前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
208件中 1 - 10件表示
  • 与謝野馨

    与謝野馨から見た平沼赳夫

    父がエジプト勤務になったときは、カイロ郊外・ヘリオポリスのイングリッシュスクールに編入学している。このころ、自分が敗戦国の国民であることを強烈に感じ、日本の文化・経済を一流にしたいという想いが生まれたという。その後、イギリスのオックスフォード大学への進学を目指し、一次試験までパスするが、考えを変えて日本に帰国。麻布高校に編入学し、平沼赳夫の同級生となる。東大受験に失敗するが、平沼によれば卒業式で表彰されるような優等生だった。駿台高等予備校(現駿台予備学校)で1年間の浪人を経て東京大学文科I類に入学。いわゆる全学連世代だが、学生運動には一切関わらなかった。駒場時代は授業に失望して文学書を濫読。学生時代の記憶に残る本として有島武郎の「カインの末裔」、後々まで自分の思考に影響を与えた本として、碧海純一「法哲学概論」、団藤重光「刑法綱要」などを挙げている。硬式野球部に所属し、マネージャーを務める。このときの2年後輩に新治伸治がいる。与謝野馨 フレッシュアイペディアより)

  • 与謝野馨

    与謝野馨から見た園田博之

    文藝春秋(2010年4月号)で自民党執行部を批判する記事を書き、同年4月3日自由民主党総裁の谷垣禎一と直接会談し、4月7日付で離党届を提出。会談で与謝野は谷垣に「自民党分裂とはとらないでください、大げさに感じないでください」と述べ、会談後も記者に「“自民党の分裂ではなく、一個人・与謝野馨が去ったということだと考えてほしい”と伝えた」と述べ、自身らの離党は自民党分裂ではないとした。4月10日の午前には「反民主・非自民を貫く」と述べ、結成を予定する新党は反民主の党であるとの認識を示し、4月10日午後、平沼赳夫、園田博之らとともに、新党「たちあがれ日本」の結党を正式に発表した。しかし、そんな与謝野の思いとは裏腹に4月27日、自民党党紀委員会は政党票で当選した比例選出議員であることや新党結党首謀者として他の自民党国会議員(園田博之・藤井孝男・中川義雄)に対して新党結党のために自民党離党を促したことを反党行為として、賛成9票・反対3票で与謝野に対して除名処分が下った。与謝野馨 フレッシュアイペディアより)

  • 与謝野馨

    与謝野馨から見た中川義雄

    文藝春秋(2010年4月号)で自民党執行部を批判する記事を書き、同年4月3日自由民主党総裁の谷垣禎一と直接会談し、4月7日付で離党届を提出。会談で与謝野は谷垣に「自民党分裂とはとらないでください、大げさに感じないでください」と述べ、会談後も記者に「“自民党の分裂ではなく、一個人・与謝野馨が去ったということだと考えてほしい”と伝えた」と述べ、自身らの離党は自民党分裂ではないとした。4月10日の午前には「反民主・非自民を貫く」と述べ、結成を予定する新党は反民主の党であるとの認識を示し、4月10日午後、平沼赳夫、園田博之らとともに、新党「たちあがれ日本」の結党を正式に発表した。しかし、そんな与謝野の思いとは裏腹に4月27日、自民党党紀委員会は政党票で当選した比例選出議員であることや新党結党首謀者として他の自民党国会議員(園田博之・藤井孝男・中川義雄)に対して新党結党のために自民党離党を促したことを反党行為として、賛成9票・反対3票で与謝野に対して除名処分が下った。与謝野馨 フレッシュアイペディアより)

  • 与謝野馨

    与謝野馨から見た中村喜四郎

    1972年12月の第33回衆議院議員総選挙に旧東京都第1区から自由民主党公認で立候補するが落選。1976年12月の第34回衆議院議員総選挙に東京1区から立候補し初当選(当選同期に愛知和男・鳩山邦夫・中村喜四郎・西田司・中島衛・池田行彦・堀内光雄・鹿野道彦・塚原俊平・中西啓介・中川秀直など)。中曽根派に所属する。与謝野馨 フレッシュアイペディアより)

  • 与謝野馨

    与謝野馨から見た小沢一郎

    囲碁の腕前はアマ七段で、政界最強とも評されている。2007年10月に同じく囲碁の実力者、民主党の小沢一郎と勝負したが、敗北した。小沢はアマ六段なので「政治的配慮ではないか」という憶測も流れたが、与謝野本人は「本当に負けた」と認めている。与謝野馨 フレッシュアイペディアより)

  • 与謝野馨

    与謝野馨から見た石破茂

    『国力会議』 麻生太郎・石破茂・平沼赳夫・与謝野馨・浜田和幸 祥伝社 2008年4月 ISBN 9784396613075与謝野馨 フレッシュアイペディアより)

  • 与謝野馨

    与謝野馨から見た三橋貴明

    三橋貴明がある新聞社の人物から聞いた話として、2011年7月、与謝野は日本新聞協会が主催し大手各新聞社の論説委員を集めた会合に招かれ、新聞社側の「消費税をアップしても、新聞の購読料には軽減税率を適用してほしい」という要請に対し、「復興増税の件、よろしく頼む」と答えたという。与謝野馨 フレッシュアイペディアより)

  • 与謝野馨

    与謝野馨から見た渡邉恒雄

    会社の命により、民社党の核拡散防止条約に関する訪欧調査団に原子力の専門家・通訳として同行、スイス、ユーゴスラビア、イギリス、イタリア、ドイツなどを訪問した。調査団メンバーは後の委員長佐々木良作を始め曽祢益、岡沢完治、渡辺朗。与謝野にとっては政治家と深く関わった第一歩であり、こうした民社党の面々とは政界入り後も親しい関係が続くことになる。佐々木と共にドイツ滞在中には中曽根康弘と邂逅、2人の政治家の食事のお供などをしたが、このことが政界入りの直接の契機となった。中曽根とは就職の斡旋以来、勉強会などを通じて親交があったが、帰国後にやはり同じ勉強会のメンバーであった渡邉恒雄を通じて秘書にならないかと誘いを受けた。与謝野馨 フレッシュアイペディアより)

  • 与謝野馨

    与謝野馨から見た亀井静香

    浪人時代はCS放送「朝日ニュースター」を始めマスメディアにしばしば登場、その頃誕生した小泉内閣の構造改革に当初は批判的であったが、徐々に方針転換して改革にも一定の理解を示すようになった他、復活を期した2003年の総選挙前に派閥を離脱した。これには、当時所属派閥であった志帥会における亀井静香との権力抗争での敗北という事情もあった。与謝野馨 フレッシュアイペディアより)

  • 与謝野馨

    与謝野馨から見た鹿野道彦

    1972年12月の第33回衆議院議員総選挙に旧東京都第1区から自由民主党公認で立候補するが落選。1976年12月の第34回衆議院議員総選挙に東京1区から立候補し初当選(当選同期に愛知和男・鳩山邦夫・中村喜四郎・西田司・中島衛・池田行彦・堀内光雄・鹿野道彦・塚原俊平・中西啓介・中川秀直など)。中曽根派に所属する。与謝野馨 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
208件中 1 - 10件表示

「与謝野馨」のニューストピックワード