156件中 11 - 20件表示
  • 小池百合子

    小池百合子から見た与謝野馨与謝野馨

    2008年(平成20年)9月、福田康夫の辞任を受けて行われた2008年自由民主党総裁選挙に20人の推薦人を確保し、立候補した。女性議員が自民党総裁選に立候補するのは結党以来初めてのことであった。総裁選挙では「霞ヶ関をぶっ壊す」と宣言し、小泉改革路線の引き継ぎを他の候補より印象付けようとした。選挙結果は麻生太郎、与謝野馨に続く3位で、地方票はゼロであった。ただし、党員票では麻生に次ぐ2位に付けており与謝野を大きく引き離している。これは多くの都道府県が地方票の1位総取り方式を採用したためである。小池百合子 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の日本

    2009年の日本から見た与謝野馨与謝野馨

    2月17日 - 2月14日にイタリアのローマで開催されたG7の財務大臣・中央銀行総裁会議後の会見に意識もうろうの状態で出席した問題で、中川昭一財務金融担当大臣が辞表を提出し受理される。経済財政担当大臣の与謝野馨が、財務大臣と金融担当大臣を兼任。2009年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 柳澤伯夫

    柳澤伯夫から見た与謝野馨与謝野馨

    大蔵省(のち財務省)出身で、自由民主党税制調査会長、初代財政改革研究会座長を務めた経歴から、自民党屈指の「増税による財政再建論者」と評される。法人税減税には反対していないが、消費税増税を強く主張しているという。財政通とされる谷垣禎一や与謝野馨と連携しているとされたが、一方で彼らとは一線を画す立場とされる安倍内閣に入閣した。柳澤伯夫 フレッシュアイペディアより)

  • 海江田万里

    海江田万里から見た与謝野馨与謝野馨

    1986年、第14回参議院議員通常選挙に税金党公認で東京都選挙区から出馬し、落選した。1993年、第40回衆議院議員総選挙に日本新党公認で旧東京都第1区から出馬し、初当選した。1994年9月に日本新党を離党。民主新党クラブを経て、1995年に山花貞夫ら日本社会党を離党したグループを糾合して市民リーグを結成し、代表委員(党首)に就任。翌1996年、村山富市の首相辞任に伴う首班指名選挙では、市民リーグ所属衆議院議員5名が海江田に投票。その後、新党さきがけを離党した菅直人や鳩山由紀夫らの主導による旧民主党結党に市民リーグとして合流する。1996年、第41回衆議院議員総選挙では東京都第1区から出馬し、小選挙区で落選(自由民主党の与謝野馨が当選)、比例東京ブロックで復活当選した。海江田万里 フレッシュアイペディアより)

  • 日本における外国人参政権

    日本における外国人参政権から見た与謝野馨与謝野馨

    2000年以前、与党である自民党内の意見は「賛成」と「反対」で割れていた。ここで、野中広務が公明党との連立政権維持を理由に一旦、実現に積極的になった。しかし2000年9月30日、当時自民党選挙制度調査会会長であった与謝野馨が示した極秘扱いの見解(通称「与謝野見解」)が、産経新聞にリークされた。見解の内容は、憲法15条が参政権を「国民固有の権利」としている点から、この文言について「どのように解釈しても外国人に参政権を予定しているとはいえない。『日本国籍』を有する人に限って参政権を『固有の権利』として規定していると解するのが自然である」として、法律上で付与することに憲法上問題があるというものであった。これにより、憲法改正または解釈改憲を為す必要性があることが、自民党議員に理解された。与謝野見解を見た自民党議員は反対に流れ、結果として外国人地方参政権に関する自民党内での議論は沈静化したという。日本における外国人参政権 フレッシュアイペディアより)

  • 蓮舫

    蓮舫から見た与謝野馨与謝野馨

    与謝野馨も自由民主党党員時代の2010年1月に出版した『民主党が日本経済を破壊する』にて「中国の文化大革命の際の紅衛兵と二重写しにしか見えなかった」と民主党の事業仕分けを批判していたが、無所属議員として民主党政権参加後に自由民主党の山本一太議員からこの発言について問われた際には「本は面白く書かないと読んでもらえない」と回答している。蓮舫 フレッシュアイペディアより)

  • 鳩山邦夫

    鳩山邦夫から見た与謝野馨与謝野馨

    1976年(昭和51年)の第34回衆議院議員総選挙に新自由クラブ推薦で旧東京8区から出馬し、初当選(当選同期に愛知和男・中島衛・西田司・池田行彦・堀内光雄・相澤英之・津島雄二・鹿野道彦・塚原俊平・中西啓介・与謝野馨・渡辺秀央・中川秀直・甘利正など)。同じく無所属の宇都宮徳馬、麻生良方と衆院無党派クラブを結成した(1978年に解散)。1979年(昭和54年)の第35回衆議院議員総選挙において落選するが、わずか8か月後に行われた第36回衆議院議員総選挙で国政復帰を果たす強運に恵まれる。自民党入党後は田中派→竹下派に所属した。1991年(平成3年)、宮澤内閣で文部大臣に就任し、政界入りから16年目で初入閣を果たした。文相在任中、「学力偏差値追放」を訴え一斉業者テストを廃止した。鳩山邦夫 フレッシュアイペディアより)

  • 与謝野鉄幹

    与謝野鉄幹から見た与謝野馨与謝野馨

    次男与謝野秀は外交官として活躍し、東京五輪事務長を歴任。秀の長男が政治家の与謝野馨である。与謝野鉄幹 フレッシュアイペディアより)

  • 東京都第1区 (中選挙区)

    東京都第1区 (中選挙区)から見た与謝野馨与謝野馨

    この中、都心のドーナツ化現象によって選挙区内の人口、特に労働者の有権者が減少し、全体の年齢が高齢化した事は、同区での投票行動を保守化し、自民党に有利、社会党に不利に働くと分析された。自民党は第34回総選挙で新人の与謝野馨と大塚雄司が当選し、分区後初めて2議席を得た。続く1979年の第35回総選挙では与謝野が落選したが、1980年の第36回総選挙では再び2人当選に成功し、以後は共に当選を重ねた。一方、伝統の東京1区の議席を守りたい社会党は第35回総選挙で飛鳥田一雄委員長を同区から立候補させトップ当選に成功したが、次の第36回総選挙では第24回総選挙の片山哲以来、史上2人目の同党委員長落選の危機が迫り、107人が当選した同党の候補で最後に当選確実が伝えられるほどの辛勝だった。1983年に飛鳥田が委員長を辞任して議員引退も表明すると、同年の第37回総選挙で社会党は佐々木秀典を擁立したが落選し、議席を再び失った。1990年の第39回総選挙で「マドンナ旋風」に乗る社会党は鈴木喜久子をトップ当選させ、7年ぶりに議席を得たが、同党が惨敗した1993年の第40回総選挙では落選した。東京都第1区 (中選挙区) フレッシュアイペディアより)

  • 平沼赳夫

    平沼赳夫から見た与謝野馨与謝野馨

    2010年(平成22年)4月、与謝野馨らとともに新党たちあがれ日本を結成、代表を務めた後、2012年11月17日日本維新の会国会議員団代表に就任。平沼赳夫 フレッシュアイペディアより)

156件中 11 - 20件表示

「与謝野馨」のニューストピックワード