234件中 81 - 90件表示
  • Team Fortress 2

    Team Fortress 2から見た諜報活動諜報活動

    背広に覆面と言うシュールないでたちの、諜報活動の達人。時々フランス語を使う。変装によって相手に紛れ込む、エンジニアの建造物を無効化・破壊するエレクトロサッパーの設置、相手の背後(範囲180度)からのナイフ攻撃を行い一撃死させることが出来る、敵を騙してヘルスを回復させられる、透明マントによって姿を隠せるなど、非常にいやらしい職。その代わり慣れたプレーヤーにとっては自ら近づいてくるカモでもある。いかに相手に紛れ込めるかがキモ。ヘルスも125と少なく、見破られれば一瞬で倒される。Team Fortress 2 フレッシュアイペディアより)

  • 米以関係

    米以関係から見たスパイ活動諜報活動

    両国の情報機関は強い協力関係にあり、情報の共有を行っているが、両国は互いに行っているスパイ活動について、スパイ交換の合意をしている。米以関係 フレッシュアイペディアより)

  • テクノスリラー

    テクノスリラーから見た諜報諜報活動

    テクノスリラー ()とは、政治、軍事、外交、諜報、陰謀、科学などの技術の脅威を扱う文学の分野(ジャンル)である。コンピュータやバイオテクノロジーを扱った設定が多い。その多くはスパイ小説、戦争文学、SF(歴史改変SF)、スリラーを形式として採用している。退役軍人や元工作員が経験を元にして小説を執筆する場合も多い。テクノスリラー フレッシュアイペディアより)

  • モーグル計画

    モーグル計画から見たスパイ活動諜報活動

    モーグル計画は、1940年代後期に開始されたスカイフック気球計画や、モビー・ディック計画と呼ばれる、1950年代初期のソビエト連邦の上空飛行と写真調査を含むもう一つのスパイ活動計画などの先駆けであった。後者はソビエトからの抗議の嵐を引き起こした。気球は宇宙線の実験にも使われた。モーグル計画 フレッシュアイペディアより)

  • ロケットマン (加藤元浩)

    ロケットマン (加藤元浩)から見た諜報活動諜報活動

    CIAをも上回る諜報活動を誇る民間の特殊情報組織。略称はT.E.。トゥルー・アイズを敵に回したら「合衆国大統領さえも退任に追い込まれる」と噂されるほど、世界のあらゆる情報を掌握している。ロケットマン (加藤元浩) フレッシュアイペディアより)

  • ギルバート・ライル

    ギルバート・ライルから見た諜報諜報活動

    1900年、イングランドのブライトン生まれ。ブライトン・カレッジで学んだ。1919年にオックスフォード大学に入学。哲学や倫理学を学ぶ。語学に堪能で、第二次世界大戦中は諜報将校を務めた。1924年、クライスト・チャーチカレッジ講師。その後、オックスフォード大学ウェインフリート記念講座哲学教授に任命される。ウィトゲンシュタインと親しくなったのは1929年以降だが、理論的尊敬とともに、ウィトゲンシュタインの教育スタイルには違和感を覚えたことも書いている。ライルの主著である『心の概念』"The Concept of Mind"は1949年公刊。1945年から翌年までアリストテレス学会会長を務めた。また哲学誌『マインド』の編集人を1947年から1971年まで務めた。ギルバート・ライル フレッシュアイペディアより)

  • イーヴ・ゴダール

    イーヴ・ゴダールから見た諜報諜報活動

    アルジェの戦いの後、その焦点は地方に移った。ゴダールはアルジェでの勝利の余勢を駆って地方幹部の掃討するべく、ロジェ・トランキエ大佐が極秘裏に創設した情報開発班(GRE)を引継いで謀略に打って出た。この組織は現地人や混血人で構成され、スパイの潜入や二重スパイの摘発を行う諜報機関であった。友軍の妨害もあったが(前線部隊は敵部隊の中に味方のスパイがいるとは当然思っていない)、FLNの資金源破壊や主要幹部の一斉摘発で目覚しい成果を挙げた。さらに偽の通信文を意図的に放置し、それを見たFLN幹部を疑心暗鬼に落とし入れ、新規構成員やアルジェからの脱出者を粛清させたのであった。イーヴ・ゴダール フレッシュアイペディアより)

  • 山田良政

    山田良政から見た諜報活動諜報活動

    卒業後に北海道昆布会社に入社し上海支店に勤務したが、1894年(明治27年)に勃発した日清戦争の際には職を辞して陸軍の通訳官として従軍し、遼東半島や台湾へ赴いた。1895年(明治28年)、台湾総督府に勤務する海軍少佐の滝川具和と知り合い、1897年(明治30年)、滝川が清の首都北京にある日本大使館付の駐在武官に就任したことに伴って北京へと渡り、海軍省嘱託という身分で、滝川の依頼による調査活動および諜報活動に従事。その際に「田山良介」という偽名を名乗った。1898年(明治31年)に行われた戊戌の政変が守旧派の抵抗に遭い失敗に終わった後、滝川や平山周と共に政変の中心人物となった梁啓超やを救出して日本海軍の砲艦・大島に匿い、日本への亡命を手助けした。山田良政 フレッシュアイペディアより)

  • 1955年ベトナム国民投票

    1955年ベトナム国民投票から見た諜報活動諜報活動

    前年の1954年にディエンビエンフーの戦いを経てジュネーヴ協定によってバオ・ダイが国家元首となった他、南北の国境として17度線が定められた。北部には既に1945年の時点でホー・チ・ミン主席によってベトナム民主共和国が作られていた。ジュネーヴ協定の翌年にベトナム国の首相だったゴ・ディン・ジエムが自ら指導者となる為に国民投票を実施し、バオ・ダイを元首の地位から引きずり下ろしてベトナム共和国の建国を宣言した。有効投票総数約60万票の中で約45万票が賛成したとされるが、この結果には不正やアメリカ合衆国の諜報活動があったと指摘されている。1955年ベトナム国民投票 フレッシュアイペディアより)

  • 安全保障学

    安全保障学から見た諜報諜報活動

    冷戦期における安全保障学の動向としてはソビエトの脅威に対する国家安全保障戦略の研究が主流であり、具体的には国際安全保障政策、核戦略、諜報、限定戦争、軍備管理、強制外交、戦略文化、防衛経済、政軍関係、不正規戦争などの分野が形成されている。1980年代から安全保障学の前提となっている概念やパラダイムの妥当性を見直す議論が進み、1990年代から冷戦の終結を反映して新しい安全保障学の展開が見られるようになった。2001年のアメリカ同時多発テロ事件とそれに続く対テロ戦争の発生はテロリズムというそれまで対内的安全保障の分野で研究されていた主題を国際テロリズムとして国際安全保障の文脈から捉え直す必要を浮き彫りにした。アフガニスタン紛争やイラク戦争の経験から同様に内戦や革命、反乱といった対内的安全保障の問題への関心が高まっている。安全保障学 フレッシュアイペディアより)

234件中 81 - 90件表示

「スパイ活動」のニューストピックワード