208件中 11 - 20件表示
  • 与謝野馨

    与謝野馨から見た谷垣禎一

    文藝春秋(2010年4月号)で自民党執行部を批判する記事を書き、同年4月3日自由民主党総裁の谷垣禎一と直接会談し、4月7日付で離党届を提出。会談で与謝野は谷垣に「自民党分裂とはとらないでください、大げさに感じないでください」と述べ、会談後も記者に「“自民党の分裂ではなく、一個人・与謝野馨が去ったということだと考えてほしい”と伝えた」と述べ、自身らの離党は自民党分裂ではないとした。4月10日の午前には「反民主・非自民を貫く」と述べ、結成を予定する新党は反民主の党であるとの認識を示し、4月10日午後、平沼赳夫、園田博之らとともに、新党「たちあがれ日本」の結党を正式に発表した。しかし、そんな与謝野の思いとは裏腹に4月27日、自民党党紀委員会は政党票で当選した比例選出議員であることや新党結党首謀者として他の自民党国会議員(園田博之・藤井孝男・中川義雄)に対して新党結党のために自民党離党を促したことを反党行為として、賛成9票・反対3票で与謝野に対して除名処分が下った。与謝野馨 フレッシュアイペディアより)

  • 与謝野馨

    与謝野馨から見た浜田和幸

    『国力会議』 麻生太郎・石破茂・平沼赳夫・与謝野馨・浜田和幸 祥伝社 2008年4月 ISBN 9784396613075与謝野馨 フレッシュアイペディアより)

  • 与謝野馨

    与謝野馨から見た中川秀直

    1972年12月の第33回衆議院議員総選挙に旧東京都第1区から自由民主党公認で立候補するが落選。1976年12月の第34回衆議院議員総選挙に東京1区から立候補し初当選(当選同期に愛知和男・鳩山邦夫・中村喜四郎・西田司・中島衛・池田行彦・堀内光雄・鹿野道彦・塚原俊平・中西啓介・中川秀直など)。中曽根派に所属する。与謝野馨 フレッシュアイペディアより)

  • 与謝野馨

    与謝野馨から見た堀内光雄

    1972年12月の第33回衆議院議員総選挙に旧東京都第1区から自由民主党公認で立候補するが落選。1976年12月の第34回衆議院議員総選挙に東京1区から立候補し初当選(当選同期に愛知和男・鳩山邦夫・中村喜四郎・西田司・中島衛・池田行彦・堀内光雄・鹿野道彦・塚原俊平・中西啓介・中川秀直など)。中曽根派に所属する。与謝野馨 フレッシュアイペディアより)

  • 与謝野馨

    与謝野馨から見た中曽根康弘

    1963年東京大学法学部卒業。母の知人・中曽根康弘の紹介で日本原子力発電に入社する。日本原子力発電では、当初技術部に配属され、後に外交官となる今井隆吉係長の薫陶を受け、英語専門文献の翻訳なども手がけた。後に事務系に転じ、米国での資金調達や原子力保険といった金融業務に従事していた。与謝野馨 フレッシュアイペディアより)

  • 与謝野馨

    与謝野馨から見た鳩山邦夫

    1972年12月の第33回衆議院議員総選挙に旧東京都第1区から自由民主党公認で立候補するが落選。1976年12月の第34回衆議院議員総選挙に東京1区から立候補し初当選(当選同期に愛知和男・鳩山邦夫・中村喜四郎・西田司・中島衛・池田行彦・堀内光雄・鹿野道彦・塚原俊平・中西啓介・中川秀直など)。中曽根派に所属する。与謝野馨 フレッシュアイペディアより)

  • 与謝野馨

    与謝野馨から見た藤井孝男

    文藝春秋(2010年4月号)で自民党執行部を批判する記事を書き、同年4月3日自由民主党総裁の谷垣禎一と直接会談し、4月7日付で離党届を提出。会談で与謝野は谷垣に「自民党分裂とはとらないでください、大げさに感じないでください」と述べ、会談後も記者に「“自民党の分裂ではなく、一個人・与謝野馨が去ったということだと考えてほしい”と伝えた」と述べ、自身らの離党は自民党分裂ではないとした。4月10日の午前には「反民主・非自民を貫く」と述べ、結成を予定する新党は反民主の党であるとの認識を示し、4月10日午後、平沼赳夫、園田博之らとともに、新党「たちあがれ日本」の結党を正式に発表した。しかし、そんな与謝野の思いとは裏腹に4月27日、自民党党紀委員会は政党票で当選した比例選出議員であることや新党結党首謀者として他の自民党国会議員(園田博之・藤井孝男・中川義雄)に対して新党結党のために自民党離党を促したことを反党行為として、賛成9票・反対3票で与謝野に対して除名処分が下った。与謝野馨 フレッシュアイペディアより)

  • 与謝野馨

    与謝野馨から見た菅義偉

    2007年8月27日発足の第1次第1次安倍改造内閣において官房長官に就任。改造にあたって安倍は菅義偉の登用を模索したが、菅の事務所費問題から断念。その後は町村信孝の就任が確実視されていたが、最終的には与謝野を官房長官に起用した。与謝野馨 フレッシュアイペディアより)

  • 与謝野馨

    与謝野馨から見た森永卓郎

    商工族として地歩を築いたが、通信傍受法制定や人権擁護法案を巡っては法務省との折衝にあたるなど、「法務族」議員でもある。薬害肝炎訴訟では、法務省との調整に与謝野があたり、議員立法の私案を作成、2007年12月に福田康夫が政治決断する環境を整えた。また与謝野は、官僚の作成した政策を説明できる能力に長けていることから、自民党時代から「政界きっての政策通」として評価されている一方、獨協大学教授の森永卓郎は「財政再建を優先する与謝野の主張は財務省の主張そのもの」と批判している。事実「経済書は日銀OBの吉野俊彦の岩波新書を一冊読んだだけだ」と告白している。安倍晋三は当初、安倍内閣発足時に与謝野を内閣官房長官に起用する人事を構想していたが、安倍周辺が与謝野の官僚寄りの姿勢を警戒し、官僚嫌いで知られる塩崎恭久が起用されるという経緯があった(後に与謝野は第1次安倍改造内閣で官房長官として入閣)。日本銀行の国債直接引き受けについて、特別な事由がある場合、国会の議決を経れば可能であり、現時点でも日銀は年に10兆円程度の国債直接引受を実施しているにもかかわらず、「法律が禁じているため、不可能だ」と発言し復興増税を推進している。与謝野馨 フレッシュアイペディアより)

  • 与謝野馨

    与謝野馨から見た鳩山由紀夫

    その後は衆議院予算委員会に所属した。2010年2月12日の衆院予算委員会において、当時の鳩山由紀夫首相の偽装献金問題を追及し、鳩山を「平成の脱税王」と呼んだ。さらに、その弟で与謝野と当選同期の鳩山邦夫の「うちの兄貴はしょっちゅう母(鳩山安子)のところへ行って子分に配る金、子分を養成する金が必要だと言って金をもらっていた」という発言を引き合いに出し、鳩山を厳しく追及した。与謝野馨 フレッシュアイペディアより)

208件中 11 - 20件表示

「与謝野馨」のニューストピックワード