156件中 31 - 40件表示
  • 田勢康弘の週刊ニュース新書

    田勢康弘の週刊ニュース新書から見た与謝野馨与謝野馨

    当番組内では基本的にどんなゲストが来てもまーごが排除されることはないが、2008年9月13日の放送で、麻生太郎・与謝野馨・小池百合子・石原伸晃・石破茂の自民党総裁選の候補者5人が一堂に出演した際、出演者の中にネコアレルギーを持つ者が存在するとの理由により、このコーナーのみ、まーごの出演が無かった。また、2012年9月15日放送でも石原伸晃・石破茂・安倍晋三・町村信孝・林芳正の自民党総裁選の候補者5人が一堂に出演した際には通常のレギュラー放送とは別にスペシャル独自のスタジオセットを組んで放送を行っていたため、この日の放送は番組開始以来初めて、まーごの出演が一切無かった。田勢康弘の週刊ニュース新書 フレッシュアイペディアより)

  • 與謝野文子

    與謝野文子から見た与謝野馨与謝野馨

    東京都生まれ。パリ大学理学部生物学科修士課程中退。与謝野鉄幹・晶子の孫、父は外交官でイタリア大使・エジプト大使等を務めた与謝野秀、母は評論家の与謝野道子、長兄は政治家の与謝野馨、次兄は銀行家の与謝野達、夫はフランス文学者だった阿部良雄。著作の時は旧姓の與謝野を用いる。交流のあったバルテュス研究が著名。與謝野文子 フレッシュアイペディアより)

  • 玉生孝久

    玉生孝久から見た与謝野馨与謝野馨

    富山県八尾町出身。都立化学工業専門学校応用学科卒。八尾町議を経て、1955年から富山県議を6期務める。富山県議会議長を経て、1976年の総選挙で旧富山1区から立候補して初当選、通算4期務めた(当選同期に愛知和男・鳩山邦夫・中村喜四郎・中島衛・西田司・池田行彦・堀内光雄・相澤英之・津島雄二・鹿野道彦・塚原俊平・中西啓介・与謝野馨・渡辺秀央・中川秀直・甘利正など)。この間、文部政務次官、国土政務次官を歴任。1990年に引退。1998年7月26日死去。享年74。玉生孝久 フレッシュアイペディアより)

  • 麻垣康三

    麻垣康三から見た与謝野馨与謝野馨

    麻生と同派の河野太郎と無派閥の鳩山邦夫も出馬を目指していたが、推薦人は集められず麻生選対に加わった。他にも、額賀福志郎・与謝野馨など有力視されていた候補は次々に不出馬を表明し、河野派及び谷垣派以外の派閥は安倍内閣におけるポストの獲得を狙って安倍支持を表明しているため、『麻垣康三』との呼び方と裏腹に安倍一人勝ちの公算が大きいとみられていた。麻垣康三 フレッシュアイペディアより)

  • 中島衛

    中島衛から見た与謝野馨与謝野馨

    青年会議所での活動を通じて、仲間の企業家から政界への進出を勧められ、1972年の第33回衆議院議員総選挙に旧長野県第3区(定数4)から無所属で出馬したが、得票数6位で落選。1976年、再び第34回衆議院議員総選挙に無所属で出馬し、初当選した(当選同期に中村喜四郎・愛知和男・鳩山邦夫・西田司・池田行彦・堀内光雄・相澤英之・津島雄二・鹿野道彦・塚原俊平・中西啓介・与謝野馨・渡辺秀央・中川秀直・甘利正など)。中島衛 フレッシュアイペディアより)

  • 谷川寛三

    谷川寛三から見た与謝野馨与謝野馨

    愛知和男・中村喜四郎・鳩山邦夫・西田司・中島衛・池田行彦・堀内光雄・相沢英之・津島雄二・鹿野道彦・塚原俊平・中西啓介・与謝野馨・渡辺秀央・中川秀直。谷川寛三 フレッシュアイペディアより)

  • どっきり花嫁の記

    どっきり花嫁の記から見た与謝野馨与謝野馨

    『どっきり花嫁の記』(どっきりはなよめのき)は、与謝野道子(与謝野馨の母)による小説、またそれを原作としたテレビドラマである。どっきり花嫁の記 フレッシュアイペディアより)

  • 石川雅己

    石川雅己から見た与謝野馨与謝野馨

    2017年2月に投開票される千代田区長選挙に無所属で出馬を表明した。前年に都知事に就任した小池百合子が石川を支援する一方、小池と対立を深める都議会自民党・東京都連は対立候補として、地元選出の衆院議員だった与謝野馨の甥を対立候補として擁立しており、小池と「都議会のドン」と呼ばれる内田茂の「代理戦争」と報じられていたが、開票の結果、石川が2位以下に大差をつけて5選された。石川雅己 フレッシュアイペディアより)

  • 道路運送経営研究会

    道路運送経営研究会から見た与謝野馨与謝野馨

    60万円 与謝野馨 自民党 衆 前官房長官道路運送経営研究会 フレッシュアイペディアより)

  • 石川要三

    石川要三から見た与謝野馨与謝野馨

    東京府西多摩郡(現東京都青梅市)生まれ。旧制府立第二中学校(現東京都立立川高等学校)を経て1951年早稲田大学政治経済学部卒業後、西東京バス株式会社取締役、青梅市議会議員などを経て、1967年に青梅市長選挙で初当選した。1975年まで市長を2期務め、1976年に第34回衆議院議員総選挙に旧東京11区から出馬し、当選した(当選同期に愛知和男・鳩山邦夫・中村喜四郎・中島衛・西田司・池田行彦・堀内光雄・相澤英之・津島雄二・鹿野道彦・塚原俊平・中西啓介・与謝野馨・渡辺秀央・中川秀直・甘利正らがいる)。福田派を経て、鈴木派に所属。石川要三 フレッシュアイペディアより)

156件中 31 - 40件表示

「与謝野馨」のニューストピックワード