156件中 71 - 80件表示
  • 甘利正

    甘利正から見た与謝野馨与謝野馨

    国政へは、第32回衆議院議員総選挙・第33回衆議院議員総選挙に自由民主党公認で立候補するもののいずれも落選。その後、1976年の第34回衆議院議員総選挙を前に新自由クラブが結成されるとこれに参加し、同党公認候補として初当選(当選同期に愛知和男・鳩山邦夫・中村喜四郎・中島衛・西田司・池田行彦・堀内光雄・相澤英之・津島雄二・鹿野道彦・塚原俊平・中西啓介・与謝野馨・渡辺秀央・中川秀直など)。その後、途中1回の落選を挟み2期務め、建設委員会委員を歴任。1983年に政界からの引退を表明し、秘書を務めていた子息の明に地盤を譲った。甘利正 フレッシュアイペディアより)

  • 政府紙幣

    政府紙幣から見た与謝野馨与謝野馨

    政府紙幣のアイディアに対して、麻生内閣の中川昭一財務大臣、与謝野馨経財大臣(いずれも当時)ら経済関係閣僚は、日本銀行券に加えてさらに政府紙幣を大量発行すれば大幅な供給過剰に陥って円の信用が著しく低下し、収束不能の高インフレーション、過度な円安に向かう危険性があると否定的な見解を示した。ある程度の円高是正であれば景気対策として有効性もあるが、それを超えて大幅な円安が進行すれば、輸出には有利な反面、原料の輸入価格の著しい上昇も招くため、結果的に高インフレ発生を意味する。政府紙幣 フレッシュアイペディアより)

  • 五千円紙幣

    五千円紙幣から見た与謝野馨与謝野馨

    当初、大蔵省は女性を採用することで、清新さをアピールするつもりで、紫式部・清少納言・与謝野晶子・樋口一葉らを候補に挙げていた。しかし紫式部と清少納言は写真が存在せず、与謝野晶子は反戦歌を作ったことと孫が現職の国会議員であること、樋口一葉は短命がマイナス材料となり、結局見送られた。最終的に人選が決まったのは、1980年(昭和55年)6月のことで、東京女子大学の初代学長で、女子教育に力を入れた新渡戸稲造が採用されることとなった。なお当時の鈴木善幸首相の出身地は、新渡戸と同じ岩手県である。五千円紙幣 フレッシュアイペディアより)

  • ジェイコム株大量誤発注事件

    ジェイコム株大量誤発注事件から見た与謝野馨与謝野馨

    発注ミスによる損害としてはあまりに巨額であり、また他社の錯誤・過失につけこむことが「火事場泥棒的な行い」との批判が自民党などから起こった。与謝野馨金融担当大臣は「誤発注を認識しながら買い注文を出すことは法的には問題はない」とした上で「顧客の注文を取り次ぐのではなく、自己売買部門で間隙をぬって売買するのは証券会社として美しい話ではないと思う」と述べた。ジェイコム株大量誤発注事件 フレッシュアイペディアより)

  • 町村信孝

    町村信孝から見た与謝野馨与謝野馨

    2007年(平成19年)8月27日、第1次安倍改造内閣で外務大臣に就任。当初は内閣官房長官への就任が確実視されていたが、安倍と麻生太郎の最終的な話し合いで、土壇場で与謝野馨の名が浮上し、町村は2度目の外相就任となった。外相再登板後は、麻生が提起した「北方領土面積二等分論」を論外だと批判。従来の方針通り「4島一括返還論」を主張する立場に回帰した。町村信孝 フレッシュアイペディアより)

  • 無所属

    無所属から見た与謝野馨与謝野馨

    無所属議員が政府の職に就いた例はほとんどないが、2011年に菅内閣に入閣した与謝野馨はその数少ない例である。無所属 フレッシュアイペディアより)

  • 池田行彦

    池田行彦から見た与謝野馨与謝野馨

    1976年、第34回衆議院議員総選挙に自由民主党の公認を受け、義父の地盤を引き継いで旧広島県第2区から出馬し、初当選を果たした(当選同期に愛知和男・鳩山邦夫・中村喜四郎・中島衛・西田司・堀内光雄・相澤英之・津島雄二・鹿野道彦・塚原俊平・中西啓介・与謝野馨・渡辺秀央・甘利正など)。以後10期連続当選。当選後は池田勇人が設立し、かつて大蔵省で大臣秘書官を務めた大平正芳が会長を務める大平派に入会した。池田行彦 フレッシュアイペディアより)

  • 塚原俊平

    塚原俊平から見た与謝野馨与謝野馨

    1975年、父・俊郎の急死に伴い、電通を退社。翌年の第34回衆議院議員総選挙に立候補し、初当選(当選同期に愛知和男・中村喜四郎・鳩山邦夫・中島衛・西田司・池田行彦・堀内光雄・相澤英之・津島雄二・鹿野道彦・中西啓介・与謝野馨・渡辺秀央・中川秀直・甘利正など)。以来、連続8回当選。自民党では福田赳夫→安倍晋太郎→三塚博派(清和政策研究会)に属し、父・俊郎が保利茂系であったことから、保利に可愛がられた。塚原俊平 フレッシュアイペディアより)

  • 第67回選抜高等学校野球大会

    第67回選抜高等学校野球大会から見た与謝野馨与謝野馨

    外野のフェンスにはライト・レフト共に『阪神・淡路大震災』に関するメッセージが書かれていた(ライト側は高野連と毎日新聞社による「復興・勇気・希望」、レフト側は兵庫県と西宮市による「全国の皆さん、温かいご支援感謝します。」)。開会式の始球式では与謝野馨文相を挟む形で、甲子園の地元兵庫県西宮市の4校から選ばれた小学生バッテリーがマウンドに立った。小学生が始球式を務めるのは大会史上初めてのことである。第67回選抜高等学校野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • マネックス・ショック

    マネックス・ショックから見た与謝野馨与謝野馨

    与謝野馨 金融・経済財政担当相(当時)マネックス・ショック フレッシュアイペディアより)

156件中 71 - 80件表示

「与謝野馨」のニューストピックワード