234件中 51 - 60件表示
  • ジャルネイル・シン・ビンドランワレ

    ジャルネイル・シン・ビンドランワレから見た諜報諜報活動

    クルディップ・シン・ブラー中将によってブルースター作戦は遂行された。ビンドラーンワーレーの遺体は、インド軍監督下で警官を含めた政府の人間、諜報部、シク教徒の兵士らによって確認された。ジャルネイル・シン・ビンドランワレ フレッシュアイペディアより)

  • 背乗り

    背乗りから見た諜報活動諜報活動

    黒羽・ウドヴィン事件 1995年に、東アジア系のソ連工作員が失踪した日本人の黒羽一郎に成りすまして諜報活動を行っていた事が警視庁公安部外事第一課の捜査で判明した。捜査に気付いたこの男は行方を絶ち、公安部は国際刑事警察機構(ICPO、通称インターポール)に男を手配したが未だに行方は分かっていない。背乗り フレッシュアイペディアより)

  • レインボー・ウォーリア号事件

    レインボー・ウォーリア号事件から見た諜報活動諜報活動

    そこでDGSEは、グリーンピースに対する諜報活動を行うことになった。そして、核実験場への抗議活動を不可能にさせる破壊工作が行われた。レインボー・ウォーリア号事件 フレッシュアイペディアより)

  • 国内軍 (ポーランド)

    国内軍 (ポーランド)から見た諜報諜報活動

    国内軍は連合国に様々な諜報活動を行った、例えば、V-1、V-2爆弾についての情報や、ドイツの強制収容所などを提供した。 そのひとつがビッグ・ベン計画である(モストIII作戦もしくはワイルドホルンIII作戦) )。これは、英国空軍の双発機ダコタを利用し、イタリアのBrindisiからポーランド国内のドイツ軍の放棄された飛行場へ、技術者で航空機設計者であるアントニ・コツィアンにより準備された情報を回収した。回収した情報は、ペーネミュンデの発射台からのV-2テストロケットの残骸、特別報告書1/R. の.242、パーツ、図面などを含んでいた国内軍 (ポーランド) フレッシュアイペディアより)

  • インテリジェンス

    インテリジェンスから見た諜報活動諜報活動

    インテリジェンス()は、知能・知性や重要な事項に属する知識・情報のこと。知能的な働き全般や諜報活動のことを表すこともあり、この場合、従来日本では、「諜報・情報」と翻訳してきたが、近年、カタカナ表記で「インテリジェンス」として使用されることが多い。インテリジェンス フレッシュアイペディアより)

  • 外患罪

    外患罪から見た諜報諜報活動

    「軍務に服すること」とは、外国政府の組織する軍隊に参加することであり、戦闘への参加の有無、役割(兵站、諜報、医療等)に関わらない。「軍事上の利益を与えること」とは、軍務に服さず協力することであり、その態様は、外国軍に協力し軍事行動を行う、兵站・諜報活動等の後方支援、占領地域において占領政策への協力等全ての形態を含む。しかし、人道的な医療行為等は緊急性における違法性阻却事由として、また、占領下における強制による協力行為は期待可能性を欠くものとして、責任を阻却ないし軽減されるものであると解される。外患罪 フレッシュアイペディアより)

  • 里見甫

    里見甫から見た諜報活動諜報活動

    1931年9月に満州事変が勃発すると、翌10月に関東軍で対満政策を担当する司令部第4課の嘱託辞令を受けて奉天に移り、奉天特務機関長土肥原賢二大佐の指揮下で、甘粕正彦と共に諜報・宣伝・宣撫活動を担当する。これらの活動を通じ、中国の地下組織との人脈が形成された。また、司令部第4課課長松井太久郎の指示により、満州におけるナショナル・ニュース・エージェンシー(国家代表通信社)設立工作に務め、陸軍省軍務局課長鈴木貞一の協力のもと、新聞聯合社(以下「聯合」)の創設者岩永裕吉や総支配人古野伊之助、電通の創業者光永星郎との交渉を行い、1932年12月、満州における聯合と電通の通信網を統合した国策会社である満州国通信社(以下「国通」)が設立され、初代主幹(事実上の社長)兼主筆に就任する里見甫 フレッシュアイペディアより)

  • ルナル・サーガ

    ルナル・サーガから見た諜報活動諜報活動

    幻覚キノコのカアンルーバと梟を崇める、探索と情報収集の氏族。情報を集めるだけでなく、謀略による他者の誘導も得意とする。また幻覚キノコの幻覚によって月からの霊感を受けられる。ルナル・サーガ フレッシュアイペディアより)

  • 蒼魔灯

    蒼魔灯から見た諜報諜報活動

    王妃直属の諜報部隊である王妃親衛隊のリーダー。子供時代に生き別れたレイナの姉。蒼魔灯 フレッシュアイペディアより)

  • 甲賀流

    甲賀流から見た諜報活動諜報活動

    そのためなかなか決着はつかず、1489年には義尚が陣中に没したため、足かけ3年にわたった戦いは終結、六角氏は生き残った。この時の神出鬼没のゲリラ戦やその高い戦闘力の印象が、甲賀武士達を全国に知らしめることになったのである。そして、この戦いに参加した五十三家の地侍達を「甲賀五十三家」と呼び(さらに五十三家の中で六角氏より感状を貰い重きを置かれた家を「甲賀二十一家」と称した)、甲賀の地が織田信長に席巻されるまでの間、六角氏の下で諜報に戦闘にと活躍していった。甲賀流 フレッシュアイペディアより)

234件中 51 - 60件表示

「スパイ活動」のニューストピックワード