156件中 81 - 90件表示
  • 塚原俊平

    塚原俊平から見た与謝野馨与謝野馨

    1975年、父・俊郎の急死に伴い、電通を退社。翌年の第34回衆議院議員総選挙に出馬し、初当選(当選同期に愛知和男・中村喜四郎・鳩山邦夫・中島衛・西田司・池田行彦・堀内光雄・相澤英之・津島雄二・鹿野道彦・中西啓介・与謝野馨・渡辺秀央・中川秀直・甘利正など)。以来、連続8回当選を果たす。自民党では福田赳夫→安倍晋太郎→三塚博派(清和政策研究会)に属し、父・俊郎が保利茂系であったことから、保利に可愛がられた。塚原俊平 フレッシュアイペディアより)

  • 第174回国会

    第174回国会から見た与謝野馨与謝野馨

    3日- 自民党の与謝野馨元・経済財政担当大臣が自民党に離党届を提出。第174回国会 フレッシュアイペディアより)

  • 大塚雄司

    大塚雄司から見た与謝野馨与謝野馨

    なお旧東京1区は定数が3議席になった第31回衆議院議員総選挙以降3度、自民が1、非自民(革新系)が2議席を獲得する構図が続いていたが、大塚が初めて衆院議員に当選したこの選挙では、保守系無所属の麻生良方、自民党新人の与謝野馨、大塚の保守系候補が3議席を独占し、日本社会党所属の前職加藤清政(後に自民党推薦で千代田区長選に出馬し、当選)が落選の憂き目を見た。衆院議員を6期務め、1990年には第2次海部改造内閣で建設大臣に任命され、初入閣を果たした。大塚雄司 フレッシュアイペディアより)

  • たちあがれ日本

    たちあがれ日本から見た与謝野馨与謝野馨

    2005年に自由民主党を離党して以来、無所属での活動を続け、新しい保守政党の構想を示唆してきた平沼赳夫と参議院選挙を前に自民党による民主党の単独過半数獲得阻止を困難と判断し、2010年4月に自民党を離党した与謝野馨らが民社国連立政権に対する批判層や保守層の受け皿として平沼・与謝野・園田博之・藤井孝男・中川義雄・石原慎太郎を発起人、平沼を代表、与謝野を共同代表として4月10日に党を結成した。たちあがれ日本 フレッシュアイペディアより)

  • 森清 (愛媛県の政治家)

    森清 (愛媛県の政治家)から見た与謝野馨与謝野馨

    愛媛県新居浜市出身。1948年に東京大学法学部政治学科を卒業後、自治省に入省する。自治省官房長などを経て、消防大学校校長を最後に退官。1976年に行われた第34回衆議院議員総選挙に旧愛媛2区から自由民主党公認で立候補し当選(当選同期に愛知和男・鳩山邦夫・中村喜四郎・中島衛・西田司・池田行彦・堀内光雄・相澤英之・津島雄二・鹿野道彦・塚原俊平・中西啓介・与謝野馨・渡辺秀央・中川秀直・甘利正など)。以後、1度の落選を挟んで通算当選4回。防衛政務次官などを歴任した。自民党では福田赳夫-安倍晋太郎派(清和会)に所属し、中川派の旗揚げにも参加した。森清 (愛媛県の政治家) フレッシュアイペディアより)

  • 北川石松

    北川石松から見た与謝野馨与謝野馨

    1951年、寝屋川市議会議員選挙に出馬し、初当選した。1955年には大阪府議会議員選挙に鞍替えし、当選。以後5期連続で当選し、1970年には大阪府議会議長に就任する。1976年、第34回衆議院議員総選挙に自由民主党公認で旧大阪府第7区から出馬し、当選(当選同期に愛知和男・鳩山邦夫・中村喜四郎・中島衛・西田司・池田行彦・堀内光雄・相澤英之・津島雄二・鹿野道彦・塚原俊平・中西啓介・与謝野馨・渡辺秀央・中川秀直・甘利正など)。当選後は三木派に属し、三木武夫の薫陶を受ける。北川石松 フレッシュアイペディアより)

  • みだれ髪

    みだれ髪から見た与謝野馨与謝野馨

    1973年(昭和48年)に、孫の与謝野馨(後の第74代内閣官房長官)によって主婦の友社から復刊されている。みだれ髪 フレッシュアイペディアより)

  • 政府紙幣

    政府紙幣から見た与謝野馨与謝野馨

    麻生内閣の経済関係閣僚であった中川昭一財務大臣、与謝野馨経財大臣(いずれも当時)をはじめとして政府紙幣のアイディアに対して否定的な見解を示した。日本銀行を発行しさらに政府紙幣を発行すると円の信用が著しく低下し、インフレーションとともに大幅な円安が進行するためとしている。これは政府銀行が大量発行すると通貨供給量が激増し通貨の大幅な供給過剰に陥り、収束不能の高インフレが発生する危険性があるためであるとしている。また、この円安はある程度の円高是正であれば景気対策として有効性もあるが、これを超えることは日本の通貨としての価値が下がることであるため、輸出には有利な反面、原料の輸入価格の上昇も意味するため、結果的に高インフレ発生を意味する。政府紙幣 フレッシュアイペディアより)

  • 東京都第1区

    東京都第1区から見た与謝野馨与謝野馨

    1996年以降、与謝野馨(自由民主党)と海江田万里(民主党)が激しい選挙戦を繰り広げてきた。2000年の総選挙では2500票余り、2003年の総選挙では1500票ほどの得票差の大接戦だった。そのほかの年でも2005年以外は1万票差前後の大激戦となっている。5回戦われ、現在民主3勝、自民2勝である。1996年には海江田万里が、2003年と2009年には与謝野馨がそれぞれ比例復活当選している。東京都第1区 フレッシュアイペディアより)

  • 激論!クロスファイア

    激論!クロスファイアから見た与謝野馨与謝野馨

    与謝野馨(内閣府特命担当大臣、社会保障税一体改革担当)激論!クロスファイア フレッシュアイペディアより)

156件中 81 - 90件表示

「与謝野馨」のニューストピックワード