156件中 121 - 130件表示
  • 森まさこ

    森まさこから見た与謝野馨与謝野馨

    2006年、佐藤栄佐久の辞職に伴う福島県知事選挙に自由民主党・公明党・新党日本の推薦を受けて無所属で出馬したが、民主党が擁立した前参議院議員の佐藤雄平に敗れた。翌2007年、第21回参議院議員通常選挙に自民党公認で福島県選挙区から出馬し、初当選。当選直後の2007年自由民主党総裁選挙では福田康夫を支持し、半年後に福田が所属する町村派へ入会した。2008年自由民主党総裁選挙では与謝野馨、2009年自由民主党総裁選挙では谷垣禎一の推薦人名簿にそれぞれ名を連ねた。森まさこ フレッシュアイペディアより)

  • 白眞勲

    白眞勲から見た与謝野馨与謝野馨

    第22回参議院議員通常選挙が公示された2010年6月24日、新宿駅小田急百貨店前に於けるたちあがれ日本の街頭演説開始数分後、白眞勲陣営の宣伝カーが100メートルも離れていない京王百貨店前位置に止まり、演説を始めたため演説を終えた与謝野馨から「公党間の約束で決めた場所に勝手に入ってくるな」と抗議を受けた。白陣営の民主党・末松義規衆院議員は「公道でやって何が悪い。(聴衆の)動員をかけているのに、どけと言うのか」といい拒否。末松義規はこれに抗議した与謝野の胸ぐらを掴むなどし激しい口論に発展した。また、白陣営は同席していた石原慎太郎都知事が地方参政権付与に反対の演説をすると大声で抗議をおこない、石原は「うるせえな、お前ら。どこの何人だ。日本人ならルールを守れ」と激怒した。たちあがれ日本比例代表の中畑清は「アスリートとして、モラルのない行動は許せない。腹が立ちました!」と批判した。白眞勲陣営の選挙対策本部長を務める末松義規は、「(たちあがれ日本の)代表の演説が終わるまでは待ったが、我々も支持者を待たせていたので、仕方なく演説を始めた。私も長年選挙戦を戦っているが、最初と最後は乱立する。演説をやっているところであとから始めるのは何度もあった」と反論している(実際には日本共産党・たちあがれ日本・公明党の順で街頭演説をすることになっていた)。白眞勲 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪経済大学

    大阪経済大学から見た与謝野馨与謝野馨

    創立70周年記念事業の講演会やシンポジウムには政財界などから海部俊樹、細川護熙、与謝野馨、岡田克也、亀井静香、藤井裕久、小池百合子、田村元、太田房江、磯村隆文、福井俊彦、中村邦夫、山本卓眞、宮内義彦、北尾吉孝、鶴田卓彦、奥田務、渡辺捷昭、塙義一、大竹美喜、角川歴彦、樋口廣太郎、堀威夫、土田正顕、巽悟朗、辻晴雄、歌田勝弘、佐藤光夫、福川伸次、寺澤芳男、奥山章雄、アマルティア・セン、ジェラルド・カーティス、岸本忠三、江崎玲於奈、奥島孝康、小室直樹、五木寛之、米長邦雄、小林秀雄、平岡英信、福島敦子など多くの各界の著名人、総勢約120名の方々を招いて開催され、約1,000人収容可能な大阪経済大フレアホールは連日満員で会場に入りきらないほどの来場者となった。この講演の内容の一部をまとめた本「21世紀の日本を拓く」が日本経済新聞社から出版され、講演の模様の一部がテレビ大阪で放送された。大阪経済大学 フレッシュアイペディアより)

  • 東京都第1区

    東京都第1区から見た与謝野馨与謝野馨

    1996年以降、与謝野馨(自由民主党)と海江田万里(民主党)が激しい選挙戦を繰り広げてきた。2000年の総選挙では2,500票余り、2003年の総選挙では1,500票ほどの得票差の大接戦だった。そのほかの年でも2005年以外は1万票差前後の大激戦となっている。与謝野と海江田は本選挙区で5回戦った。1996年には海江田万里が、2003年と2009年には与謝野馨がそれぞれ比例復活当選している。2003年の総選挙から連続立候補している又吉光雄(世界経済共同体党)の選挙公報や選挙ポスターの過激な文面で注目を浴びた。2009年は更に泡沫候補等が乱立し、全選挙区最多の9候補が出馬した。東京都第1区 フレッシュアイペディアより)

  • 蓮舫

    蓮舫から見た与謝野馨与謝野馨

    与謝野馨も自由民主党党員時代の2010年1月に出版した『民主党が日本経済を破壊する』にて「中国の文化大革命の際の紅衛兵と二重写しにしか見えなかった」と民主党の事業仕分けを批判していたが、無所属議員として民主党政権参加後に自由民主党の山本一太議員からこの発言について問われた際には「本は面白く書かないと読んでもらえない」と回答している。蓮舫 フレッシュアイペディアより)

  • 野田毅

    野田毅から見た与謝野馨与謝野馨

    2007年9月、安倍晋三総裁の辞任に伴って実施された自民党総裁選挙では福田康夫を支持し、推薦人に名を連ねる。翌2008年自由民主党総裁選挙では、与謝野馨の推薦人代表を務めた。野田毅 フレッシュアイペディアより)

  • 都民ファーストの会

    都民ファーストの会から見た与謝野馨与謝野馨

    2017年2月5日に投開票された千代田区長選挙が都民ファーストの初選挙となった。千代田区は小池や元知事の猪瀬直樹が「都議会のドン」と呼んで批判する自民党の内田茂都議の地元で、マスメディアは「小池と内田の代理戦争」と大々的に取り上げた。小池が応援した現職の石川雅己が与謝野馨の甥で自民党が推薦する与謝野信らを大差で下した。選挙後、内田は次期都議選に不出馬と政界引退を宣言する。都民ファーストの会 フレッシュアイペディアより)

  • 5月24日

    5月24日から見た与謝野馨与謝野馨

    2017年 - 与謝野馨、政治家(* 1938年)5月24日 フレッシュアイペディアより)

  • 重複立候補制度

    重複立候補制度から見た与謝野馨与謝野馨

    2011年の菅第2次改造内閣では、東京1区の議席を争った民主党の海江田万里(選挙区当選)と自民党を離党した与謝野馨(比例復活当選)がともに大臣として入閣した。重複立候補制度 フレッシュアイペディアより)

  • 大塚雄司

    大塚雄司から見た与謝野馨与謝野馨

    なお旧東京1区は定数が3議席になった第31回衆議院議員総選挙以降3度、自民が1、非自民(革新系)が2議席を獲得する構図が続いていたが、大塚が初めて衆院議員に当選したこの選挙では、保守系無所属の麻生良方、自民党新人の与謝野馨、大塚の保守系候補が3議席を独占し、日本社会党所属の前職加藤清政(後に自民党推薦で千代田区長選に出馬し、当選)が落選の憂き目を見た。衆院議員を6期務め、1990年には第2次海部改造内閣で建設大臣に任命され、初入閣を果たした。大塚雄司 フレッシュアイペディアより)

156件中 121 - 130件表示

「与謝野馨」のニューストピックワード