156件中 71 - 80件表示
  • 中馬弘毅

    中馬弘毅から見た与謝野馨与謝野馨

    1976年、第34回衆議院議員総選挙に新自由クラブ公認で旧大阪府第6区(定数3)から出馬し、同区トップ当選を果たした(当選同期に愛知和男・鳩山邦夫・中村喜四郎・中島衛・西田司・池田行彦・堀内光雄・相澤英之・津島雄二・鹿野道彦・塚原俊平・中西啓介・与謝野馨・渡辺秀央・中川秀直・甘利正など)。1979年の第35回衆議院議員総選挙では選したが、1980年の第36回衆議院議員総選挙で返り咲いた。1986年の第38回衆議院議員総選挙では再び落選。新自由クラブ解党後、1990年の第39回衆議院議員総選挙では無所属で旧大阪6区から出馬し、国政復帰を果たした。その後自由民主党に入党し、1993年の第40回衆議院議員総選挙では自民党公認で出馬し、5選。自民党では宏池会(宮澤喜一派)に入会。1995年、「地方分権推進に関する国会決議」を衆議院本会議場で読み上げる。1993年の細川護煕首相(元熊本県知事)の就任以降、地方分権が国政の課題になる中で、日本の道州制論議が高まった。中馬弘毅 フレッシュアイペディアより)

  • 中島衛

    中島衛から見た与謝野馨与謝野馨

    青年会議所での活動を通じて、仲間の企業家から政界への進出を勧められ、1972年の第33回衆議院議員総選挙に旧長野県第3区(定数4)から無所属で出馬したが、得票数6位で落選。1976年、再び第34回衆議院議員総選挙に無所属で出馬し、初当選した(当選同期に中村喜四郎・愛知和男・鳩山邦夫・西田司・池田行彦・堀内光雄・相澤英之・津島雄二・鹿野道彦・塚原俊平・中西啓介・与謝野馨・渡辺秀央・中川秀直・甘利正など)。中島衛 フレッシュアイペディアより)

  • 中西啓介

    中西啓介から見た与謝野馨与謝野馨

    1976年、第34回衆議院議員総選挙に山口の後継者として旧和歌山県第1区から自由民主党公認で出馬し、初当選を果たした(当選同期に中村喜四郎・鳩山邦夫・中島衛・西田司・池田行彦・堀内光雄・相澤英之・津島雄二・鹿野道彦・塚原俊平・与謝野馨・渡辺秀央・中川秀直・甘利正など)。当初は秘書として仕えた中曽根康弘の縁で中曽根派に所属していたが、後に田中派へ移り、竹下派結成に加わる。竹下派では、同郷の二階俊博と共に小沢一郎の側近であった。中西啓介 フレッシュアイペディアより)

  • 西田司

    西田司から見た与謝野馨与謝野馨

    愛媛県大洲市長浜町(旧喜多郡長浜町)出身。愛媛県立松山農業学校(現愛媛大学農学部)卒業後、長浜町議会議長、長浜町長を経て、1976年、第34回衆議院議員総選挙に高橋英吉の後継者として旧愛媛3区から出馬し初当選(当選同期に愛知和男・鳩山邦夫・中村喜四郎・中島衛・池田行彦・堀内光雄・相澤英之・津島雄二・鹿野道彦・塚原俊平・中西啓介・与謝野馨・渡辺秀央・中川秀直・甘利正など)。以後当選8回。田中派を経て竹下派→小渕派→橋本派に所属。野中広務の盟友として知られた。西田司 フレッシュアイペディアより)

  • 中曽根弘文

    中曽根弘文から見た与謝野馨与謝野馨

    2009年8月の第45回衆議院議員総選挙で自民党は惨敗を喫し、麻生内閣の退陣に伴って外務大臣を退任。総選挙後、自民党党紀委員長に就任した。2010年4月には、自民党に離党届を提出し、それぞれたちあがれ日本・新党改革の結党に参加した与謝野馨元財務大臣、舛添要一元厚生労働大臣の除名処分を決定した。中曽根弘文 フレッシュアイペディアより)

  • 甘利正

    甘利正から見た与謝野馨与謝野馨

    国政へは、1969年の総選挙・1972年の総選挙に自由民主党公認で出馬するもののいずれも落選。不遇をかこっていたが1976年の総選挙を前に新自由クラブが結成されるとこれに参加し、直後の総選挙では初当選を果たす(当選同期に愛知和男・鳩山邦夫・中村喜四郎・中島衛・西田司・池田行彦・堀内光雄・相澤英之・津島雄二・鹿野道彦・塚原俊平・中西啓介・与謝野馨・渡辺秀央・中川秀直など)。その後途中1回の落選を挟んで2期務め、建設委員会委員を歴任。1983年に政界引退を表明し、息子で秘書の明に地盤を譲った。甘利正 フレッシュアイペディアより)

  • 竹下亘

    竹下亘から見た与謝野馨与謝野馨

    2008年自由民主党総裁選挙では、参議院自民党の実力者であり竹下登の元秘書である青木幹雄が与謝野馨を支持し、派を挙げて与謝野を支援する意向であったのに対し、竹下は当選同期の小渕優子(小渕恵三元首相の娘)や橋本岳(橋本龍太郎元首相の息子)ら中堅・若手を中心に、同じ平成研所属の石破茂擁立を主導した。以前から平成研所属の参院議員を束ねてたびたび分派行動を取る青木に亘は反発を強めていたが、2010年の第22回参議院議員通常選挙に際しては、脳梗塞を発症し参院選出馬を断念して政界引退を表明した幹雄に代わって出馬した青木一彦を全面的に支援した(竹下自身も、実兄の登が選挙の直前に不出馬を表明したため急遽擁立され、当選を果たした経緯がある)。竹下亘 フレッシュアイペディアより)

  • 鹿野道彦

    鹿野道彦から見た与謝野馨与謝野馨

    山形県山形市生まれ。山形大学附属小学校、山形大学附属中学校、山形県立山形東高等学校を経て学習院大学政経学部政治学科卒業。その後、父である鹿野彦吉衆議院議員の秘書となる。父・彦吉は1972年の第33回衆議院議員総選挙で落選した事を受けて政界引退。次の第34回衆議院議員総選挙に後継として旧山形県第1区から自由民主党公認で出馬し、初当選を果たす(当選同期に愛知和男・中村喜四郎・鳩山邦夫・中島衛・西田司・池田行彦・堀内光雄・相澤英之・津島雄二・塚原俊平・中西啓介・与謝野馨・渡辺秀央・中川秀直・甘利正など)。当選後は福田赳夫率いる清和会(現・清和政策研究会)に入会。1980年の第2次大平内閣不信任決議案採決では反主流派として他の福田派の議員と共に本会議を欠席。ハプニング解散の一因となった。鹿野道彦 フレッシュアイペディアより)

  • 辻英雄

    辻英雄から見た与謝野馨与謝野馨

    1976年、第34回衆議院議員総選挙に、自民党公認で旧福岡1区から立候補し衆議院議員に当選、以後当選4回(当選同期に愛知和男・鳩山邦夫・中村喜四郎・中島衛・西田司・池田行彦・堀内光雄・相澤英之・津島雄二・鹿野道彦・塚原俊平・中西啓介・与謝野馨・渡辺秀央・中川秀直・甘利正など)。三木→河本派に所属し、外務政務次官、経済企画政務次官を歴任するが、1986年の第38回衆議院議員総選挙には立候補せず、政界を引退した。西日本短期大学理事長も務めた。辻英雄 フレッシュアイペディアより)

  • 池田行彦

    池田行彦から見た与謝野馨与謝野馨

    1976年、第34回衆議院議員総選挙に自由民主党の公認を受け、義父の地盤を引き継いで旧広島県第2区から出馬し、初当選を果たした(当選同期に愛知和男・鳩山邦夫・中村喜四郎・中島衛・西田司・堀内光雄・相澤英之・津島雄二・鹿野道彦・塚原俊平・中西啓介・与謝野馨・渡辺秀央・甘利正など)。以後10期連続当選。当選後は池田勇人が設立し、かつて大蔵省で大臣秘書官を務めた大平正芳が会長を務める大平派に入会した。池田行彦 フレッシュアイペディアより)

156件中 71 - 80件表示

「与謝野馨」のニューストピックワード