234件中 71 - 80件表示
  • ドライゼ銃

    ドライゼ銃から見た諜報諜報活動

    双方が紙製薬莢を使用する小銃で戦った戦争となった1870年の普仏戦争では、ドライゼ銃に対して倍の射程を誇るシャスポー銃や、ミトライェーズ斉発砲など各種の新兵器を装備していたフランス軍が圧倒的な優位に立っているかに見えていたが、フランスより巧みに新技術(鉄道・電信)と組織(参謀本部・諜報部)を活用して周到に戦争準備を進めていたプロイセン軍の前に、自信過剰だったフランス軍はあっけない大敗を喫した。ドライゼ銃 フレッシュアイペディアより)

  • コロンビア最高裁占拠事件

    コロンビア最高裁占拠事件から見た諜報諜報活動

    事件から20年後の2005年に当時のコロンビア軍諜報機関B-2のエージェントだった男性が、ジャーナリストのM・マヤに事件の真相を告白したとされる。マヤは元M-19ゲリラの上院議員G・ペトロとの共著で2006年に「Prohibido Olvidar: Dos miradas sobre la toma del Palacio de Justicia(忘れてはならないもの:2つの視点から見た最高裁・法務省ビル占拠事件)」という著書を出版した。コロンビア最高裁占拠事件 フレッシュアイペディアより)

  • アコースティック・キティー

    アコースティック・キティーから見た諜報活動諜報活動

    最初の任務は、ワシントンD.C.ウィスコンシン大通りにあったソビエト連邦大使館近くの公園で行われた。任務の内容は、ベンチに座っている二人の人物の会話を盗聴してくる、というものだった。しかしネコは放たれた直後、通りがかったタクシーに轢かれ死亡した。結局この計画は失敗に終わり、予算をただ浪費しただけだと結論付けられた。目標のすぐ近くから放たれた場合には一定の成功をみたものの、実際の諜報活動において工作員が目標の至近距離までネコを連れて行くのは困難であり、あまりにも実用性に欠けると判断された。アコースティック・キティー フレッシュアイペディアより)

  • 中国書記官スパイ疑惑事件

    中国書記官スパイ疑惑事件から見た工作活動諜報活動

    外交官の任務や権利について定めたウィーン条約では、外交官が赴任先で個人的な利益を目的にした職業についたり商業活動をすることを禁じている。中国はこの条約に1975年に加盟している。また警視庁公安部は、当該一等書記官が得た収入が工作活動に使われ日本国内でスパイ活動をしていた疑いがあると見ている。中国書記官スパイ疑惑事件 フレッシュアイペディアより)

  • フランシス・ゲーリー・パワーズ

    フランシス・ゲーリー・パワーズから見た諜報諜報活動

    パワーズは公開裁判にかけられ、スパイ行為を行っていたことを自白した。8月19日、ソ連に対する諜報行為のため有罪を宣告され、禁固10年を言い渡され、シベリアに送られた。しかし、元OSSのドノバン弁護士とソ連側のシスキンKGB西欧本部書記官間の交渉により、1962年2月10日、東ドイツ(当時)・ポツダムのグリーニケ橋で、同じくスパイ容疑で拘留されていたアメリカの学生・フレデリック・プライヤー(フリードリッヒ通りで解放)とともに、アメリカで逮捕されたKGB大佐ルドルフ・アベルと交換する形で解放され、無事アメリカに帰国することができた。フランシス・ゲーリー・パワーズ フレッシュアイペディアより)

  • ハニートラップ

    ハニートラップから見た諜報活動諜報活動

    ハニートラップ()とは、女性スパイが対象男性を誘惑し、性的関係を利用して懐柔するか、これを相手の弱みとして脅迫し機密情報を要求する諜報活動で、人的諜報ヒューミント(、の略)の一種。またスキを見せた標的をその場で殺害する事もある。ただし必ずしも女性スパイが仕掛けるものとは限らず、東ドイツの『ロミオ諜報員』のように男性スパイによって対象となる女性を罠にかけることもある。いわば「色仕掛け」による諜報活動といえる。ハニートラップ フレッシュアイペディアより)

  • ターヒル・ジャリール・ハッブーシュ

    ターヒル・ジャリール・ハッブーシュから見た諜報諜報活動

    1975年から1977年まで、アラブ連盟のイラク代表団員としてエジプト・カイロに駐在。1977年から79年まで、国連・ジュネーヴ本部のイラク代表団員としてスイスに駐在した。ターヒルは現地で、諜報活動を主な任務にしていたと見られる。イラクに帰国後の1979年、ジーカール県知事兼ワーシト県知事に就任した。ターヒル・ジャリール・ハッブーシュ フレッシュアイペディアより)

  • フランツ・フォン・リンテレン

    フランツ・フォン・リンテレンから見た諜報活動諜報活動

    彼の同僚は、彼の成功に全く満足していなかった。そしてフランツ・フォン・パーペン(ドイツの後の首相)はベルリンへの電報で彼への不満を漏らした。電報はイギリス海軍の諜報活動によって傍受され、解読された。彼が当時中立の立場だったオランダの船に乗ってドイツへ航海したので、彼はイングランドのサウサンプトンで捕らえられ、ジョージア州アトランタで3年間抑留された。彼は1920年にドイツに戻った。しかし既に忘れられた存在となっていた。彼はイングランドに移住し、そこで死んだ。フランツ・フォン・リンテレン フレッシュアイペディアより)

  • ロドルフ・ド・エムリクール・ド・グリュヌ

    ロドルフ・ド・エムリクール・ド・グリュヌから見た諜報活動諜報活動

    ド・グリュヌは病院で何週間もの治療を受けた後、1940年末に更なる治療いう名目でポルトガルへ送られた。実際にはロンドンのベルギー亡命政府が、彼をスペインでの諜報活動に利用しようとしていた。しかしド・グリュヌは、自分は諜報員ではなく飛行士であると感じ、かつての戦友であるスペイン人に対して諜報活動することを拒否した。ロドルフ・ド・エムリクール・ド・グリュヌ フレッシュアイペディアより)

  • 二人組

    二人組から見た諜報活動諜報活動

    また、最近ではスパイ(諜報活動)ネタも取り込んだ「特命刑事」をメインテーマとするスーパー戦隊シリーズ第36作『特命戦隊ゴーバスターズ』や、複数のアニメ制作会社が特撮ないし実写作品に制作参画した異例のケースでもある『ケータイ捜査官7』では「可変機構を有する機械がバディ(相棒)」等という設定を採用していることでも注目を集めている。二人組 フレッシュアイペディアより)

234件中 71 - 80件表示

「スパイ活動」のニューストピックワード