彦から見た与謝野馨与謝野馨

    山形県山形市生まれ。山形大学附属小学校、山形大学附属中学校、山形県立山形東高等学校を経て学習院大学政治経済学部政治学科卒業。その後、父である衆議院議員鹿野彦吉の秘書となる。父・彦吉は1972年の第33回衆議院議員総選挙での落選を受けて政界引退した。次の第34回衆議院議員総選挙に後継として旧山形1区から自由民主党公認で出馬し、初当選した(当選同期に愛知和男・中村喜四郎・鳩山邦夫・中島衛・西田司・池田行彦・堀内光雄・相澤英之・津島雄二・塚原俊平・中西啓介・与謝野馨・渡辺秀央・中川秀直・甘利正など)。当選後は福田赳夫率いる清和会(現・清和政策研究会)に入会。1980年の第2次大平内閣不信任決議案採決では反主流派として他の福田派の議員と共に本会議を欠席、ハプニング解散の一因となった。鹿野道彦 フレッシュアイペディアより)

  • 藤井裕久

    藤井裕久から見た与謝野馨与謝野馨

    東京大学2年までは、東大野球部で捕手を務めた。法学部進学と同時に退部。与謝野馨とは野球部の先輩後輩の仲である。藤井裕久 フレッシュアイペディアより)

156件中 111 - 120件表示

「与謝野馨」のニューストピックワード