156件中 51 - 60件表示
  • 山田美樹

    山田美樹から見た与謝野馨与謝野馨

    2011年11月、自由民主党東京都連が実施した候補者公募に合格し、東京都第1区で公認を受ける。2012年の第46回衆議院議員総選挙では、政界引退を表明した与謝野馨元内閣官房長官からも支援を受け、民主党前職で元経済産業大臣の海江田万里を1,134票の僅差で破り、初当選を果たした。なお全国300の選挙区で、最後に当落が決まったのが東京都第1区であった。山田美樹 フレッシュアイペディアより)

  • 住居表示に関する法律

    住居表示に関する法律から見た与謝野馨与謝野馨

    1984年(昭和59年)6月26日、住居表示法の改正を目指す超党派の「地名保存議員連盟」が発足した。同日の第1回総会には、国会議員とその代理合計約120名が出席し、総会では、自由民主党の宇野宗佑が会長に、日本社会党の細谷治嘉が副会長に、自由民主党の与謝野馨が事務局長に選出された。そして、安易な地名変更を阻止するために、次の通常国会における議員立法による住居表示法改正を目指して活動することが決められた。住居表示に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤武彦

    遠藤武彦から見た与謝野馨与謝野馨

    遠藤は、同組合に献金を返金し山形県選挙管理委員会に政治資金報告書の訂正を届け出たうえで、「事務所費などの支出については徹底的に洗ったつもりだったが、お受けした分は手抜かりがあった」と謝罪した。遠藤の事務所は「補助金を受けている団体との認識が無く、受け取った後の調べも不十分だった。こちらのミスでご迷惑をおかけし、申し訳ありません」と話しており、故意に受け取ったわけではないと釈明している。だが、内閣官房長官与謝野馨 は「法律や規則で定めたことにミスとはいえ、きちんとこたえていなかったことは残念なことだ」と苦言を呈した。しかし上記のように、総務省は「国費の事業でも独立行政法人や都道府県が交付を決定している場合は違法とまでの解釈はしていない」としている。遠藤武彦 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年自由民主党総裁選挙

    2007年自由民主党総裁選挙から見た与謝野馨与謝野馨

    また、いわゆる「麻生クーデター説」が安倍の辞意表明当日に放送された日本テレビ『NEWS ZERO』での報道、小泉チルドレンのひとりである片山さつきの発言などで流布され始めた。これは、第1次安倍改造内閣組閣前のアジア諸国外遊中に安倍が人事権を麻生と与謝野馨官房長官に奪われ、遠藤武彦農林水産大臣の辞任問題やテロ特措法の延長問題などが、安倍を無視して麻生・与謝野ライン主導で決定されていくことに安倍が絶望して辞意を表明したとする説である。このクーデター説は選挙後に全くのデマであったことが明らかとなるが、このことは麻生有利の流れを決定的に転換することとなった(→中川秀直も参照)。2007年自由民主党総裁選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 新憲法制定議員同盟

    新憲法制定議員同盟から見た与謝野馨与謝野馨

    【副会長】衆院=津島雄二、古賀誠、野田毅、島村宜伸、深谷隆司、与謝野馨、高村正彦、二階俊博、町村信孝、額賀福志郎、大野功統、斉藤斗志二、杉浦正健、森山眞弓、堀内光雄、☆臼井日出男、☆石原伸晃(以上自民)、☆前原誠司(民主)、平沼赳夫、☆玉澤徳一郎(以上無所属)、参院=☆藤井孝男、 ☆尾辻秀久(以上自民)、☆田名部匡省、☆渡辺秀央(以上民主)、山東昭子(無所属)、元職=小野清子新憲法制定議員同盟 フレッシュアイペディアより)

  • 唯是一寿

    唯是一寿から見た与謝野馨与謝野馨

    大学院在学中から政府系シンクタンクの研究員、道路経済研究所のプロジェクト委員などを務め、道路問題や都市交通などの研究に力を注ぐ。また、政策研究グループ「都市・地方振興フォーラム」を主宰し、ロビー活動や地域振興コンサルティングに取り組んだ。国会議員や首長のブレーンおよびアドヴァイザーを務めた関係上、東国原英夫(後述)、与謝野馨、平沼赳夫らと親交が深い。唯是一寿 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪経済大学

    大阪経済大学から見た与謝野馨与謝野馨

    創立70周年記念事業の講演会やシンポジウムには政財界などから海部俊樹、細川護煕、与謝野馨、岡田克也、亀井静香、藤井裕久、小池百合子、田村元、太田房江、磯村隆文、福井俊彦、中村邦夫、山本卓眞、宮内義彦、北尾吉孝、鶴田卓彦、奥田務、渡辺捷昭、塙義一、大竹美喜、角川歴彦、樋口廣太郎、堀威夫、土田正顕、巽悟朗、辻晴雄、歌田勝弘、佐藤光夫、福川伸次、寺澤芳男、奥山章雄、アマルティア・セン、ジェラルド・カーティス、岸本忠三、江崎玲於奈、奥島孝康、小室直樹、五木寛之、米長邦雄、小林秀雄、平岡英信、福島敦子など多くの各界の著名人、総勢約120名の方々を招いて開催され、約1,000人収容可能な大阪経済大フレアホールは連日満員で会場に入りきらないほどの来場者となった。この講演の内容の一部をまとめた本「21世紀の日本を拓く」が日本経済新聞社から出版され、講演の模様の一部がテレビ大阪で放送された。大阪経済大学 フレッシュアイペディアより)

  • 重複立候補制度

    重複立候補制度から見た与謝野馨与謝野馨

    菅第2次改造内閣では東京1区で1人の議席を争った海江田万里(選挙区当選)と与謝野馨(比例復活当選)が国会議員として入閣している。重複立候補制度 フレッシュアイペディアより)

  • 浜田マキ子

    浜田マキ子から見た与謝野馨与謝野馨

    2003年の第43回衆議院議員総選挙では突然東京1区から無所属で立候補。このとき、対立候補であった又吉イエスが「海江田万里・与謝野馨・佐藤文則らは腹を切って死ぬべきだ」と主張していたが、浜田マキ子だけは突然の立候補だったためポスターや選挙公報の印刷に間に合わなかったことから言及されなかった。結局、5,572票の得票しか得られず落選し供託金没収された。浜田マキ子 フレッシュアイペディアより)

  • 新銀行東京

    新銀行東京から見た与謝野馨与謝野馨

    経済界では、設立理念そのものを「不良債権の温床」と批判する向きが多かった。経済閣僚であった与謝野馨も「止めるなら今」と進言するなど、政界からの批判も起こっている。「都営銀行」の設立を石原に提案した大前研一も「中小企業融資は大銀行でも不得手な領域で、素人の都が手を出せるものではない。」と強く反対したが、石原は「国や大銀行がやらないからこそ、(都が)やらなければならない。」と譲らなかった。さらには、2003年(平成15年)11月8日の記者会見で、「(都が出資した)1000億円は、将来、数兆円になる。」と石原は述べている。新銀行東京 フレッシュアイペディアより)

156件中 51 - 60件表示

「与謝野馨」のニューストピックワード