147件中 41 - 50件表示
  • 2013年世界体操競技選手権

    2013年世界体操競技選手権から見た世界体操競技選手権世界体操競技選手権

    2013年世界体操競技選手権(2013ねんせかいたいそうきょうぎせんしゅけん)は、2013年9月30日から10月6日までベルギー・アントウェルペンで開催された第44回世界体操競技選手権である。2013年世界体操競技選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 椋本啓子

    椋本啓子から見た世界体操競技選手権世界体操競技選手権

    2003年(平成15年)-世界選手権2次予選で6位になるが、最終選考のNHK杯で棄権。しかしその年の全日本で代表入り。椋本啓子 フレッシュアイペディアより)

  • 溝口絵里加

    溝口絵里加から見た世界体操競技選手権世界体操競技選手権

    2001年、インターハイ、全日本ジュニア、全日本の3タイトルを獲得し、世界選手権代表に選ばれるが、アメリカ同時多発テロによる社会情勢不安を懸念した協会の判断により参加できなかった。溝口絵里加 フレッシュアイペディアより)

  • 河野昭

    河野昭から見た世界体操競技選手権世界体操競技選手権

    1952年、1953年、1957年の全日本体操競技選手権大会個人種目別あん馬で優勝。1956年、メルボルン五輪体操男子団体2位、同個人総合16位。1958年、世界体操競技選手権個人種目別あん馬4位。河野昭 フレッシュアイペディアより)

  • タチアナ・リセンコ

    タチアナ・リセンコから見た世界体操競技選手権世界体操競技選手権

    タチアナ・リセンコ(, 1975年6月23日- )はウクライナ(当時ウクライナ・ソビエト社会主義共和国)のヘルソン出身の体操競技選手。現役時代多くのメダルを獲得したが、1992年のバルセロナオリンピック、1991年、1993年の世界体操競技選手権で個人総合の金メダル候補として注目されながらいずれもミスにより女王の座を逃した。タチアナ・リセンコ フレッシュアイペディアより)

  • ドミトリイ・ビロゼロチェフ

    ドミトリイ・ビロゼロチェフから見た世界体操選手権世界体操競技選手権

    1983年、ブダペスト世界体操選手権の個人総合で優勝し、デビューを飾った。翌年のロサンゼルスオリンピックでは個人総合をはじめメダルの量産が確実と言われながら、東欧諸国のボイコットにより出場辞退を余儀なくされた。 ドミトリイ・ビロゼロチェフ フレッシュアイペディアより)

  • 石坂真奈美

    石坂真奈美から見た世界体操競技選手権世界体操競技選手権

    2003年 - 世界選手権では平均台でまさかの落下。その後、練習に打ち込んだ結果、力強い演技を取り戻し、同年の全日本選手権では個人総合で連覇を達成。石坂真奈美 フレッシュアイペディアより)

  • 梁泰栄

    梁泰栄から見た世界体操選手権世界体操競技選手権

    2007年 世界体操選手権シュトゥットガルト大会団体総合 5位梁泰栄 フレッシュアイペディアより)

  • デブレツェン

    デブレツェンから見た世界体操競技選手権世界体操競技選手権

    近年は多くの国際スポーツ大会を開催している。2001年に世界ユース陸上競技選手権大会、2002年に世界体操競技選手権、2006年に世界ロードランニング選手権、2007年にヨーロッパ短水路選手権、2016年には世界ジュニアフィギュアスケート選手権が開催されている。デブレツェン フレッシュアイペディアより)

  • ビタリー・シェルボ

    ビタリー・シェルボから見た世界体操競技選手権世界体操競技選手権

    また、世界選手権における獲得金メダル数12個、合計メダル数23個はいずれも歴代最多記録。ビタリー・シェルボ フレッシュアイペディアより)

147件中 41 - 50件表示

「世界体操選手権」のニューストピックワード