156件中 21 - 30件表示
  • 小池百合子

    小池百合子から見た与謝野馨与謝野馨

    2008年9月、福田康夫の辞任に伴って実施された自由民主党総裁選挙に立候補した。自民党結党以来、女性の自民党総裁選出馬は史上初であった。結果は、麻生太郎、与謝野馨に次ぐ3位。党員票は麻生に次ぐ2位であったが、地方票は、0票であった。小池百合子 フレッシュアイペディアより)

  • 新潮新書

    新潮新書から見た与謝野馨与謝野馨

    、『バカの壁』の他、麻生太郎『とてつもない日本』、与謝野馨『堂々たる政治』など多くが口述筆記で著されている。新潮新書 フレッシュアイペディアより)

  • 財務大臣・中央銀行総裁会議

    財務大臣・中央銀行総裁会議から見た与謝野馨与謝野馨

    日本はいずれの会議にも参加している。ただし、単に「財務大臣・中央銀行総裁会議」と報道される場合はG7のことを指す場合が多い。日本のみ2001年以降、財政部門の財務大臣が国内金融の企画部門の権限がないため、国内金融の企画権限がない閣僚を出席させてきた(麻生内閣の中川昭一と与謝野馨は財務大臣と金融担当大臣を兼務したため、2008年10月の会議から2009年8月までは権限を有した閣僚という形で出席した)。第2次安倍内閣の麻生太郎副総理は、財務大臣と金融担当大臣を兼務しているため、権限を有した閣僚である。財務大臣・中央銀行総裁会議 フレッシュアイペディアより)

  • 辻英雄

    辻英雄から見た与謝野馨与謝野馨

    1976年、第34回衆議院議員総選挙に、自民党公認で旧福岡1区から立候補し衆議院議員に当選、以後当選4回(当選同期に愛知和男・鳩山邦夫・中村喜四郎・中島衛・西田司・池田行彦・堀内光雄・相澤英之・津島雄二・鹿野道彦・塚原俊平・中西啓介・与謝野馨・渡辺秀央・中川秀直・甘利正など)。三木→河本派に所属し、外務政務次官、経済企画政務次官を歴任するが、1986年の第38回衆議院議員総選挙には立候補せず、政界を引退。西日本短期大学理事長も務めた。辻英雄 フレッシュアイペディアより)

  • 憲法20条を考える会

    憲法20条を考える会から見た与謝野馨与謝野馨

    副代表 村岡兼造、佐藤信二、玉澤徳一郎、与謝野馨、麻生太郎、桜井新、高村正彦、平沼赳夫、中馬弘毅、白川勝彦、宮崎秀樹、下稲葉耕吉憲法20条を考える会 フレッシュアイペディアより)

  • 霞が関埋蔵金

    霞が関埋蔵金から見た与謝野馨与謝野馨

    名付け親は与謝野馨元経済財政政策担当大臣であるが、この言葉を中川秀直自民党元幹事長が使ったことで世に広まった。2007年11月、特別会計の見直しなどで15兆円を捻出するという民主党案を「霞が関埋蔵金伝説のたぐい」と批判したのが始まり。本来は長期金利の変動による利払い対策として「金利変動準備金」として積み上げられていたものである。霞が関埋蔵金 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の経済論争

    日本の経済論争から見た与謝野馨与謝野馨

    2005年の12月に総務大臣の竹中平蔵は、経済財政諮問会議において「きちんと経済運営すれば、名目金利が名目成長率を長期にわたって上回ることはない」 と発言する一方で、民間議員の吉川洋が「理論的には長期金利の方が成長率よりも高くなる」と発言し、それが発端となって政府の閣僚・関係部局を巻き込む論争に発展した。また、金融・経済財政政策担当大臣の与謝野馨が「名目成長率が長期金利よりも高い状況維持することが可能であるという、楽観的な話ばかりをやっているのでは真実に近づけない」と竹中を批判したことから、論争が政策論から政治論へと発展した。日本の経済論争 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤清政

    加藤清政から見た与謝野馨与謝野馨

    1972年、4期目の任期途中で都議を辞職。第33回衆議院議員総選挙に旧東京都第1区から日本社会党公認で出馬し、当選。1976年の第34回衆議院議員総選挙に再選を目指して出馬するが、落選。なおこの選挙における旧東京1区の当選者は麻生良方(無所属)、与謝野馨・大塚雄司(自由民主党)の3人で、革新系候補は1人も当選できなかった(麻生は元民社党の保守系無所属)。落選後も旧東京1区からの出馬を希望していたが、横浜市長を辞職した飛鳥田一雄日本社会党委員長の出馬が決定し、参議院への転出を余儀なくされる。1980年の第12回参議院議員通常選挙に東京都選挙区から社会党公認で出馬するが、落選。参院への鞍替えは加藤の支持者らによる飛鳥田への反発を強め、加藤自身も社会党を離党する。加藤清政 フレッシュアイペディアより)

  • 逢沢英雄

    逢沢英雄から見た与謝野馨与謝野馨

    衆議院議員逢沢寛の次男として岡山県御津郡御津町(現・岡山市北区御津)に生まれる。1950年に早稲田大学商学部を卒業。岡山青年会議所理事長、岡山商工会議所副会頭を経て、1976年の第34回衆議院議員総選挙に父の後継者として岡山1区(当時)から立候補し、当選(当選同期に愛知和男・鳩山邦夫・中村喜四郎・中島衛・西田司・池田行彦・堀内光雄・相澤英之・津島雄二・鹿野道彦・塚原俊平・中西啓介・与謝野馨・中川秀直・甘利正など)。以後当選通算3回。1981年、鈴木改造内閣では労働政務次官を務めたが、1983年の第37回衆議院議員総選挙で落選し、政界から引退した。逢沢英雄 フレッシュアイペディアより)

  • 森清 (愛媛県の政治家)

    森清 (愛媛県の政治家)から見た与謝野馨与謝野馨

    愛媛県新居浜市出身。1948年に東京大学法学部政治学科を卒業後、自治省に入省する。自治省官房長などを経て、消防大学校校長を最後に退官。1976年に行われた第34回衆議院議員総選挙に旧愛媛2区から自由民主党公認で立候補し当選(当選同期に愛知和男・鳩山邦夫・中村喜四郎・中島衛・西田司・池田行彦・堀内光雄・相澤英之・津島雄二・鹿野道彦・塚原俊平・中西啓介・与謝野馨・渡辺秀央・中川秀直・甘利正など)。以後、1度の落選を挟んで通算当選4回。防衛政務次官などを歴任した。自民党では福田赳夫-安倍晋太郎派(清和会)に所属し、中川派の旗揚げにも参加した。森清 (愛媛県の政治家) フレッシュアイペディアより)

156件中 21 - 30件表示

「与謝野馨」のニューストピックワード