156件中 61 - 70件表示
  • 住居表示に関する法律

    住居表示に関する法律から見た与謝野馨与謝野馨

    1984年(昭和59年)6月26日、住居表示法の改正を目指す超党派の「地名保存議員連盟」が発足した。同日の第1回総会には、国会議員とその代理合計約120名が出席し、総会では、自由民主党の宇野宗佑が会長に、日本社会党の細谷治嘉が副会長に、自由民主党の与謝野馨が事務局長に選出された。そして、安易な地名変更を阻止するために、次の通常国会における議員立法による住居表示法改正を目指して活動することが決められた。住居表示に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • 飛鳥田一雄

    飛鳥田一雄から見た与謝野馨与謝野馨

    同年、社会党は大平内閣不信任決議案を提出。その採決に自民党内反主流派の福田派・三木派が造反し欠席したため、不信任決議案が可決され(ハプニング解散)、衆参同日選挙へ突入した。選挙戦では、社会党が「自民党は金権腐敗で軍事大国の道を歩んでいる」と批判するのに対し、共産党が「社会党は反革命である」と社会党を批判。さらには連合政権構想で連携している民社党から「社会党の防衛政策は不明確である」と批判され、本来「反自民」で協調するべき野党内の足並みの乱れが目立った。さらに選挙中に大平正芳首相が急死したため自民党に同情票が流れ、自民党に復調の機会を与えることとなった。飛鳥田自身、東京1区(定数3)でのトップ当選どころか自民党の与謝野馨(中曽根派)・大塚雄司(福田派)に追い越され野党第1党の党首でありながら最下位で当選し、首相の座から遠のいた印象を与えた。飛鳥田は「俺が苦戦するのもしょうがねえや、ろくに地元にいねえんだもんな」と語ったという。飛鳥田一雄 フレッシュアイペディアより)

  • 吉住健一

    吉住健一から見た与謝野馨与謝野馨

    新宿区立大久保小学校、新宿区立戸山中学校(現・新宿区立西早稲田中学校)、東京都立広尾高等学校、日本大学法学部卒業。大学卒業後、与謝野馨の事務所に秘書として勤務。吉住健一 フレッシュアイペディアより)

  • 愛知和男

    愛知和男から見た与謝野馨与謝野馨

    1976年12月、第34回衆議院議員総選挙に義父の地盤を引き継いで旧宮城1区(定数5)から出馬し、同区トップで初当選した(当選同期に鳩山邦夫・中村喜四郎・中島衛・西田司・池田行彦・堀内光雄・相澤英之・津島雄二・鹿野道彦・塚原俊平・中西啓介・与謝野馨・渡辺秀央・中川秀直・甘利正らがいる)。以後、1983年の第38回衆議院議員総選挙まで、4度連続でトップ当選する。当選後は田中派に入会し、後に竹下派の結成に参加。1980年の鈴木善幸内閣で外務政務次官、1982年の第1次中曽根内閣で労働政務次官に就任。1989年、宮城県知事選挙への立候補を模索するが、前年に発覚したリクルート事件に関連し、愛知も同社から政治献金を受け取っていたため自民党内の説得により、出馬を断念する。愛知和男 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤武彦

    遠藤武彦から見た与謝野馨与謝野馨

    遠藤は、同組合に献金を返金し山形県選挙管理委員会に政治資金収支報告書の訂正を届け出たうえで、「事務所費などの支出については徹底的に洗ったつもりだったが、お受けした分は手抜かりがあった」と謝罪した。遠藤の事務所は「補助金を受けている団体との認識が無く、受け取った後の調べも不十分だった。こちらのミスでご迷惑をおかけし、申し訳ありません」と話しており、故意に受け取ったわけではないと釈明している。だが、内閣官房長官の与謝野馨 は「法律や規則で定めたことにミスとはいえ、きちんとこたえていなかったことは残念なことだ」と苦言を呈した。しかし上記のように、総務省は「国費の事業でも独立行政法人や都道府県が交付を決定している場合は違法とまでの解釈はしていない」としている。遠藤武彦 フレッシュアイペディアより)

  • 与謝野鉄幹

    与謝野鉄幹から見た与謝野馨与謝野馨

    次男・与謝野秀は外交官としてイタリア・エジプト大使などを歴任し, 1964年東京オリンピック事務長を務めた。秀と妻で評論家の道子の間の子ども(鉄幹の孫)には与謝野馨(政治家)・与謝野達(銀行員)・與謝野文子(評論家)がいる。与謝野鉄幹 フレッシュアイペディアより)

  • 大下英治

    大下英治から見た与謝野馨与謝野馨

    『日本再生の切り札与謝野馨』徳間書店 2009.4大下英治 フレッシュアイペディアより)

  • 堀内光雄

    堀内光雄から見た与謝野馨与謝野馨

    1976年の第34回衆議院議員総選挙で初当選(当選同期に愛知和男・中村喜四郎・鳩山邦夫・中島衛・西田司・池田行彦・相澤英之・津島雄二・鹿野道彦・塚原俊平・中西啓介・与謝野馨・渡辺秀央・中川秀直・甘利正など)。当選後は大平正芳率いる宏池会に入会。宏池会では後の会長鈴木善幸の側近として知られ1989年の宇野内閣で労働大臣として初入閣したが、1990年の第39回衆議院議員総選挙では落選。しかし、1993年の第40回衆議院議員総選挙ですぐに返り咲き、1997年に第2次橋本改造内閣で通商産業大臣に就任。通産相在任中、石油公団について事務方が用意した答弁書の内容に疑問を持ったことから、同公団関連企業112社についての膨大な資料を独力で精査する。その結果、公団の不良債権が1兆3,000億円にも膨れ上がっていたことを暴き出し、退任後の1998年、「文藝春秋」誌1998年11月号に掲載の論文『通産省の恥部 石油公団を告発する』で実態を世に問う。その結果、2002年に「石油公団廃止法」が成立される運びとなり、同公団は2005年3月をもって解散された。堀内光雄 フレッシュアイペディアより)

  • 中馬弘毅

    中馬弘毅から見た与謝野馨与謝野馨

    1976年、第34回衆議院議員総選挙に新自由クラブ公認で旧大阪府第6区(定数3)から出馬し、同区トップで初当選(当選同期に愛知和男・鳩山邦夫・中村喜四郎・中島衛・西田司・池田行彦・堀内光雄・相澤英之・津島雄二・鹿野道彦・塚原俊平・中西啓介・与謝野馨・渡辺秀央・中川秀直・甘利正など)。1979年の第35回衆議院議員総選挙では落選したが、1980年の第36回衆議院議員総選挙で返り咲いた。1986年の第38回衆議院議員総選挙で再び落選。新自由クラブ解党後、1990年の第39回衆議院議員総選挙では無所属で旧大阪6区から出馬し、国政に復帰した。その後自由民主党に入党し、1993年の第40回衆議院議員総選挙では自民党公認で出馬し、5選。自民党では宏池会(宮澤喜一派)に入会。1995年、「地方分権推進に関する国会決議」を衆議院本会議場で読み上げる。1993年の細川護煕首相(元熊本県知事)の就任以降、地方分権が国政の課題になる中で、日本の道州制論議が高まった。中馬弘毅 フレッシュアイペディアより)

  • 西田司

    西田司から見た与謝野馨与謝野馨

    1976年、第34回衆議院議員総選挙に高橋英吉の地盤を継承し、旧愛媛3区(定数3)から無所属で出馬。得票数2位で初当選した(当選同期に愛知和男・鳩山邦夫・中村喜四郎・中島衛・池田行彦・堀内光雄・相澤英之・津島雄二・鹿野道彦・塚原俊平・中西啓介・与謝野馨・渡辺秀央・中川秀直・甘利正らがいる)。当選後、自由民主党に入党し、木曜クラブに入会。1980年の第36回衆議院議員総選挙では次点で落選するも、1983年の第37回衆議院議員総選挙ではトップ当選で返り咲いた。西田司 フレッシュアイペディアより)

156件中 61 - 70件表示

「与謝野馨」のニューストピックワード