208件中 41 - 50件表示
  • 与謝野馨

    与謝野馨から見た西田司

    1972年12月の第33回衆議院議員総選挙に旧東京都第1区から自由民主党公認で立候補するが落選。1976年12月の第34回衆議院議員総選挙に東京1区から立候補し初当選(当選同期に愛知和男・鳩山邦夫・中村喜四郎・西田司・中島衛・池田行彦・堀内光雄・鹿野道彦・塚原俊平・中西啓介・中川秀直など)。中曽根派に所属する。与謝野馨 フレッシュアイペディアより)

  • 与謝野馨

    与謝野馨から見た吉野俊彦

    商工族として地歩を築いたが、通信傍受法制定や人権擁護法案を巡っては法務省との折衝にあたるなど、「法務族」議員でもある。薬害肝炎訴訟では、法務省との調整に与謝野があたり、議員立法の私案を作成、2007年12月に福田康夫が政治決断する環境を整えた。また与謝野は、官僚の作成した政策を説明できる能力に長けていることから、自民党時代から「政界きっての政策通」として評価されている一方、獨協大学教授の森永卓郎は「財政再建を優先する与謝野の主張は財務省の主張そのもの」と批判している。事実「経済書は日銀OBの吉野俊彦の岩波新書を一冊読んだだけだ」と告白している。安倍晋三は当初、安倍内閣発足時に与謝野を内閣官房長官に起用する人事を構想していたが、安倍周辺が与謝野の官僚寄りの姿勢を警戒し、官僚嫌いで知られる塩崎恭久が起用されるという経緯があった(後に与謝野は第1次安倍改造内閣で官房長官として入閣)。日本銀行の国債直接引き受けについて、特別な事由がある場合、国会の議決を経れば可能であり、現時点でも日銀は年に10兆円程度の国債直接引受を実施しているにもかかわらず、「法律が禁じているため、不可能だ」と発言し復興増税を推進している。与謝野馨 フレッシュアイペディアより)

  • 与謝野馨

    与謝野馨から見た池田行彦

    1972年12月の第33回衆議院議員総選挙に旧東京都第1区から自由民主党公認で立候補するが落選。1976年12月の第34回衆議院議員総選挙に東京1区から立候補し初当選(当選同期に愛知和男・鳩山邦夫・中村喜四郎・西田司・中島衛・池田行彦・堀内光雄・鹿野道彦・塚原俊平・中西啓介・中川秀直など)。中曽根派に所属する。与謝野馨 フレッシュアイペディアより)

  • 与謝野馨

    与謝野馨から見た広瀬勝貞

    小渕政権時には通商産業大臣として広瀬勝貞や嶋田隆らに指示し、TRONプロジェクトやLinuxの振興策の取り纏めを要請した。小泉政権時には党内のe-Japan重点計画特命委員会にて委員長に就任し、オープンソースの利便性を生かせる政府調達ガイドラインの設定を提言した。内閣府特命担当大臣(金融・経済財政政策担当)に就任後は、「トレンドに遅れることなくオープンソース活用戦争でリードし、競争力の強化を図るべき」との見解を表明している。与謝野馨 フレッシュアイペディアより)

  • 与謝野馨

    与謝野馨から見た曽祢益

    会社の命により、民社党の核拡散防止条約に関する訪欧調査団に原子力の専門家・通訳として同行、スイス、ユーゴスラビア、イギリス、イタリア、ドイツなどを訪問した。調査団メンバーは後の委員長佐々木良作を始め曽祢益、岡沢完治、渡辺朗。与謝野にとっては政治家と深く関わった第一歩であり、こうした民社党の面々とは政界入り後も親しい関係が続くことになる。佐々木と共にドイツ滞在中には中曽根康弘と邂逅、2人の政治家の食事のお供などをしたが、このことが政界入りの直接の契機となった。中曽根とは就職の斡旋以来、勉強会などを通じて親交があったが、帰国後にやはり同じ勉強会のメンバーであった渡邉恒雄を通じて秘書にならないかと誘いを受けた。与謝野馨 フレッシュアイペディアより)

  • 与謝野馨

    与謝野馨から見た与謝野道子

    東京府東京市麹町区(現在の東京都千代田区)に与謝野秀・与謝野道子の長男として生まれる。父・秀(しげる)は歌人与謝野鉄幹・晶子夫妻の二男で外交官(戦前は外務省情報部長、調査局長などを経て在外公館勤務)。与謝野馨 フレッシュアイペディアより)

  • 与謝野馨

    与謝野馨から見た団藤重光

    父がエジプト勤務になったときは、カイロ郊外・ヘリオポリスのイングリッシュスクールに編入学している。このころ、自分が敗戦国の国民であることを強烈に感じ、日本の文化・経済を一流にしたいという想いが生まれたという。その後、イギリスのオックスフォード大学への進学を目指し、一次試験までパスするが、考えを変えて日本に帰国。麻布高校に編入学し、平沼赳夫の同級生となる。東大受験に失敗するが、平沼によれば卒業式で表彰されるような優等生だった。駿台高等予備校(現駿台予備学校)で1年間の浪人を経て東京大学文科I類に入学。いわゆる全学連世代だが、学生運動には一切関わらなかった。駒場時代は授業に失望して文学書を濫読。学生時代の記憶に残る本として有島武郎の「カインの末裔」、後々まで自分の思考に影響を与えた本として、碧海純一「法哲学概論」、団藤重光「刑法綱要」などを挙げている。硬式野球部に所属し、マネージャーを務める。このときの2年後輩に新治伸治がいる。与謝野馨 フレッシュアイペディアより)

  • 与謝野馨

    与謝野馨から見たシュテファン・ツヴァイク

    1968年日本原子力発電を退職し、中曽根の秘書となる。この頃読んだシュテファン・ツヴァイクの「ジョセフ・フーシェ」は愛読書の一つであり、著書などでフーシェに触れることが多い。与謝野馨 フレッシュアイペディアより)

  • 与謝野馨

    与謝野馨から見た塚原俊平

    1972年12月の第33回衆議院議員総選挙に旧東京都第1区から自由民主党公認で立候補するが落選。1976年12月の第34回衆議院議員総選挙に東京1区から立候補し初当選(当選同期に愛知和男・鳩山邦夫・中村喜四郎・西田司・中島衛・池田行彦・堀内光雄・鹿野道彦・塚原俊平・中西啓介・中川秀直など)。中曽根派に所属する。与謝野馨 フレッシュアイペディアより)

  • 与謝野馨

    与謝野馨から見た海江田万里

    2000年6月の第42回衆議院議員総選挙で民主党の現職・海江田万里に敗れ、重複立候補していた比例代表東京ブロックでの復活も果たせず落選。自民党は民主党に都市部を中心に議席を奪われ、「1区現象」と呼ばれる事態に陥ったが、閣僚経験者で総裁候補とも目されつつあった与謝野の落選は、1区現象の象徴として大きく報じられた。なお、与謝野の落選について小泉純一郎は後に、「(与謝野さんが)落選していなければ自分ではなく与謝野さんが総理になっていただろう」とも述べている。与謝野馨 フレッシュアイペディアより)

208件中 41 - 50件表示

「与謝野馨」のニューストピックワード