234件中 11 - 20件表示
  • 戦争

    戦争から見た諜報活動諜報活動

    戦争には武力を用いた戦闘から、諜報活動、輸送、外交交渉など非常にさまざまな分野で争いが発生する。英語ではこのようなさまざまな闘争の局面を warfare と呼ぶ。ここでは戦争に伴って起こりうるさまざまな分野における闘争について述べる。戦争 フレッシュアイペディアより)

  • 忍術

    忍術から見た諜報活動諜報活動

    忍術(にんじゅつ)とは、日本の室町時代頃から戦国時代の諜報活動や窃盗に関する技術や窃盗や諜報活動への対応法の総称である。諜報活動の際に必要となる技術や各種の武術なども含まれる場合がある。忍術 フレッシュアイペディアより)

  • ルーヴェン・シロアッフ

    ルーヴェン・シロアッフから見た諜報活動諜報活動

    だが、シロアッフは外務省政治局に問題を見出した。そして、外務省政治局の監督及び同局と他の情報機関との諜報活動調整の為に1949年12月13日に諜報保安集中調整庁(モサッド・レ-リクーズ・ウ-レ-テウーム・シェルテイ・ハ-モディイン・ヴェ-ハ-ビタホン)を創設して初代長官に就任。1950年にシロアッフは監督機関モサッドと並存していた対外情報機関の外務省政治局の解散を決定。ルーヴェン・シロアッフ フレッシュアイペディアより)

  • サイラス・ディーン

    サイラス・ディーンから見た諜報活動諜報活動

    サイラス・ディーン(英:Silas Deane、1737年12月24日 - 1789年9月23日)は、アメリカ独立戦争の時の大陸会議代表であり、後にアメリカで最初の外交官となった。大西洋の両岸に渡る諜報活動が有名である。サイラス・ディーンは英雄なのか、ペテン師なのかという議論が今でもなされている。サイラス・ディーン フレッシュアイペディアより)

  • 岩田富美夫

    岩田富美夫から見た諜報諜報活動

    1915年に日本大学を中退し、陸軍の特務機関の下で諜報活動を行うため、中国の山東省に渡る。岩田富美夫 フレッシュアイペディアより)

  • 職業軍人倫理

    職業軍人倫理から見た諜報諜報活動

    職業軍人倫理は戦闘、諜報、欺騙、占領などの行動に付随する道徳的に問題がある状況に対してとるべき行動の判断基準である。そしてその判断を助ける果たすべき義務や責任、そして行使することができる権利を明確化した軍人にとっての規範を含むものである。職業軍人倫理は軍人としての規範と専門職としての規範に区分して理解することができる。軍人としての規範として基本的に挙げられる責任は安全保障のためによって外敵に対して社会を防衛するという責任である。ハケットが指摘しているように、この責任を引き受けるために軍人は無制限義務条項に宣誓し、またブラッドフォードとマーフィーが描き出しているように、国家に対する無条件の義務を引き受けている。一方で専門職としての規範はより複雑であり、それは顧客と専門家との契約内容に拘束されている規範である。ハンチントンが論じたように、職業軍人の倫理は法律家や医者の倫理と同様に、社会全体にとって不可欠であり知的に複雑な専門的知識と技術を習得した専門家の職業倫理として整理できる。つまり軍人には社会的な必要と要請に応じて専門知識を提供する責任があり、かつその能力を社会の中で悪用しないことが期待されている。職業軍人倫理 フレッシュアイペディアより)

  • 春名幹男

    春名幹男から見た諜報活動諜報活動

    春名 幹男(はるな みきお、1946年 - ) は、日本のジャーナリスト。名古屋大学特任教授。元共同通信社特別編集委員。専門は日米外交とインテリジェンス春名幹男 フレッシュアイペディアより)

  • ワン・ウェイ・ヴォイス・リンク

    ワン・ウェイ・ヴォイス・リンクから見たスパイ活動諜報活動

    スパイ活動や地下活動が露呈する危険が高いのは協力者や仲間と接触する時であるといわれる。なので互いに顔をあわせる事なく情報を伝える方法が求められる。ワン・ウェイ・ヴォイス・リンクの利点は全く顔を合わせる事無く情報を伝えられる事である。また、受け手の具体的な位置が分からない事も利点の一つである。ワン・ウェイ・ヴォイス・リンク フレッシュアイペディアより)

  • コックス報告書

    コックス報告書から見た諜報活動諜報活動

    この件に関して中華人民共和国はその核技術開発は独自に行われたものであり、諜報活動の結果ではないと主張している。コックス報告書 フレッシュアイペディアより)

  • 歴史群像

    歴史群像から見た諜報諜報活動

    ネット社会の進展についても言及がある。新井は諜報、情報戦分野でよく引き合いに出されるインフォメーションとインテリジェンスの違いに触れながら「速報性での役割を担う必要はありません」「用語解説はウィキペディアを見ればいい。うちはミリタリーの見方を概念的に、しかも連続性のあるものとして紹介していく。そうやって得た信用がブランドになる」と本誌のスタンスを明示している。歴史群像 フレッシュアイペディアより)

234件中 11 - 20件表示

「スパイ活動」のニューストピックワード