156件中 41 - 50件表示
  • 第2次中曽根内閣 (第1次改造)

    第2次中曽根内閣 (第1次改造)から見た与謝野馨与謝野馨

    通商産業政務次官 - 与謝野馨・田沢智治第2次中曽根内閣 (第1次改造) フレッシュアイペディアより)

  • ジェイコム株大量誤発注事件

    ジェイコム株大量誤発注事件から見た与謝野馨与謝野馨

    発注ミスによる損害としてはあまりに巨額であり、また他社の錯誤・過失につけこむことが「火事場泥棒的な行い」との批判が自民党などからおこった。与謝野馨金融担当大臣は「誤発注を認識しながら買い注文を出すことは法的には問題はない」とした上で「顧客の注文を取り次ぐのではなく、自己売買部門で間隙(かんげき)をぬって売買するのは証券会社として美しい話ではないと思う」と述べた。ジェイコム株大量誤発注事件 フレッシュアイペディアより)

  • 新潮新書

    新潮新書から見た与謝野馨与謝野馨

    新潮社は新潮文庫と写真週刊誌『フォーカス』の売り上げが収益の大きな柱となっていた。しかし『フォーカス』が廃刊となり、新たな収入源を考えていたところ、『新書ブーム』に乗る形で出すことになった。内容は文庫の新レーベルとして企画され失敗した「新潮社Oh!文庫」を参考に、新潮文庫では扱わなかった柔らかいものが選ばれた。表紙の色に薄茶色が選ばれたのはそれまでの新書になかった色だからである。多忙な執筆者の時間節約のためと、コンプセント(商品の売り、開発理念)が電車の往復時間で読める雑誌感覚の新書ゆえに、他の大手の新書以上にやや薄めで、『バカの壁』の他、麻生太郎『とてつもない日本』、与謝野馨『堂々たる政治』など多くを口述筆記で著されている。新潮新書 フレッシュアイペディアより)

  • どっきり花嫁の記

    どっきり花嫁の記から見た与謝野馨与謝野馨

    『どっきり花嫁の記』(どっきりはなよめのき)は、与謝野道子(与謝野馨の母)による小説、及びそれを原作としたテレビドラマである。どっきり花嫁の記 フレッシュアイペディアより)

  • 石川武美

    石川武美から見た与謝野馨与謝野馨

    孫 : とも子 = 与謝野馨石川武美 フレッシュアイペディアより)

  • 大行社

    大行社から見た与謝野馨与謝野馨

    平成12年(2000年)の第42回衆議院議員総選挙では、久々に東京1区で丸川仁を「大行社」名義で単騎擁立し、対立候補の与謝野馨を激しく口撃。与謝野は落選したが、自らも最下位落選し、供託金を没収されている。大行社 フレッシュアイペディアより)

  • 村山内閣

    村山内閣から見た与謝野馨与謝野馨

    与謝野馨 ( 衆、 自由民主党 渡辺派 )村山内閣 フレッシュアイペディアより)

  • 成田豊

    成田豊から見た与謝野馨与謝野馨

    東大野球部では、マネージャーだった与謝野馨の先輩にあたり、与謝野が招集した安心社会実現会議座長を務めた。成田豊 フレッシュアイペディアより)

  • 無所属

    無所属から見た与謝野馨与謝野馨

    また、元々ある政党に所属していて、何かの理由で政党から除名(または離党)となり無所属で再出馬する例もある(例 田中真紀子、柿沢弘治)。またスキャンダルによって名目上離党を余儀なくされたものの、旧所属政党の派閥への影響力などで実質的には旧所属政党に属しているのと同様な活動を行う例もある(田中角栄、中曽根康弘)。これらの候補は、小選挙区制の場合は旧所属政党から対立候補を立てられない例が多い(見かけ上旧所属政党の空白区となる)。無所属議員が政府の職に就いた例はほとんどないが、2011年に菅内閣に入閣した与謝野馨はその数少ない例である。無所属 フレッシュアイペディアより)

  • 1区現象

    1区現象から見た与謝野馨与謝野馨

    なお、自民党が都市部で敗北しやすい現象は、上述のように1970年代後半から発生している。1979年、当時は1区現象と言う言葉はまだ使われていなかったが、この選挙では自民党が過半数を大きく割った原因が、都市部に近いほど自民党が議席を取れなかったからである。以後も衆院選で自民党が敗北するときは大抵こうした傾向にあったので、1979年の衆院選がのちに1区現象と呼ばれる発端となった選挙だったといえる。それを象徴する議員が首都東京1区選出の与謝野馨衆議院議員である。与謝野議員は1976年に初当選して以来通算10回当選しているが、過去2回の落選は、都市部で自民党が大敗した1979年と1区現象が完全に定着した2000年である。1区現象 フレッシュアイペディアより)

156件中 41 - 50件表示

「与謝野馨」のニューストピックワード